スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中のガーデニング 西洋芝オーバーシーディング経過 (3)

先日いっせいに芽吹いて大喜びした西洋芝、その後の生育もどうやら順調なようです。
針のように細くて柔らかい若葉の手触りはホワホワとして気持ちいいですねー。

11111101西洋芝

で、昨晩のことですが、突然のように 「追い蒔き」 実施を決意しました。

師匠Iさんがわが家にいらした際、追い蒔きをしたほうがよいと妻にアドバイス下さったらしいのですが、なんとなく面倒で一日延ばしにしていたのであります (ちなみに妻は自分では芝に手を出しません)。

11111102タネ

よく考えてみると種も半分以上残っていてもったいない。
最近ずいぶんと冷え込むようになって芝の蒔き時は完全に逸したように思えますが、このまま捨ててしまうよりダメモトでも蒔いてしまったほうがずっとマシですわな。

11111103追い蒔き

というわけで思い立ったが吉日。 暗い庭で手元も何も見えたものじゃありませんが無理矢理決行したのであります。
まずは種をバラバラと蒔いていきます。 若葉の少ないところを重点的に。

11111104蒔いた

蒔き終わった状態。

11111105目土

ここに、これも前回の余りの 「芝生の目土」 を被せます。 (被せているところの写真は撮り忘れました。 作業するのも写真撮るのも一人でやっておりますのでたいへんです)

11111106土入れ終了

目土を被せ終わったら、

11111107板井1号

懐かしや 「板井1号」 の登場です。 こんなモノまだ捨てずに取っておくあたりが実に貧乏性。

11111108梳き込む

目土をすき込みます。 まだまだ使えるぜ板井1号。

11111109完了

こうしてあっという間に作業完了であります。 所要時間15分くらい。
本来であれば最後に水やりが必要ですが、既にポツポツ降り始めていたので雨に任せることにしました。 目論見どおり (?) 本日はずっと雨模様であります。

11111110全貌

全貌はこんな感じ。
それにしても手前側の高麗芝はすっかり冬枯れしてしまいましたねー  西洋芝の鮮やかな緑とものすごい対比をなしております。 来春ちゃんと復活するのかな?

そんなわけで今回は西洋芝の 「オーバー・オーバーシーディング」 の様子をご紹介しました。
これからますます冷え込んでいく中できちんと芽吹いてくれるのか、乞うご期待!

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。