スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3軒目があった!

最近すっかりオーセンティシティ (AUTHENTICITY) ソファの伝道師と化してしまっている感が無きにしもあらずの神楽嶽でございます (笑)
さて前回の記事にて 都内でオーセンティシティを取り扱う2軒目の店として 「ルームアート松井」 をご紹介したわけですが、このたび新たに3軒目の存在を確認しました。 探せばあるものですねー

AREA Tokyo。 青山にあるインテリアショップです。 この他大阪と茅ヶ崎にも支店があるとのこと。

11111201エリア東京

こちらでは、オーセンティシティの 「タイプB」 を取り扱っている旨がホームページで紹介されています。

11111112オーセンティシティタイプB

そういえばルームアート松井のほうではタイプBを取り扱っている気配がなかったのであって、そのあたり喧嘩にならないようにうまいこと住み分けているのかしらんなどと想像を逞しくしてしまったりもするのですが、ウッドフレームソファ萌え人間の私としては背面がファブリック張りのタイプBだけでは正直物足りない気もするところ。

などと思っていたら、背面ウッドフレームのモデルもしっかりラインナップされていましたよ。

11111110トリスタン

SERIES "OPERA" のソファ トリスタン (TRISTAN)と、

11111111イゾルデ

イゾルデ (ISOLDE)
マァなんて洒落たネーミングなのかしら?

ネーミングもさることながら、フレームデザインのほうもオーセンティシティとはまた違った意味でグッとくるものがあります。 とくにイゾルデ側面の幾何学的な感じは個人的に垂涎モノでありこれだけで御飯三杯はいけそうな勢い。 カッチョエエ。

で、実はこれらのデザイン、オーセンティシティと同様、ティーズ・モービレのチーフデザイナー 道畑拓美さんの作品なのだそうです。 一見オーセンティシティと似ていながらもテイストは確実に違えていると私のような素人にも感じさせるあたり、さすがにプロの仕事だなあと感心してしまいます。
生産地は 「金沢/神奈川」 とあるのでクッション部はティーズ・モービレ製と見て間違いないと思いますが、「神奈川」 とはどこのことなのでしょう?

11111113ベンチソファ

AREA Tokyo では他にももうひとつ、BENCH sofa というモデルも取り扱っており (デザイナーはHP上に記載がないので不明)、こちらの生産地も 「金沢/神奈川」 となっております。

ティーズ・モービレのクッションとコラボするウッドフレームを製作する神奈川の工房とはいったいどこなのか、非常に気になるところです。 今度青山に出掛ける機会があったら聞いてみたいと思います。


11111202カタログ
先日AREAにカタログを請求したら、カタログと共に納品実例と思しき写真もたくさん送って下さいました。 親切 (^^)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。