スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ扇風機の導入を考える

昨日はネガ記事失礼致しました。 
元気出していくのであります。 

昨晩の停電はやはり落雷が原因であったようで、横浜と川崎で合わせて約19万世帯が被害を被ったのだとか。 
わが家が真っ暗になったのはごく短時間のことであったとはいえ、月並みながら電気のありがたさ (東京電力がありがたいと言っているわけではありません) というものを再認識し、今年の夏も万が一のことが起こらないよう節電に努めたいの思いを (東京電力の要請に従って節電するわけでは (以下略)) 新たにした次第であります。 

というわけでふたたび来る 「節電の夏」 への備えを万全にするため、現在わが家では新しい扇風機、しかも直流 (DC) モーター搭載の省エネタイプの導入を画策しているのです。 

折りしも本日の日経産業新聞に、ユアサ商事がデザインや省エネ性を重視した高機能家電の新ブランド 「YUASA 1+ (ユアサワンプラス)」 を立ち上げ、その第一弾として高級タイプの扇風機 「リビングDCファン」 を発売するという記事が掲載されていました。 

ユアサ商事ワンプラス1+扇風機

32段階の風量切り替え、カバー部に手が触れると自動停止するタッチセンサー機能などを備え、DCモーター採用で消費電力を約5割抑えるとのこと。 参考価格は19,800円で、4月下旬発売予定だそうです。 

こういった、「デザイン性追求・DCモーター採用・高価格」 の3拍子が揃った扇風機は最近のトレンドのようで、中でも 「とんがった」 デザインのものがメジャーメーカー以外の比較的小規模な企業から続々と発表されているのが目を引きます。 


例えば、リアル・フリートのデザイン家電部門であるアマダナの 「NF-227」。 

12042555アマダナ扇風機

「飛行機のボディからインスパイアされたフォルムにブラックボディと随所に配置されたアルミパーツにより重厚感と高級感を醸し出して」 いるのだそうで、よくわかりませんがなんとなくすごそうです。 

価格は飛行機のボディからインスパイアされているだけあって35,000円と超強気。 6月15日発売予定。 


アマダナとはライバル関係のように見える±0 (プラスマイナスゼロ) からは、「±0 リビングファン(DCモータータイプ) XQS-W510」。 

12042552プラマイゼロリビングファン

2トーンカラーで、「ホワイト/ライトグレー」 と 「グレー/ダークグレー」 の2タイプが用意されます。 消費電力が現時点で 「未定」 というのが微妙 (笑)。 
希望小売価格 14,700円で、当初4月下旬とされていた発売予定が現在では5月下旬に延期されています。 


昨年 「コアンダエア」 で高級扇風機市場への参入を果たしたツインバードは、後継機 「コアンダエア EF-D949B」 をリリースしています。 

12042553コアンダエア

羽根の表面積を従来モデルよりも大型化し、さらに省エネ性の高い24VのDCモーターを採用したことで、送風効率と静音性を向上、「髪の毛が揺らがない程の超微風」 を作り出したそうですが別に少しくらい髪が揺らいでもぜんぜん平気なんですけど…
メーカーサイトでは 「近日発売」 となっていますが、家電量販店のネット販売サイトを見ると概ね19,800円程度で既に発売中のようです。 


とまあ高機能デザイン扇風機も百花繚乱の様相を呈しているわけですが、私としてはやはり先駆けとしてこの市場を形成した実績に敬意を表してバルミューダの 「グリーンファン2」 が第一希望 (めちゃめちゃ高いけど)。 

グリーンファン2

なのですが、妻が 「羽根の掃除がすごく面倒そうなので絶対にイヤ」 と反対姿勢を鮮明に打ち出しております (そういえば以前の記事で撫子さんもそのようなコメントを下さってましたねえ)。  

いや扇風機の掃除なんていつだってボクがやってあげるから大丈夫さ」 と私が大海原さながらの広い心で対応できるのか? 加えて、その言葉を果たして妻が額面どおり受け取ってくれるのか? 目下のところ、それらふたつが焦点となっているのであります (笑)。 

つづく) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは(´∀`)
去年東芝のsientって扇風機買おうとしたら遅くてどこも売り切れでオークションで高く売ってました。゚(゚´Д`゚)゚。

今年は早めに買おうかな♪

言われる前にやってくれるのね?

です。

神楽嶽博士さんは、主夫(チガウっつーのね)の鏡だから、大丈夫でしょう。うんうん。

神楽嶽博士さん、こんにちは。
扇風機の羽根の掃除は面倒ですよ~。なんすか?あの青いひまわり?のような・・・。羽根の埃に気が付いたとたん、この羽根の生み出す風を浴びてるの~!?ギャー!ってなります。羽根の広い面だけの掃除で済むといいですね。なんていうか、こう、溝じゃないけど、綿棒使いたくなるような作り、こんな所にも埃が!!みたいなのは嫌だなぁ。
神楽嶽博士さんは、扇風機に何を求めますか?
昔買った扇風機で気に入ってた機能は、8の字にヘッドが動くとか、「自然の風」とかですが、10年の前の仕様で十分って思います。私はそれ以上凝ってなくていいかな~。32段階って・・・そんな微妙な設定は何のために必要?なんか遊べそうですけどね。あっ、そっち!?
それよりも、羽根の枚数でどうこうよりも、私はプログラムタイマーが欲しいですね~。いったんこの時間に切れたら、また寝苦しくなる時間くらいに電源が入って、また良い加減のころに切れるようにセットできるとか、自動で数時間か数分かおきにON/OFFする(一回こっきりじゃダメェ!)とか、温度湿度設定にあわせて自動的にON/OFFするとか。こんなような機能ついてる機種ってあったような気がするのです
が、高かったような。
あら。昨年のコメントに、扇風機にそこまで(どこ?)求めないって書いてましたね・・・。

Rinkaa様

こんにちは。

昨年の扇風機売り場の品薄ぶりは凄まじいものがありましたねー
今年もそこまでではないにしろ売れ行きは好調と思われますので、意中のモデルがある場合は早めに手を打ったほうがよいかもしれません。

東芝のSientは既にニューモデルが販売中みたいですよ。
最上位機種は充電池が組み込まれているようですが値段は4万円だそうです! 安いエアコンに手が届いちゃいますね。

撫子様

うっ怖いよう(笑)。
もちろん言われるまでやらないつもりです。
だっていつ掃除したらいいかわからないんだもの(笑)。

昨年の記事では私も「扇風機に3万も4万も出す気になれない」と言っていた手前朝令暮改も甚だしいと反省しているわけですが、今のところ私が扇風機に求めているのは「省エネ性」と「デザイン」の2つです。
で、デザインを追求していくとなんだか高いものばかりという現状で、それはそれで正直嫌気が差しています。 メジャーメーカーが1万5千円くらいでクールなデザインのDCモーター搭載機を出してくれれば嬉しいのですが。

タイマー機能は充実していると嬉しいですね。湿度ではなく温度でしたが、センサーで感知して自動運転する機能が東芝の新製品には搭載されているようです。3万円くらいしますけどね(笑)。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。