スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1階床暖房だけではダメな理由

毎日寒い日が続きますね。

わが家の1月度の電気料金 (12/15~1/17) は、12,623円でした。
これは昨年の夏とほぼ同程度の水準であり、ということは今冬のエアコンの電気代が夏並みにかかっているということになります (ちなみにわが家でこの冬稼動させているのは2階リビングのエアコンのみで、温度は19度前後に設定しています)。

12020204電気料金
数字はいつでも冷徹そのもの。

さて、これまでも何度か書いていますが、わが家の1階には温水式蓄熱床暖房システムが設置されています。 
ジューテックホームはこの床暖房について 「蓄熱式なので1階の床暖房だけで2階までポカポカと暖かい!」 的なことをさかんにアピールしており、われわれもすっかりその気でいたのですが、実際に住んでみた結果、少なくともわが家にはそれが当てはまらないということが明らかになったわけです。

もちろん床暖房を24時間フル運転でもすれば 「2階まで暖かい」 を実現することは可能かもしれませんが、そうするとガス料金が洒落にならないレベルに跳ね上がるであろうことは想像に難くないのであり、とても現実的であるとは言えません (※このあたり、個人の感覚によるものですので異なるご意見の方もいらっしゃるかもしれませんがご容赦願います)。

ただ、「2階まで暖かい」 というのはそもそも定性的な表現にすぎず、「床暖房をこれこれこういう条件で運転すれば2階の室温は○度を下回ることがない」 というような保証が付けられているわけでもないので、このことについて声高に文句を唱えるつもりはありません。 むしろ、バックデータによる裏付けの示されない単なるセールストークに安易に甘えたこちらの責任であると反省しています。

12020205リビングエアコン
リビングの三菱製エアコンMSZ-ZW710S。 どうせ使わないから暖房機能なんて気にしないゼ!と意気軒昂だったアノ頃が懐かしい(笑)


と、ネガティブトークはこれくらいにしまして、ここで冬場のわが家において2階エアコンの常時稼動が必要となった理由を考えてみましょう。

(1) この冬がメチャクチャ寒い (笑)
今年は本当に寒いです。 例年並みの冷え込みであればエアコン不要とも思えませんが、今年の激しい寒気がエアコン高稼働に直結していることは明らかですね。

(2) そもそも 「2階まで暖かい」 に無理がある
現在のジューテックホームは、上位グレードの 「ウェルダンノーブル」 については1階のみならず2階の床暖房も標準仕様としています (普及グレードの 「Jブリッサ」 は1階のみ)。
このようになったのはつい最近であり、少なくともわれわれがプランニングした当時は全グレードの標準仕様が1階のみの床暖房であったと認識しています (施主の要望に応じた2階への設置は行なっていたようですが)。
ここからはあくまでも想像ですが、ジューテックホームとしてもユーザーの声などから、「1階床暖房だけで2階の個別暖房は不要」 と謳うことにいささか無理があると考えるようになったのではないでしょうか。

(3) 2階リビングだから
実はこれがいちばんデカいのではないかと思っているのですが。

わが家のリビングは2階にあります。 現状の床暖房設定でも1階フロアはおおむね快適な温度に保たれていますので、もしリビングが1階に設定されていれば、エアコンはほとんど使用せずに済んだでしょう。
それでは2階のほうはどうか? 1階にリビングを持ってくると必然的に2階には子供部屋と和室、ピアノ室が配置されることになりますが、私の感覚ではこれらの部屋はいずれもリビングほどの暖かさを必要としないのではと思います。
ピアノ室と和室は基本的に夜間長居する場所ではありませんし、子供部屋については 「少し寒いくらいが頭がスッキリしてええんじゃ! 頭寒足熱ッ!」 という昭和オヤジの価値観 (笑) で押し切ってしまうことができそうな気がします。

ということで、もしリビングが1階だったら、家全体のエアコン稼動率は (ゼロ運転ということはないにせよ) 現状よりもかなり抑えられたのではないかという仮説が成立するのであり、私個人としては、わが家における今冬のエアコン稼働のかなりの部分が、この 「2階リビング」 に起因しているのではないかと推測している次第であります。

120202062階リビング
2階リビング。 居心地はすごくいいんですよ。


とまあ、仮説をどれだけ並べ立てたところで客観的データによる裏付けを持たない点では従前のジューテックホームの宣伝文句となんら変わりないのであり、そういった意味ではあくまでも参考程度に聞き流す程度にしていただきたいと前置きしたうえで、蓄熱式温水床暖房の家で2階リビングの間取りを選択する場合は、(ジューテックホームに限らず) 、2階においてエアコン等による補助暖房が必要となる事態がそれなりの確率で発生する ということを今回の結論として申し上げたいと思います。


あ、それから最後に付け加えておきますが、だからといって2階リビングにしたのを後悔しているというようなことは全くありませんよ。 2階リビングには暖房コストアップを補って余りあるメリットがあると考えているからですが、そのお話はいつかまた別の機会にでも。


(冬の暖房問題に関するご意見がありましたら是非お願いします。 といっても喧嘩するつもりはありませんので何卒ひとつ穏便に…(笑))

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

納得しました

読み逃げばかりで書き込みは初だと思いますが…いまさらで申し訳ありません(笑)

以前のブログで床暖房だけでは…と書かれていたのが気になっていたのですが、2階リビングだったのですね。

うちは1階リビング、2階がプライベートルームです。朝夕合わせて4時間半ほど床暖房を稼動していますが、
1階は十分暖かいのですが、夜、2階にいる子供が、たまに寒く感じることがあり、
座布団サイズの小さなホットカーペットかエアコンを短時間使っています。

室温よりも、床暖房の床に足が接することで体が暖まる効果が大きいと住んでから実感しました。
床暖房がない2階も室温は18℃ありますが、この寒さでは長時間居ると床の冷たさの方が
勝るかもしれませんね。

以前、一般的なマンションに住んでいる友人がオイルヒーター1台で室内がかなり暖まり、エアコンより効率が
良いとのこと。高+高住宅なら、もっと効率が良いかもとのことでした。
子供部屋に小さなオイルヒーターを買うことも考えていますが、まだ詳しく調べていません…
って、これだけ寒い冬に買わなくて、いつ買うんだっ!と自分でツッコミ入れておきます。

No title

キャノンさん(?)とお呼びしてよいので
しょうか?私もいつも読み逃げてました
ので。初コメント・笑

当家(同じジューテックの家です)では、
昨年の点検から、あの換気システムを
停止してます。(便所だけスイッチON)
グルニエと洗面所とクロークにある
換気扇はテーピング処理状態です。
これで室温が1度から2度あがりまし
た。

そもそもジューテックの換気方式は
法律で規制されいて過剰すぎると
担当からもいわれていて今はジメジ
メ時期だけ稼動させるようにしてま
す。一度お試ししてはどうでしょう
か。日記のネタにもなるかもしれま
せん。日記がんばってください。

NIS様

おお! いらっしゃいませ! NISさんにいらっしゃっていただけて嬉しいです。
でも、どうか読み逃げと謝られたりしないで下さい。そんなこと言ったら、私はNISさんのブログを先日までかれこれ2年近く「読み逃げ」していたことになりますので(笑)

2階リビングはメリットもありますが、床暖房に関しては不利であることが住んでみてよくわかりました。NISさんのお宅は1階リビングでよいですね。わが家もより効果的・効率的な暖房方法を研究していきたいと思っています。オイルヒーターのお話も参考になりました。ありがとうございます。

お子様の部屋のオイルヒーターの件、すみませんが、つい笑ってしまいました。必要なことがわかっていても、緊急性が実感できないとついつい買いそびれてしまうというのはよくわかります。今日も勤め帰りにヤマダ電機を覗いてきましたが、わが家のピアノ室の加湿器も、まだ買っていません(笑)

「同じく読み逃げてました」様

はじめまして。コメントありがとうございます。
ハンドルネームは一応「神楽嶽」ですが、「キャノン」でも構いません(どちらもわけのわからない名前で、お読みいただく方には申し訳ないと思っています(笑))
ジューテックホームのお仲間からコメントいただけて嬉しいです。

換気システムに関するアドバイス、興味深く拝読させていただきました。室温が1~2度も上がったとは驚きです。今度是非試してみたいと思います。そして試したらネタにさせていただきます(笑) ありがとうございました。

「読み逃げ」でも大歓迎です。というか、お読みいただいて下さるだけで大感謝です。
今後ともよろしくお願い致します(^^)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。