スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED電球で白熱電球と同じ明るさを実現するために必要な条件とは

長ったらしいタイトルですみません。
ちょっと必要があって白熱電球の全光束 (lm・ルーメン) の値を調べてみたので、備忘の意味も含め以下の通り記録しておきます。

■E26口金 (昔ながらの裸電球のサイズ) の場合 

 20W   170 lm
 30W   325 lm
 40W   485 lm
 50W   640 lm
 60W   810 lm
 80W   1160 lm
 100W  1520 lm
 150W  2400 lm
 200W  3330 lm

■E17口金 (クリプトン電球サイズ) の場合

 25W    230 lm
 40W    440 lm
 50W    600 lm
 60W    760 lm
 75W   1000 lm
 100W  1430 lm


上記データは、LED照明推進協議会、及び日本電球工業会のホームページを参照しました。
なお、更に詳しい内容が日本電球工業会より「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン」のかたちで公表されていますので関心がおありの方はご参照下さい。

 12022922明るさの目安
  (LED照明推進協議会のHPより引用)


日本電気工業会のホームページにはこのほかに、ダウンライトやデスクスタンド等、照射範囲の限定される照明器具 (「部分照明」 と表現されています) にLED電球を適用した場合の全光束が白熱電球の何ワットに相当するかを示した表も掲載されており、非常に興味深かったのでそちらについても書き留めておきます。

■部分照明に関する白熱電球の電力 (W) とLED電球の全光束 (lm) との対応関係 

 40W   240 lm
 50W   320 lm
 60W   405 lm
 100W  760 lm


これによると、ダウンライトで白熱電球60Wクラスの明るさを得るためには405lmのLED電球でOKということになり、以前の記事において450lmのLED電球を付けたダウンライトの明るさが白熱電球60Wに匹敵すると感じるとしたのも、そう的外れではなかったということになります (チョット嬉しい)。


 12022921部分照明明るさ比較
  (日本電気工業会のHPより引用)


ところで、現在わが家の照明器具の中には 「LED電球待ち」 として別の暫定光源を用いているものがいくつかあります。
そのうち、白熱電球100W相当の電球型蛍光灯 (いずれも電球色) を用いているのが、キッチンとダイニングとPCコーナーのダウンライト。

12022925ダイニングダウンライト
四隅で光っているのが、ダイニングの全体照明用として設置しているダウンライト (パナソニック NL78856WK)。

上の表によるとダウンライトで白熱電球100W相当の明るさを実現するために必要なLED電球の全光束は760lmであり、このレベルの製品は既に登場しています。
 
ところがまだ価格が高くて手が出ないんですよねえ… と書こうと思ったのですが、今回改めて調べてみましたらば、恵安という会社のKHLED-12W26Lという製品は、なんと 880lmで 2,000円強という低価格 (現時点の価格com最安値 2,250円) を実現しているではありませんか! すごいなあ恵安。
私は根が疑り深くしかも失敗を恐れる性格なのでよく知らない会社の製品に進んで手を出す気にはなれませんが、同クラスのものがメジャーどころからリリースされる日も近いかもしれませんね。

それから、200W相当のLED電球待ちなのが、階段吹き抜けのスノーボール (現在はシャープの DL-LA6BL (600ルーメン) を使用中)。

12022926phsnowball.jpg
 
こちらはダウンライトとは異なり配光角が白熱電球並みに広くなければならないので本記事のいちばん上の表が適用されます。 したがって必要な全光束は実に 3,330lm。 これは全てのLED電球メーカーにとってまだまだ未知の領域であります。 
おまけにわが家のスノーボールは調光器と組み合わせているため更にハードルが上がる (調光器対応のLED電球は種類が限られ、おまけに価格も高いのです) ことになり、こちらのほうの実現にはまだある程度の時間を要しそうな気配です。 100W相当などに比べると市場がかなり限定されるため、最悪の場合未来永劫登場しない可能性すらあると思っています。


最後に、記述内容が将来にわたって残り続けるネット空間に折角ものを書いているのだから、ここでひとつ、それぞれのLED電球について 「これくらいになったら買う」 という価格条件を宣言し、その登場時期を予測しておくことにしましょう。

・狭配光100Wクラス相当のLED電球 (国内メジャーメーカー製・電球色) の価格が 2,000円を切ったら交換に着手します。 2013年末までの登場を予測。

・広配光200Wクラス相当のLED電球 (国内メジャーメーカー製・電球色・調光器対応) の価格が 8,000円を切ったら交換に着手します。 2015年末までの登場を予測。


さあどうなりますでしょうか? 乞うご期待!
(実に気の長い話であります。 というかそんな先までこのブログが続いているか非常に疑わしいんですけどね (笑))


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。(別ウィンドウで開くようになりました)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。