スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆくバルコニー

イペ材で組まれているため経年による白銀化 (退色して白っぽくなっていくこと) の運命から逃れられないわが家のバルコニー。 前回のレポートからはや4ヶ月以上が経過し、更にいい感じに色抜けしてきましたよー。

11111503上から

今朝撮影したデッキ部分。 昨晩の雨により若干濡れておりますが。

11111504拡大

寄ってみるとこんな具合。 柱の部分に比べ、床板の色の抜け方が顕著であることが見てとれます。 床板のほうが日光や雨の影響をモロに受けるためではないかと推測。

11111505手すり

手すりの上面も同様に白銀化が進行しており、ほぼグレーになっております。

11111506支柱

地面から伸びる支柱の色もかなり退色してきました。
画像に写っている面は東と南に面しているので、日光の影響を顕著に受けているということなのでしょう。

11111502バルコニー

バルコニー全体図。 前回も申し上げたとおり退色して見た目が枯れてくるのも味のうちと理解しておりますが、建物本体のほうがまだまだ 「新築感」 を残しているのと比較すると若干チグハグな印象は否めませんね。
じゃあ外壁サイディングも汚れたほうがよいのかというとそういうわけでもないところが痛し痒しなのであって、このへんの経年によるナチュラルなヤレ感についてはレンガなどの自然素材には遠く及ばないところであります。

11111507フェンス

玄関スロープ脇のフェンスも、同じ南洋産アイアンウッドの一種であるウリン材を使用しております。

11111508横から

こちらのほうはもとの色がイペよりも濃かったためか白銀化がバルコニーほどには目立ちませんが、

11111509上から

上面を見るとやはり色が抜けてきていることが明らかです。


バルコニーとウッドフェンス。 これらアイアンウッド製構築物の白銀化が、わが家の外見上最も強く時間の経過を感じさせる部分となっているのは間違いないところですね。

入居からもうすぐ8ヶ月。 
わが家よこれからも末永くよろしく。 なのであります。


(白銀化レポートは続きます。 次は入居一周年ぐらいのタイミングにでも)

11111501朝日
本日の朝日。 バルコニーから見ることができます。 来年の初日の出は羽田沖まで出かけるのをやめてここで済ませようかな?


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。