スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バターカッターを使ってみる

本日の夕食に妻がカボチャのバター煮を作り、カット済みバターの在庫がようやく底をつきました。
ということで先週買ってきたアレ (ってタイトルで思いっきり言ってしまってますけど) を使う日がついにやってまいりましたよ。

11111510バター

カチカチの状態ではまずいらしいので、バターはあらかじめ冷蔵庫から出しておきます。 
パッケージには 「15℃くらいになるまで」 と書かれていますがよくわかりませんので、今回は適当に10分くらい放置してみました。

11111511バターカッター

そして登場バターカッター! とうとうその切れ味を試すことが出来るのであります。

11111512開く

包み紙を開いて

11111513入刀

きちんと20等分されるよう、慎重にワイヤーをあてがいます。

11111514興味津々

息子どももなんでか興味津々で笑えます。 蛙の子は蛙か。

11111515グッ

位置を決めたら本体の脇をつかんでグーッと下ろしていきます。

11111516ググッ

ワイヤーに過度な負担をかけないよう焦らずゆっくりと。 本体がかなりガッシリとした作りなので力を込めやすくてよいです。

11111517下ろした

無事切り終わりましたがこれで終わりではありません。

11111518ケースをかぶせる

バターの上からケースをがばっとかぶせて

11111519ひっくり返して

包み紙を付けたまま全体をひっくり返します。
この状態で包み紙の上から指でチョンチョンと軽く押していくと

11111520収納

バターが観念してケース内へ降下。 行儀よく収まりました。

11111521フォークで分解

切り分けられたバターが微妙に溶けて再びくっつこうとするのをフォークなどでチョイチョイと突っついて切り離しておくと、あとで取り出す時にストレスがなくてよろしいかと。 ここまでやったら間髪入れず冷蔵庫へ放り込んでおきましょう。

11111522使用後

使い終わったバターカッター。 裏側にはこのようにワイヤーが張り巡らされています。 本体は韓国製ですがワイヤーの生産と組み立ては国内で行われているようです。

使用する上で注意すべきは

・固すぎるバターは切らないこと (ワイヤーが切れる危険性あり)
・食洗機では洗わないこと (理由は書いていないので不明)


この2点で、逆にこれらにさえ気をつければナイフでベタベタと難儀しながらバターを切り分けるストレスから解放されるという優れもの。 カッターをバターに押し込む時のニューッとした感触もなかなかに心地よく、これはオススメであります!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。