スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクト傘立て 「スプラッシュ」 を選んだ3つの理由

昨日は大変失礼いたしました。 海より深く反省であります <(_ _)>

そんなわけで今回は、コンパクトアンブレラスタンド 「スプラッシュ」 を選択するに至った理由をご説明申し上げます。 


(1) ワンピース構造 

例えば ideacoの 「CUBE」 などの場合、本体と底部のツーピースで構成されています。 これにより溜まった水を簡単に捨てたりすることができて便利ですが、本体は底部に被せるだけで固定されないため、移動の際は本体と底部を両手に持たねばなりません。 一方スプラッシュは本体のみのワンピース構造。 
 
今回わが家で導入する傘立ては来客専用という位置付けであり、シューズクロゼットから玄関への出し入れを頻繁に行なうことになります。 その際、片手で持てるワンピース構造のほうがストレスが少なくてよいのではないかと考えました。 まあズボラと言われればその通りで返す言葉もないわけですが、コンパクト傘立てはいずれもかなり重量があるものなので、特に非力な女性などの場合は無視できない要素ではないかと思っています (わが家でも出し入れは主に妻の仕事となることが想定されますゆえ)。 

12050601キューブ
手入れの簡単さと移動時の面倒さがトレードオフの関係になっているわけです。 


(2) ポリストーン 

今回候補に挙げた傘立ての殆どに使用されているポリストーンという素材は、「ストーン」 と言うだけあってかなり重く硬い素材のようです。 玄関のタイルとどちらの方が硬いのかは定かではありませんが、傘立てをタイルの上でガガガと引きずったり、あるいは持ち運ぶ際に誤ってストーンと (※駄洒落) 落っことしてしまったりした場合の双方のダメージ (傷や破損等) が気になります。 
その点、合成ゴムでできているスプラッシュなら安心 というわけです。 

       12050602エンドスカル
傘立てとは全く関係ありませんがこういうのもポリストーン製。 とっても硬そうでしょ。 ってそういう意味じゃありませんかそうですか。 


(3) 実物を確認できたのはスプラッシュのみ 

インテリア製品の質感や色目などはできれば実物を自分の目で見て確認したいもの。 で、今回の購入候補中、ショップで実際に見ることができたのはスプラッシュだけだったのであります。 フランフランあたりにはideacoの製品などいかにも置いてありそうな気がしたのですが完全に空振り。 傘立てって思いのほか売っていませんね。 それとも梅雨が近づくとラインナップも豊富になったりするのだろうか?  

たまプラーザ東急に置いてあったスプラッシュは、手に取ってじっくり眺めたり、実際に自分達の傘を立てて使い心地を確認したりすることができました。 そうやって得られた安心感、納得感はやっぱり大きいのです。 リアル店舗の存在意義とでも申しましょうか。 

12050603色とりどり
たまプラーザ東急にて。 カラフルですな。 


とまあ以上のような要素を勘案した結果、スプラッシュを購入することにしたのでした。 

ところでスプラッシュにはスタンダードサイズとミニサイズの2種類がありますが、われわれはスタンダードサイズを選びました。 というのも、店頭にあったミニサイズに傘を立ててみたところ、安定感がイマイチのように感じられたからです。 特に複数の傘を同時に立てる場合はバランスを考慮せねばならず、同じ方向に2本立てたりするとたちまち傾いて倒れてしまうことがわかりました。 
大柄で重量のあるスタンダードサイズではさすがにそのようなことはなく、内玄関で使用するわが家では風による転倒の影響を心配する必要もないので、これなら大丈夫であろうと判断した次第であります。 

12050604倒れる
ミニサイズの場合、隣り合わせて2本立てるとかなりの確率で転倒します。 これはけっこうストレスかと。 


帰宅して早速試用してみたらば、非常に良好です。 狭い玄関に置くと大柄すぎるかなという懸念もありましたが実際にはそのようなこともなく、しっくりと馴染んでいい感じ。 色も私好みのブルーでたいへんよろしい。 

12050605置いてみた
こういう具合に内玄関の隅にチョコンと置いて使用します。 

12050606ブルー
長男の自転車のフレームとよく似た色で、なかなかいいマッチングじゃないかと自己満足の体。 


これで、鬱陶しい梅雨の季節も大丈夫ですな。 いつでもどんと来い! 
ただし来月からね。  

以上を持ちまして、(今後何らかのトラブルが発生しない限り) コンパクト傘立ての話を終了させていただきます。 ご清聴ありがとうございました <(_ _)>
 

12050607信楽焼
ちなみにわが家の 「正妻」 の傘立てはこのような全然お洒落じゃない信楽焼。 確か新婚当時婚礼箪笥か何かのオマケでもらったような気が。 異常に丈夫なので買い換えることもかなわず。 とはいえこれだけ長いこと使っているとそれなりに愛着が湧いてくるのもまた事実 (笑)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。