スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活感を感じさせないゴミ箱

12030308ゴミ箱

妻があざみ野駅前のルームズ大正堂でゴミ箱を買い求めてきました。

12030309チューブラーフィフティーズ

ideaco の trash can TUBELOR 50's (チューブラーフィフティーズ)。

12030310プロダクトデザインアワード2008

iF product design award という、なんだか凄そうな賞をもらっているそうです。
ideaco のホームページによると、「ドイツ・ハノーバーを拠点とするデザイン振興のための国際組織 Industory Forum Design Hannover (iF) が主催し、優れたデザインの工業製品に贈られる世界で最も権威のあるデザイン賞」 らしい)

12030312カバー装着

何がどうエライのかというと、ゴミ袋の装着に一芸があるのです。
カバーをカパッと外して、

12030311袋装着

ゴミ袋をかぶせ、

12030314カバー再装着

カバーを戻します。
ゴミ袋のフチの部分が完全に隠れるかたちとなり、生活感を抑えインテリアにもすっきり馴染む というわけですな。

12030315レトロカラー

ところでなにゆえに 「フィフティーズ」 なのかと申しますれば、色のラインナップが 「50年代を思わせるレトロカラー」 であるからなのだそうで。 はぁそんなものですか。

調べてみるとこの 「50's」 は派生種であり、これとは別にスタンダード版の 「TUBELOR」 も存在しています。 そちらのほうは白、黒、茶、ピンクの4色展開。 で、価格はスタンダード版のほうが高いです (スタンダードは 3,465円、50'sは2,940円)。 
これは素材に違いがあるためで、50'sがカバー、本体ともにポリプロピレン製であるのに対し、スタンダード版のほうはカバー部にABS樹脂を使っているのです。 強度面などではABSのほうが優れている筈ですが、何故50'sでグレードダウンを行なったのかは定かではありません。
まあ所詮はゴミ箱。 なんだっていいんですけどね。


ちなみにこのゴミ箱は子供部屋用です。
日常的にカオス状態にある男子小中学生の部屋でゴミ箱だけから生活感を取っ払ってもしょうがないんじゃないかと妻に意見してみたのですが、耳を貸してもらえませんでした。 たとえ子供部屋であっても、自分の気に入らないモノは置きたくないようです。

わたしも家に置きたくないと思われるダンナにならないよう気をつけます (笑)

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。(別ウィンドウで開くようになりました)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは(´∀`)
うちもこのタイプのゴミ箱検討していました♪♪

これおしゃれですよね(*´ω`*)

そこが肝心!

神楽嶽博士さん、こんにちは。
とうとう、我が家のパソコンで、神楽嶽博士さんの名前が予測変換で出るようになりましたですよ。(Tab押しでね)

奥様と気が合いそうですよ~。
>自分の気に入らないモノは置きたくない
これが、居心地の良い空間作りのための鉄則ですよね。
大原照子さんのシンプルライフに始まり、断捨離を経て、コンマリさんのときめきお片付けに至る道。妥協はいかんのです。
ときめかないと言って捨てまくり、それを忘れて、あれがないこれがないと探し回ったりしますけどね。使ってたけど、ときめかないので捨てちゃったというのはミスですかね?(笑) 捨てないと、気に入らないと思いつつ使っちゃうんですよね。だから、最初から気に入った物しか買ってはダメなのです。ということですね。1人納得。

No title

良いですね、このゴミ箱。
ベビちゃんが袋をひっぱってふたがすぐ外れるので、
こういう隠れる構造のものが欲しかったんです。
あとでチェックしてみようっと (´∀`*)

奥さまの考え、大賛成です。
私も、気に入らないモノは家の中に要らないって思います。
そういうのがあると、ちょっとストレスなんですよね。
わが家は入居と同時に断捨離決行です☆

Rinkaa様

こんにちは♪

Rinkaaさんが検討されていたものを選んで購入するとは、うちの妻のセンスも捨てたものではないと思えて嬉しいです(笑)

たかがゴミ箱とはいえ、いろんなものがあるんですねえ。

撫子様

予測変換できるほど御贔屓にしていただきありがとうございます。
私のPCでも撫子さんのお名前はしっかり変換されますよ! って当たり前か(笑)

「気に入らないモノは置かない」という妻のポリシーはあれども、なかなか家からモノが減っていかないのは何故かと考えると、犯人は私であることが判明しました。 そんなにモノを買うほうではないと思いますが、捨てるのはものすごく苦手です。

以前テレビでどこかの会社がフロアにあふれる機器類にポストイットを貼り付けて使う時に剥がすようにし、1年経ってポストイットが貼りっぱなしのものは不要なものとして捨ててしまう という事例を紹介していました。 私もやろうかなそれ(笑)

かぃかぃmom様

コメントありがとうございます。
単純な構造なので使用感等に特に問題はありませんが、持って移動させようとするとカバー部だけが外れてしまうので両手を使わねばならず面倒 というレビューがありましたのでご参考下さい。

転居は断捨離の絶好の機会だと思いますので頑張って下さい。
(私はそのチャンスを逃してしまい、今苦しんでおります(笑))
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。