スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドリールームを使いやすく

雨がビシャビシャと降っていて家の中の作業に集中せざるを得ない ということで、昨日は洗濯室を少しばかりいじってみました。 

12050401残骸

まずは先日目撃して心が折れてしまいそのまま放置していたカワジュンのタオルレールの復活作業から取りかかります。  

12050402ボロカベロック

タオルレールの下地としていた 「カベロック」 を壁から抜いてみましたら、先端部の片方がポッキリと逝ってしまっていました。 こんなんじゃあネジが効くはずがないじゃないかッ! 

前回のこともあって私のカベロックに対する信頼は地に堕ちたのであり、二度と使いたくないというのが正直なところ。 

12050406どこでも下地

さて、今回の修復に使用したのは例によってコレ。 「どこでも下地 スピードミニ10」 であります。 

12050403下地完了

カベロックを抜いた穴へ水分を含ませたスポンジシートを巻いて突っ込み、液剤を注入。 1時間程度で半硬化したところではみ出した部分を切断、更に2時間ほど待って完全に硬化すれば下地作りは完成です。(詳しい使用方法は以前の記事をご参照下さい) 

12050404本体設置

出来上がった下地部分にビスをねじ込んで本体を取り付け、

12050405樹脂パーツ取り付け

樹脂製のカバーパーツをはめ込めば見事復活! であります。 

が、実はこれも長くはもたないのではないかという予感がしています。 

理由のひとつは、下穴が大きすぎたこと。 「どこでも下地」 施工のための下穴は直径0.8~1センチと指定されていますが、今回はカベロックで開いた穴をそのまま利用したため少々大きくならざるを得ず、その形もいびつなものとなってしまいました。 このためスペック通りの強度は期待できません。 

それから、そもそもそのスペック自体が怪しい (笑)。 「35kgの重さにも大丈夫!」 と豪語していますがうちの次男坊がぶら下がっても大丈夫だとはとても思えないです。 いわゆるひとつのベストエフォートととらえておくのが賢明ではなかろうかと。 

そんなわけで近日中に再びグラグラになる可能性が高いと見ておりますが、そうなった場合の対処法についてもそれなりに検討しているのでノープロブレム。 その時が来たら、またブログネタにさせていただきます。 


続いて手を入れたのは、洗濯室の収納棚であります。 

12050407収納棚

旧宅で5年間使用したあと新居に持ち込んだこの収納棚、扉付きでスマートに収納できるのが売りですが、今となってはその扉が逆にネックになっております。 

12050408オープン

狭い洗濯室では、物の出し入れの際、開いた扉がジャマになってストレスを感じてしまうのです。 サイドに開ききらない扉が眼前に迫ってきて鬱陶しいことこの上なし! 

12050409取り外し

というわけで、思い切って扉を撤去することにしました。 もともと自分でドライバーで組み立てた (当時は電動ドライバーもなく往生しました…) ものなので取り外しも勝手知ったるもの。 

12050410完了

あっという間に作業完了であります。 
使いやすさは格段に向上しました。 見た目は多少ゴチャゴチャしますが、ユーティリティルームは実用性が第一。 人さまにお見せする場所でもありませんしね。 

12050411もう一方も

もう片方も同様に。 


住み始めて1年以上経ちますが、わが家にもまだまだ工夫・改善の余地はたくさんあることを実感します。 地道にがんばろう。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。