スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約アンペアはやっぱり過大でした

皆様こんばんは。 
ほぼ1ヶ月ぶりの、電力基本契約問題に関する話題です。 

前回の記事で、この問題のポイントが 「現在の10kVA契約 (一般的に言い換えると100A) がわが家にとって妥当なものと言えるのか?」 という一点に絞られたわけですが、

10kVA契約は、わが家には大きすぎ。  

なんとも当たり前すぎて拍子抜けの感がなくもありませんが、これが結論となりました。 

本件に関する確認過程の中でジューテックホーム工事担当H氏に質したところ、 

 ・神楽嶽邸の規模で10kVAというのは、ジューテックの他の施工事例と比べてもきわめて異質 
 ・さりとて、10kVAを必要とする何らかの特別な事情が神楽嶽邸にあると認識しているわけでもない 
 ・回路数等を考慮しても、60A程度が適当であると思われる 


という見解が示されたのです。 

私としても、以前ご紹介したパナソニックHPの 「主幹容量の決め方」 の結果などから、60Aで十分ではないかという感触をいだいています。 必要な契約アンペアはその家の瞬間的な最大使用電力量に左右されるため実際に試してみないとわからないというのが本当のところですが、住宅工事のプロとそこで生活を営んでいる本人の双方が同じ60Aという答えを導き出していることから、ここではそれを正解として差し支えないでしょう。 
 
12050901豪邸
こんな豪邸だったら10kVAでもおかしくない…ってそんなんじゃ全然足りないか (某ハリウッドスターのお屋敷だそうです)


それでは、何故10kVAという過大な契約容量がわが家に適用されることになってしまったのか? 

その理由は、「関係者が揃いも揃っていい加減だった」 ということに尽きます (笑) 

1. いい加減な電気工事業者 

今回の確認作業において、わが家の電気工事を担当した業者殿が作成したという主幹容量算定の根拠資料というものを、初めて見せていただきました (「初めて」 という時点で既に問題)。 

これが、計算は間違っているわ、当面使用予定のない予備回路 (電気自動車充電設備用とか) までキッチリ容量計算に含めているわ、各回路の容量設定の根拠がきわめて薄弱かつ曖昧だわ、もうとにかく目を覆わんばかりのテキトーのオンパレード。 
これまでもいろいろとあり (例1例2例3例4) 神楽嶽はネガキャンを張っているとのご批判をいただいたこともございましたがすみませんわたくしやはりこの電気工事業者殿を信頼する気持ちには到底なれません。 


2. いい加減なハウジングメーカー 

電気工事業者の算定がいかにテキトーなものであろうとも、ハウジングメーカーの担当者がしっかりチェックしてさえいれば、適切に軌道修正がなされる筈です。 

ありていに言うと、今回はそれがなされなかった ということです。 
真面目を絵に描いたような工事担当Hさんがどうしてまたこんな初歩的なチョンボをといぶかしく思うのですが、「忘れてましたッ! すみませんッ!」 とおっしゃるばかりなので (そういうトコ結構好きなんですけど) 真相は藪の中なのであります。 


3. いい加減な施主 

………ええ、
言われなくともわかってますとも最終的な責任が施主たるわたくしにあることくらい。 

契約容量のことなんて、1ヶ月前に電気料金明細を見て気付くまで完全に意識の外でしたよ。 

すみませんねッ! 


*************************************************************************

というわけで、施主たる者建築中の自邸にかかるあらゆることどもに対しあまねく目配りをしていないとそのうち思いもかけないしっぺ返しを食らうことになりかねませんよ  というのが今回の教訓でございます (笑) 

とにもかくにも、はっきりと 「10kVAはムチャでっせ」 という結論が出たのはたいへんスッキリしてよかったです。 「ひょっとしてわが家の電力使用環境のどこかが一般的なものとは著しく異なっていたりするんじゃないだろうか?」 という懸念が全くないというわけでもなかったので。 

分電盤の60アンペアへの変更工事が必要となりますが、これについては近日中に行なわれる1年点検の際に同時に行なっていただくことになりそうです。 

そうですよ。 もう入居から1年 (というか既に13ヶ月) 経つんですよ。 人生アッという間ですねえ。 


(何故だか唐突に時の移ろいの迅さに思いを馳せたりしながら、完結編へつづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。