スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モヤモヤの正体

寄木スツールの話の続きであります)

2月22日にインテリアギャラリー ipponでいただいた寄木スツールのスペック資料には、価格も記載されていました。 2万円台後半というその価格はわれわれにとっては決して安いものではありませんが、気に入ったものだし一度買ったらずっと使うものだし (←高価な品物を買う時の自分に対する言い訳ベストテン第1位 (当社調べ)) ということで、購入を決めたわけです。

こうして事前に納得していたため、3月1日に行なった注文手続きの際には、私としては珍しく価格についてほとんど意識していなかった (ディスプレイに価格表示もありませんでした) のですが、店からの帰り道、どうもモヤモヤとすっきりしない気分が抜けません。 なんだろうこの感じ?

違和感の正体は帰宅してすぐに明らかになりました。
注文伝票に記された価格↓

12030401明細

35,700円

あわてて見直した件のスペック資料には、

12030402スペック表

やはり、27,300円 との記載が。
私の記憶違いではなかったようです。

どゆこと?

急いでipponへ電話を入れたところ、申し訳なさそうな様子のスタッフさんがおっしゃるには、

「すみません。 先日お渡しした資料は、価格改定前の古いものだったのです…」

なんでも今年の1月から価格が変更された (しかも値上げされたのは数ある寄木シリーズのうちよりによってスツールのみ。 なんたるアンラッキー!) とのことです。 改定直後であったため古い資料が残っており、それが私の手に渡されてしまったと。

「高いけれど頑張って買おうか!」 と決断した価格から更に1万円近くも上昇したことに呆然としている私に対し、スタッフさんは 「こちらでも上と相談してみますので、もう少しお待ちいただけますでしょうか」 とおっしゃって下さいました。 というわけで現在その検討結果待ちの状態であります。

まあよく考えてみると注文手続き時に価格をまともに確認しなかったのは完全にこちらの落ち度。 なので勿論検討結果が 「現行価格のまま」 であったとしても文句を言う資格はありませんしそのつもりもありません。 その条件でも購入を中止することはないと思っております。 

しかし、想定以上の出費がフトコロに痛いこともまた事実 (笑)
さてどうなりますか?


続くのであります)

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。(別ウィンドウで開くようになりました)




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。