スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロールスクリーンをDIYで取り付けよう (最終回)

前回の続きです)

皆様こんばんは。
今回は、先日設置した子供部屋間仕切り用ロールスクリーンの使用感などについてご紹介してみたいと思います。


まずはスクリーン収納時の見た目から。

12022501ロールスクリーン収納時

垂れ壁の下に直径10センチ近いパイプが端から端までぶら下がっているわけですから、それなりの存在感があります。
が、基本的に他人様の目に触れる部屋ではありませんし、何より部屋の住人である息子たちはロールスクリーンのむき出しの姿を気にするような繊細な感性は持ち合わせておりませんので、特に問題はないのかなと。

もしこれがリビングや女の子の部屋などであるような場合は、もっとインテリア性に気を遣う必要が出てくるかもしれませんね。


次にスクリーンを下ろした状態。

12022502ロールスクリーン降下

思ったよりも 「壁感」 が強いです。 隣と仕切られて擬似的な個室となるため勉強の際などの集中力向上が期待できる反面、閉塞感が強まることも否めません。 
特に次男側のスペースは明かり取りが腰窓ひとつになり、見ようによっては独房チックな雰囲気すら漂います(笑)
その意味では今回の間仕切りを開閉可能なロールスクリーンとしたことは正解だったと思いますが、数年後もし息子たちからもっときちんとした壁で仕切ってほしいと要望された時は悩むことになるのかなあ…


12022503ロールスクリーンチェーン

サイドチェーンによる昇降方式は、事前に想定したとおり裏表両側からの操作もスムーズに行なえていい感じです。 サイズがサイズだけに下りたスクリーンを上げる場合には少々力が必要となりますが、問題になるようなレベルではありません。
それよりも、チェーンを引いた時にロールスクリーン本体が下方に引っ張られることで、かなりいい加減に取り付けたブラケットが垂れ壁から外れてしまいやしないかというのがチョッピリ心配。 もし落っこちてきたらまたブログネタにします (笑)


最後に、今回のスクリーン設置の最大の目的であった遮光の実力について。

12022504遮光

スクリーンを下ろして照明を消すと、このような感じになります。 遮光2級というグレードは 「99.9%未満、99.8%以上」 の遮光率とのことですが、実際に目にしてのイメージはそこまでのものではなく、「9割程度は遮られているかな」 というくらいの感じでしょうか。

とはいえ不十分であるという印象はなく、これならば、夜間隣で明かりが灯されていてもストレスを感じることなく眠りに就くことができると思われ、非常に満足しています (スクリーン周辺から光が漏れますがこれは構造上避けられません)。
実際、スクリーンを取り付けて以降次男坊の寝付きが格段によくなったのは明らかなのであり、その効果を見れば今回の設置は大成功であったと評価してよいでしょう。 グッジョブグッジョブ。


以上、ダラダラとやってまいりましたが、間仕切りとしてロールスクリーンの使用を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

(子供部屋間仕切りプロジェクト、これにて完結であります。 長らくのお付き合い、ありがとうございました)


(同年12月に発生したトラブル編へ続きます) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~★
すごい仕切り感ありますねヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

DIYお疲れさまでした♪
すごくキレイで出来上がりだから最初からこの状態な感じに見えますね♪

Rinkaa様

こんにちは♪

ねぎらい&お褒めのお言葉、ありがとうございます。
思いのほか自然に仕上がったので満足しております (^^)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。