スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブルをオーガナイズしてみた

わが家随一のケーブル・スパゲッティ魔窟、リビングのテレビ裏。

11042902ラジオ

目にするたびに心が折れそうになります。

この状態に終止符を打つべく、ケーブルオーガナイザー(ケーブルボックス)の導入に踏み切りました。


16072601手作り

ただし手作り。

16072602ダンボール

しかも段ボール製。

DIYにした最大の理由が「タダだから」であることは今更言うまでもありませんが、それ以外にもメリットがあります。

まず、サイズを自由に決められること。

16072603収納2

高さはテレビ台の下に収めるため低めに抑えつつ底面積はケーブル類を余裕を持って収納できるようある程度の広さを確保する といったニーズを市販品で満たすのは難しかったのではと思います。


16072604カスタマイズ

ケーブルを通す穴の位置や数を最適かつ必要最小限(トラッキング火災の原因となるホコリの侵入を極力回避するため)にカスタマイズできるのも、自作のメリットの一つですね。

ホコリをシャットアウトする一方で、電源タップやACアダプタが発する熱は外に逃がしたい ということで、

16072605排熱口

本体前面にルーバー状のスリットを設けてみました。通気性は確保しながら、下向きに角度を付けたルーバーでホコリの侵入を防ぐ効果を狙ったわけです。

ミカンやジャガイモの箱ではなくLOHACOの段ボールをさりげなく用いることで、おしゃれに敏感な層へのアピールも万全(謎)

16072606おしゃれ番長

ちなみに「燃えやすい段ボールをケーブルボックスに使うのはけしからん」という意見もございますので、もし参考にされる場合はあくまでも自己責任にてお願い致したく。


ともあれこうして、テレビ裏のカオスにも(それなりの)秩序がもたらされました。

16072607スッキリ

何よりも、テレビ台の下からチラチラと見え隠れして微妙に鬱陶しかったケーブルを視界から遮断できたことが最大の収穫。お手軽DIYでも満足度は高いのであります。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

IKEAのロールスクリーンの評価

前々回の記事で言及した玄関脇のマルチ土間スペースには、目隠し用にロールスクリーンを取り付けています。

16072401玄関

イケア港北にて買い求めDIYで設置しました。
商品名は「ISDANS ローラーブラインド」(80×160cm)、 当時の購入価格は1,290円。
(ちなみに「ISDANS」とはスウェーデン語でアイスダンスのことらしいです。)

設置レポート記事を「レビュー編へ続きます」の予告文で締め括ったままあっという間に2年以上の月日が過ぎ去ったわけですが、以下、開き直って長期使用レポートということにしてしまいます。それではどうぞ!


1.外観のおさらい

まずは現在の外観から。

↓玄関側より。
16072402表

↓土間スペース内側より。
16072403裏

高級感はありませんがみすぼらしいわけでもない、ごくごく普通の質感。わが家の壁紙に違和感なく溶け込んでいるところが気に入っています。かなり薄めの生地が使われており、遮光性はありません。

↓スクリーンを上げた状態。
16072404昇

昇降操作はプラスチック製の取っ手を持って行ないます。任意の場所で止めるとロックがかかり、その状態から少しだけ引き下げて離すとスルスルと巻き上がるという仕様(「スプリング式」というらしい)。ちなみに、ぶら下がっているト音記号の飾りは妻が100均で買ってきたものです。

16072405ト音記号


2.弱点

つづいてレビューにまいります。あえてウィークポイントの指摘から。

●仕様は値段なり

玄関で使用しているためか、下端部に黒い汚れが目立つようになってきています。

16072406汚れ

キッチンで使っている国内メーカー品のように取り外して洗濯できるとありがたいのですが、巻き取りパイプと生地が一体化した構造のため残念ながら不可能。

また、裁断面に特に加工がされていないためか、ほつれが目立ちます。

16072407ほつれ

実用に支障をきたすほどではありませんが、このあたりも低価格品として割り切った部分でしょうか。
生地の薄さも含め、あまりにもチープすぎるのでリピ不可!とするレビューも見られます(こちら)。ご参考まで。

●戻らない(笑)

スクリーンを巻き取りパイプが露出するまで引き下げると、通常の操作では巻き上げることができなくなってしまい、あせります。

16072408限界

その場合の対処法は、巻き取りパイプを手で直接握って回転させることでロックを解除するというきわめて原始的なもの。
限界まで引き下げないようにすれば回避可能とはいえ、毎回気を付けなければならないのは微妙にストレスがたまるのであり、できれば改善してほしい部分です。


3.長所

以上に述べた二つの弱点を抱えてはいますが、2年と5ヵ月のあいだ故障せずに使うことができています。安い割にはけっこう丈夫。それこそが、この製品の最大の美点だと思います。

以前国内大手メーカー品の設置を検討した時の価格は1万数千円であったと記憶しています。私が国内メーカー品のロールスクリーンに期待する耐用年数は20年程度ですが、10分の1の価格で2年以上使えたということは既に元は取ったと言ってよいのではないかと。これからどこまで寿命を延ばしてお得感を高めてくれるのか、とても楽しみです。

16072410現況


4.まとめ

というわけで、個人的にはたいへんお奨め♪
なのですが、残念ながらこの製品、(少なくとも日本では)既に販売が終了しているようです。
現在販売中のラインナップから仕様的に近いものを探してみたところ、「TUPPLUR」という製品が見つかりました。

16072409TUPPLUR.jpg

わが家のISDANSと同じ80cm幅の価格は1,799円と少し高くなりますが、遮光性能が追加されており、長さも160cmのISDANSと比べて195cmと余裕があります。ただ単に値上げするのではなくきっちりと付加価値を高めてくるあたり、あいかわらずニクいですな。

実は私も、ISDANSが壊れたら次はこれかなと、ひそかに狙いを定めていたりします。
おそるべしイケアスパイラル!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

郵便転送サービス

以前の住まい(勤務先の社宅)で、郵便受けに名前を表示するのがなんとなく億劫で無名のまま放っておいたため、前入居者宛ての郵便物が配達されて対応に困る という事態が時折発生していました。

さっさと郵便受けに名札を入れてしまえば解決する話で、その意味では完全に自業自得。それはともかくとして、もし万が一、次の入居者が私と同じように郵便受けの名前表示を怠ったら、わが家の旧住所に宛てられた郵便物がそのまま配達されてしまうわけです。迷惑をかけて申し訳ないという気持ちもさることながら、どんな内容の郵便物にしろプライバシーの一端を垣間見られるような気がして居心地がよろしくないというのが正直なところ。

そのような理由から、転居後に郵便物の転送サービスに申し込みました。
このサービスの期間は1年ですが、再登録により延長が可能で、しかも再登録の回数制限は無し。すなわち、登録を繰り返すことにより何年でも何十年でも転送の恩恵に浴することができるわけです。

16072202申込用紙
転送の申込用紙(画像はお借りしました)。

で、現在のわが家の状況ですが、入居から5年以上が経過した今になっても旧住所宛ての郵便物が転送されてきます。

大半は付き合いの薄い知り合いからの年賀状(こちらの住所が変わったことを翌年の賀状で何回報せても一向に変えてくる気配ナシ)ですが、そのほか、いつ登録したのか全く思い出せないような企業からのダイレクトメールが届いたりすることも。こういった相手先に対しては住所変更の届け出かDMストップ要請のいずれかで対応するようにしているものの、またいつか別の相手からひょっこり届く可能性は否定できません。

前置き(というか言い訳)が長くなりましたが、こういった事情から、わが家は今でも転送サービスの登録を続けています。毎年、転居月である3月に再登録手続きを行なっていましたが、今年はうっかり失念してしまい、1週間ほど前に思い出して慌てて登録を済ませました。手続きの方法には申込用紙の窓口への提出とインターネット経由の2種類が用意されていて、郵便局に出向くのが面倒な私は「e転居」という名称のインターネット手続きを利用しています。

16072201e転居

それにつけても悔やまれてならないのは、5年前、忙しさにかまけて転居連絡葉書の作成をサボってしまったこと。「年内は転送サービスでつないでおいて、来年の賀状で連絡すれば十分だろう」という甘い見通しは、先述のとおり木端微塵に打ち砕かれました。

毎年の賀状で再三住所変更を伝えても気がついてもらえないような人間関係しか築けていないこと自体に根本的な問題があるのかもしれませんが(うっ何だか書いてて悲しくなってきた…)、転居の事実を相手に確実に伝える手段としては「シンプルに転居の事実だけを報せる連絡」、すなわち転居連絡葉書の発送がベストであるということを、今更ながら痛感している次第です。

以上、今後転居を控えていらっしゃる方の参考にしていただけると幸いです。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

自転車置き場の収支

ツール・ド・フランスを観戦してきました!

16072003ツール

といっても昨年の10月、場所は日本の埼玉県ですけど。

2013年にスタートし、以来毎年10月にさいたま市のスーパーアリーナ周辺で開催されているレースイベント、「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」。

16072004さいたま

自転車仲間に誘われて昨年初めて出かけてみたのですが、現在開催中のツールでも活躍している新城幸也選手の激走をかぶりつきで応援できるなど、ロードバイク乗りにとっては心躍るイベントでした。

16072006新城



そんなわけで、本日は自転車の話題でございます。

2012年に購入した次男坊の自転車を、サイズが合わなくなったため手放すことにしました。昨年の秋のことです。
まだ十分使用に堪えそうな自転車を粗大ゴミにしてしまうのはもったいない、とにかく誰かに乗ってもらえれば という思いでヤフオクに出品したところ、最終落札額はまさかの1万円超え。

子供が3年以上にわたって乗りまくった自転車(しかも購入価格は2万円弱)をそんな高額で? と、喜びを通り越してなんだか少し怖くなりました。これは何かのワナなんじゃないか とか。

16072007自転車

そんな他愛もない疑心暗鬼も、直接引き取りにきて下さった落札者の方のお話を伺って解消しました。小学生のお子さん向けに落ち着いたデザインの自転車を探しながらこれはといったものになかなか出会えずにいたところ、オークションでたまたま見かけた私の出品物がジャストミートだったとのこと。言われてみれば、子供用にしてはあまり見かけない比較的渋めのデザインかもしれません。

現物確認の結果、コンディションについてもたいへん満足された様子を拝見し、こちらとしても胸をなでおろした次第です。


自転車が良好なコンディションを維持できた要因ですが、これは何と言っても「屋内保管であったこと」に尽きるでしょうね。

16072008玄関

玄関脇に設けたマルチ土間スペースは家族用玄関や物置場所など多目的に利用していますが、全容積の3分の1程度は家族4人分の自転車に占拠されている状態です。わが家程度のサイズの一戸建てで自転車保管のためにここまでの室内空間を割いている例はおそらくかなりのレアケースではなかろうかと。

16072009占拠

ここは間取りプランニングのしばらく前からロードバイクにハマっていた私の妄想が現実化した空間に他ならないのであり、自転車バカの望みを快く受け入れてくれた妻には今でも感謝しています。(まぁそのぶんほぼ妻専用の「ピアノ部屋」があったりもするんですけれども)

冷静に考えるとこのスペースを確保するために少なくとも数十万円の余計なコストがかかっている筈で、使い古しの自転車が1万円で売れたくらいでは屁の突っ張りにすらならないわけですが、たとえ僅かとはいえ金銭面でのメリットを享受できたのはまことに喜ばしいことなのでした。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

ハーブを喰らう(1)

16071602ハーブ

前回の記事でご紹介したバルコニープチハーブガーデンからバジルと大葉を摘んでまいりました。

16071701バジル大葉

最近すっかりメジャーになった感のある東南アジアめし「ガパオライス」を作ろうという腹積もりであります。

16071702材料

4人前の材料の目安は、鶏ひき肉(600~700グラム)、パプリカ(2個)、玉ねぎ(1個)、さやいんげん(7~8本)、ニンニク(2~3かけ)、玉子(4個)、鷹の爪(適宜)。バジル&大葉はお好みの量で。
調味料は、チキンスープ(顆粒鶏がらスープをぬるま湯に溶いたもの。100cc)、オイスターソース(30グラム)、ナンプラー(大さじ2)、シーズニングソース(ない場合は醤油。大さじ1)、砂糖(大さじ1)。

ニンニクと鷹の爪はみじん切り、玉ねぎは薄切り、パプリカは細切り、さやいんげんは2センチ程度の斜め切りにしておきます。


16071703目玉焼き

先にトッピング用の目玉焼きを作り始めます。多めの油で揚げ焼きにするのが本格派なのだとか。

16071704にんにく鷹の爪

目玉焼きの加減を横目でにらみつつ、強火で熱した油でニンニクと鷹の爪を炒めます。
なお目玉焼きの火は好みの焼き加減までもう少しかな~くらいのところで止めて下さい。余熱が入りますので。

16071705鶏肉投入

つづいて鶏ひき肉を投入。時間がある時は鶏もも肉を自分で粗みじんにカットして使うとより美味です。

16071706鶏炒め

肉に8割方火が通ったところでチキンスープを注ぎ、

16071707調味料投入

続いて調味料軍団(オイスターソース、ナンプラー、シーズニングソース(or醤油)、砂糖)をすべて加えます。

16071708煮る

30秒くらい火を通して味を馴染ませたら、

16071709野菜投入

野菜オールスターズ(パプリカ、玉ねぎ、さやいんげん)を投下。

16071710炒め煮

野菜に火が通るまでしばらく炒め煮し、

16071711バジル投入

仕上げにバジルと大葉を放り込んでザッとかき混ぜ、

16071712二十秒

風味が飛んでしまわないように15~20秒くらいで火を止めます。

以前どこかで聞いた「本場のガパオライスに使うバジル(=ガパオ)は日本で一般的なスイートバジルとは種類が異なる。ガパオの風味はむしろ大葉に近い」という話(うろ覚えです)に基づいて大葉も併用してみたわけですが、スイートバジルだけでも全然大丈夫。むろんガパオが手に入るのならそれに越したことはありません。


16071713完成

皿に盛ったご飯にガパオ炒めを汁ごとかけて、目玉焼きをトッピングすれば出来上がり。
くずした卵黄を混ぜていただけば、気分はもう熱帯の空の下。ビールとの相性も抜群であります♪


最後にビールつながりということで

16071714ビールとつまみ

先日の父の日に妻と息子が贈ってくれた舶来物のビールとポテトチップス。

強引なネタふりかつ1ヵ月も前の話で甚だ恐縮ですが、嬉しかったので書き留めておきます。どうもすみません。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。