スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関目隠しスクリーンの話はいったいどうなったか?

前回の記事から早くも2ヶ月近くが経過しようとしているわけですが、玄関脇のウォークインシューズクロゼット (兼自転車置き場) のロールスクリーンによる目隠しプランについて市ヶ尾のオーダーカーテンショップ 「リビングジョイ」 へ相談にうかがった話の続きであります。 

12032113リビングジョイ

こちらが考えていた目隠しの設置プランに問題がないことは確認できたので、あとはロールスクリーンの生地を選ぶだけ。 

ところが、ここでひとつ問題が発生しました。 

各社のロールスクリーン生地のラインナップが、今ひとつ物足りないのです。 

「少しモダンなデザインで遊びつつも基本的には落ち着きのある上品なファブリックで」 という (抽象的でわかりづらい) コンセプトに基づいて選びたいと考えているわれわれですが、どうもそれにピッタリくるものが見つかりません。 地味 or ゴージャス or ファンシー の三者択一といった感じで。 

たまの来客時に下ろすだけのスクリーンにそこまでこだわってどうするんだという醒めた見方も自分の中にあるものの、だからといっていい加減に選びたくはない。 一度取り付けたら当分交換しないものでもありますし (めったに稼動させないことを考えると30年くらいそのまま ということも十分あり得るような気がします)。 

この点についてスタッフさんに相談してみたらば、さすがはその道のプロ、たちどころにこともなげに解決策を提案してくれました。 

カーテン生地でロールスクリーンを作れば、選択の幅も広がりますよ」 

な る ほ ど 。 

アタマの固い私はロールスクリーンはタチカワやニチベイ等の 「ブラインド屋さん」 に頼むしかないと思い込んでいたのですが、現実はさにあらず。 
リリカラや川島織物等の 「カーテン屋さん」 でも、ロールスクリーンを取り扱っているんですね。 

12051510リリカラカタログ

例えばリリカラのカーテンカタログでは、ロールスクリーンに仕立てることのできる生地には上のようなマークが表示されています。 

カーテンメーカーにロールスクリーンを作ってもらうという考えてみれば至極まっとうな発想に自力でたどり着くことができなかったのは情けない限りであります。 もう山にでもこもって反省しようかしら。 

それはともかくリビングジョイさんよりいただいたアドバイスのおかげで、目の前の霧が晴れました。 
それじゃあ家でWebカタログを参照して好みのデザインのものを探してからまたサンプル請求させていただきますのでよろしくお願いしますなどとご挨拶し、上機嫌で店を後にしたのでしたが、


それから2ヶ月以上の間、何ひとつ手をつけていません。 完全放置状態。 

もう別に目隠しスクリーンなんて要らないのとちがう?  とツッコまれても仕方ないのであります。 (いや要るんですけどね)

パソコンの画面でWebカタログを見るのってけっこう面倒くさいんだもの などというのは単なる言い訳に過ぎないのであり、ただただ自らのズボラさに呆れ果てる今日この頃。 

12051620WISC開口部

そろそろ何とかしなきゃいけませんな。 

何とかしますよ。 

何とかするって言ってるでしょッ! 

(意味もなく逆ギレしつつ、実践編へ (そのうち) 続きます) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。