スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8万円の太陽光発電 (DMMソーラー) へ問い合わせてみた (その3)

前回の記事にて、DMMソーラーの太陽光発電事業モデルについて、

・契約者側に金銭的デメリットが発生する可能性があること
・にもかかわらず、そのことに関する周知が不足していること
・そればかりか、「契約者は損をしない」 と読める記載をHP上で行なっていること

以上の3点を指摘しましたが、現在のDMMソーラーのホームページではそれらの点が修正されています。(前回記事へのコメントで、noname様より教えていただいて気がつきました。 ありがとうございました)

12022001DMMFAQより01
「電力会社に元々支払う金額であるため損益になるわけではありません」 の注記が消え、

12022001DMMFAQより02
「損をするケース」 に関する項目が新たに加わりました。

上記3点は16日に行なったDMMソーラーの窓口への電話問い合わせにおいても指摘させていただいたのですが、一企業が私ごときの意見だけで動いたとも思えませんので、同様の指摘が数多く寄せられた結果ではないかと推察しています。
いずれにしましても、過ちを素直に認める姿勢、直ちに修正アクションを行なうフットワークの軽さの両方に対し、今回は好感を抱いた次第であります。(手の込んだステマではありませんよ)


そのほか、DMMソーラーの窓口への問い合わせでわかったことを記しておきます。

■発電が一切行なわれなかったケースの対応
契約者とDMMとの間の発電電力に関わるお金の計算とやりとりは、1ヶ月単位で行なわれるそうです。
天候異常等により万が一1ヶ月の間まるまる発電が行なわれなかったような場合はどうなるのかを尋ねてみましたところ、「DMMへの支払いは特に発生しない」 との回答でした。
これは先日の記事にいただいたコメントの内容と異なっておりますため、正直言ってまだ疑念を捨て切れていません。 今後必要に応じて再確認していきたいと考えております。

■契約を途中で破棄する場合
その一方で、10年間の契約を途中で破棄した場合の取り扱いに関する質問に対しては、「違約金の支払いが発生する」 という明確な回答をいただきました。 違約金の金額は、「DMMの想定した10年間の回収金額のうちの未回収分」 となるそうです。 DMMがどの程度の回収を想定するのか、あるいはその金額を事前に契約者に教えてもらえるのか、いろいろと興味深いところではありますが、いずれにしましてもこの点についてはしっかり留意しておく必要がありそうです。 10年の間にどんなことが起こるかわかりませんので…


さて、私としては、この 「8万円太陽光発電」 に対して依然強い関心を持っています。
しかしながら、損失をこうむるリスクもあるとわかっている以上、安易な導入に踏み切るわけにはいきません。 逆に、チャンスとリスクを天秤にかけてチャンスのほうがより大きいと判断すれば、導入の可能性も見えてきます。

わが家の屋根でどの程度の太陽光発電量が見込めるものか? そしてそのうちどの程度を自家消費することになりそうか? 
そういった部分に見きわめをつけるべく、まずはDMMが無料で行なっているシミュレーションを依頼することにしたのであります。

つづく


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いつも楽しく読ませていただいています。
神楽嶽さんは情報収集が凄いので、さしでがましいかと思ったのですが。。。
太陽光発電についてコメントさせてください。

太陽光発電は屋根に穴を開けての設置が一般的だと思います。
欠陥工事ではなく、しっかりとした施工でも雨漏りの可能性は避けられないようです。
また、雨漏りの原因が太陽光設置工事にあると断定するのは難しく、
逆に太陽光設置工事と雨漏りが関係ないと断定するのも難しいようです。
雨漏り等あった際の責任の押しつけ合いになりがちな事についても考えてらっしゃるでしょうか?
売電買電シミュレーションと共に、その辺も含めて検討していただくのが良いかと思います。

いつも本当に参考になる記事をありがとうございます。
勉強させていただいています!

タント様

おおっ! タント様!
はじめまして。 ブログをいつも楽しく拝読しております。

太陽光発電に関するご助言、ありがとうございます。
リスクはこれから多方面から評価するつもりでしたが、雨漏りについては考えていませんでしたのでたいへん助かります。

今後ともよろしくお願い致します!

規約が変わったみたいですね。

発電量のシェア分が、3:7から2:8に変更になったみたいですね。
割合が減った分、オーバー分の購入価格が24円となってます。
これだと、単純に発電量分の2割は得することになり、
オーバーしても電力会社に払う場合と変わり無いので、損することは無くなったのでは、と思います。

同様の指摘がかなり多かったんでしょうね。


故障してしまった場合の対応などが不明ですが、
導入しない理由が無くなったかも…。

ヨリ様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

一昨日、おっしゃる通りの変更について、DMMソーラーからメール連絡を受けました。
DMMとの間の電力売買単価については、かねてから電力会社からの買電単価と同じにしてくれたほうがリスクが減ってよいのにと思っていたので、私にとっては渡りに船の内容です。取り分が3割から2割に減るのは残念ですけど(笑)

ただ、サービス開始からわずかの期間でその内容を変更してしまう様子を見るにつけ、事前検討は十分だったのか、勢いのみでやっているのではないかと少々不安になります。10年間付き合わねばならない相手ですからねえ…
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。