スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スツールを注文しました …が

12030204五反田TOC

昨日の夕方のこと。 先週の22日に引き続き、再び五反田のTOCビルを訪れたのであります。 目的地はもちろん、4階の 「インテリアギャラリー ippon」。

この店で取り扱われている木製スツールの購入可否について妻との間で鋭意協議を重ねた結果、「買うべし!」 との結論に至ったのでした (というか妻が気に入ったと言っている以上、もはやわたくしにNoと言う権限はないのであった)。 
それでは、秘密のヴェールに包まれておりましたその全貌を、いよいよここで公開してしまいましょう! (大袈裟)

12030203寄木スツール
どどん! とねっ

「旭川工房 一本技」 シリーズの 「寄木スツール」。 端材の組み合わせで構成された寄木細工の座面が、ちょっと 「和」 の雰囲気をも感じさせます。
妻の洗面所での化粧用腰掛となるわけですが、彼女に言わせると、これくらい座面が大きめのもののほうが長時間腰掛けられそうで好ましいとのことです。 それなりに化けるためにはそれなりの時間を要するということやね。

実はこのデザインは私も非常に気に入っています。 妻ともども、寄木細工の風合いには何故だか妙に心を魅かれてしまうのです。 例えば有名な柳宗理のバタフライスツールなどの流麗なスタイルと比べると地味な印象は否めませんが、このいくぶんモッサリしたところがむしろわが家の洗練されていないインテリアとライフスタイルにぴったりストライク (笑)
 
一昨年みなとみらいのカンディハウスを訪れて以来ずっと気になる存在でしたが、結局わが家へ迎え入れることになりました。 恋愛も家具選びも、一目惚れした方の負けなのであります。

120302052種類

さて、このスツールは、以前撮影した上の写真のように、脚の部分がオーク材のタイプとウォルナット材のタイプの2種類がラインナップされています。
よりメリハリの効いたウォルナット脚の方の購入希望をスタッフさんにお伝えしたところ、現在在庫切れのため新規オーダー扱いになるとのこと。 旭川の工場での製造にかかる納期は1~2ヶ月程度。

納品が先になるのは構わないけれど、寄木のランダムなデザインについては現物を確認して納得した上で買うのが理想的ですよねえ… などと話していたら、2台注文するのでそのうち気に入ったほうを購入してはどうか というありがたい申し出をいただけました。 残る1台は店の展示用に使うので問題ないとのことです。

いずれにしろ注文の意思は固まっていましたので、こういった提案がさらりと出てくるホスピタリティの高さに感銘を受けつつ、気持ちよく注文手続きを済ませて店を後にしたのでした。



意識下に一抹の違和感を抱えながら。

12030206ippon.jpg

その違和感の正体は、帰宅後すぐに明らかになるのであります

つづく


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。(別ウィンドウで開くようになりました)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。