スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞いてないよ!

前回からの続きです) 
  
わが家のアンペア数決定に関する説明や相談は、いつどこで行なわれたのか?

アタマの中をいくらひっくり返してみても手掛かりすら見つからないため、ジューテックホーム 営業T氏へ問い合わせてみたのであります。 教えていただいて 「ああそうだった忘れてた確かにあの時だった!」 と記憶がよみがえる可能性もありますゆえ。   

T氏の回答は、次のようなものでした。 
 
「通常の場合は、配線確認の時に電気工事屋さんのほうから説明がある筈なのですが、説明されませんでしたっけ?」 

はい?
配線確認? 

配線確認……

コンセントやスイッチパネルなどの位置確認をして、最後に一部のダウンライトが設計どおりの場所に取り付けられないという話を聞かされて驚愕した記憶はたいへん鮮明ですが、アンペア数に関する説明…… うーん、全く思い出すことができません。 
当時のブログ記事を紐解いてみても、電気系統の話からダウンライト関連アクシデントの件まで、全ての説明はインテリアコーディネーターKさんの口からなされたと記述されており、電気工事業者さんが何かを喋ったとはどこにも書いていないのであります (その場にいらっしゃったような気はしますけどね)。 
だいたい、毎月の電気料金に直結する話をされて、ケチンボのわたしがそのことを覚えていないということはないと思うんだけどなあ (笑)。 

もちろんその場で起こった全事象についてブログに記録しているわけではありませんので確実なことは言えないわけですが。 

12041210配線確認
配線確認時の写真。 右がコーディネーターKさん。 お元気にされてますでしょうか。

ことほどさように記憶というのは曖昧でいい加減なものなので、頼るべきは記憶ではなく記録。 すなわち神楽嶽家のアンペア数はこのようになりますよと記載された文書なり資料なりが私に手渡されていたということはないかと尋ねてみましたが、

いえ、そのような書類はお渡ししておりません」 

とのご回答。 
文書によるエビデンスもありませんか。 

ふぅ。

どうやら迷宮入りですな。 

もともと 「犯人探し」 が目的であったわけではないのでそれならそれで構いません。 当方が契約アンペアについてきっちり説明されていたにもかかわらず完全に失念していたというわけではなさそうである ということがわかっただけで十分なのであります。 

12041211上棟式
配線確認の日は、簡易上棟式も行なったんでした。 たかだか1年数ヶ月前のことなのに、遠い昔のことのように感じられますね。 


結びに、本件の顛末を踏まえた上で僭越ながら以下の通り提言させていただきます。 

【ビルダーさんへ (ジューテックホームに限りません) 
言った言わないのトラブルを避けるためにも、電力契約の基本料金の多寡に関わる契約アンペア数などの決定に際しては、施主に対し極力書面による説明や確認を行なうべきであると思います。 

【これから家を建てられる方へ】 
電力契約のアンペア決定には、主体的に関わるようにしましょう。 
そうしないと、無駄な基本料金を払う結果にならないとも限りませんよー 
(スミマセンごく当たり前の話なのかもしれませんがわれわれはそれができませんでした)  


ともあれ、「聞いてないよ問題」 の究明フェイズはこれにて終了。 

これより本件の焦点は、「現在の10kVA契約がわが家にとって妥当なものと言えるのか?」 この一点に絞られることになります。 

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
電気の契約についてですが、書面等でのやりとりはありませんでしたが、配線確認の前後に電気契約をどうするか相談をされました。
以前の住まいは照明全てが白熱灯、エアコンも電気を無駄に使う古いタイプで、夏は時々ブレーカーが落ちたのです。
仕事柄、夫婦共にPC&関連機器を多く所有していて、これらはブレーカーが落ちた時のダメージが大きいので、従量電灯C、8kVAの契約にしました。一般家庭で、この契約をする人は少ないと言われ、ジューテックさんに「いいんですね?」と何度か確認されました。
だから、神楽嶽さんが、その契約になっていたことが不思議です。
実際は、照明もエアコンも最新のエコタイプで、一般的な従量電灯Bの6kVAで十分だったと後悔しています。
基本料金がもったいないので、CからBへ切り替えたいのですが、一般的なアンペア変更と違って、要工事且つ有料と聞いているので、変更していませんが…。つづきの話もお待ちしております。

NIS様

おはようございます。

貴重な情報ありがとうございます。
同じHMでの実体験に基づく情報は、本当に参考になります。 
 
おっしゃる通り、8kVAで念押し、10kVAで施主の同意なし (※私の記憶では) というのは、いかにもおかしいですね。 
この異常とも見えるアンペア数の理由について営業さんに問い合わせているところなのですが、1週間近く放置プレイに遭っており少々凹んでおります (笑)。 そのうち回答もあるでしょうから、話が進んだらまたご紹介したいと思っています。 

ところで従量電灯CからBへの切り替えの件ですが、配電盤の仕様などいくつか条件はあるものの、60アンペアのリミットブレーカー(東電では「サービスブレーカー」と呼んでいるようです)への交換は無料でできる場合もあるというふうに言われました。 ちょっと頼りなさそうな担当者さんだった(笑)ので確実なことは言えませんが、一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。