スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントは怖いソファメンテナンスキット

前回からの続きです)

ソファの搬入設置終了後、店次長さんと一緒に来られた土井家具センターの方 (以前広島の土井木工で塗装の担当をされていたそうです) より、木製フレーム部のメンテに関するレクチャーをいただきました。
例の 「特別サービス」 でおまけしていただいたメンテナンスキットを使用するわけですが、その手順は、

・オイルが付着するとたいへんなので、クッションは全て外しておく
・傷がある場合はサンドペーパー (200番と400番が同梱) で軽く磨く
・オイルの瓶は使用前によく振っておく
・オイルを布に適宜取り、木部に塗り込む
・塗り込む際は、小さく円を描くようにすると木の導管まで浸透しやすい
・塗り終えたら最後に布をスッと滑らせて余ったオイルを拭き取る


おおむねこのような感じです。

11103105メンテナンスキッド

メンテナンスの頻度は 「とりあえず1年くらい経ってから」。 ちなみにフレーム全体に塗布すると、70cc入りのオイル瓶が空になるかもしれないそうです。
キットは2瓶入りですので、今後3年間はこれで用が足りるというわけですね。 ありがたいことです。

ところで、このオイルはドイツの 「リボス社」 製でした。 私でも名前を聞いたことがあるくらいですから、木材用の自然塗料ではかなり有名な会社だと思います。 ちなみに製品名は 「ビボス」。 リボスのビボス。 ややこしい (笑)

11103106メンテナンスオイル


最後に 「これだけは絶対に覚えておいて下さい」 との前置き付きで、大切な注意点を教えていただきました。

オイル塗布用に使用した布は絶対にそのまま放置してはいけない。 発火の危険性がある。

とのことであります。

そんなに高い確率でバンバン火がつくわけではないので怖がる必要はないが、リスクは存在する と (ある個人ブログでは発火寸前の危機を経験したというコワイ話も紹介されていました)。
ネットで調べてみましたところ、オイル原料のアマニ油を含んだウエスが光や酸素を吸収して酸化作用が促進され、発火する危険がある とのことです (なお製品そのものが自然発火する危険はないそうです。 そりゃそうですわな)。

対処策として、公式的には 「使い終わった布は金属製の密閉容器に保管」 とか 「水に浸して廃棄」 とか、少しばかりリアリティに欠ける方法が推奨されているようですが、今回のご説明では、布を2~3回しっかりと水洗いすれば大丈夫 とのことでした。

加齢による健忘が容赦なく進行する中、1年後のメンテナンス時まで覚えていられるか心配ですが、メンテキットの取扱説明書にきちんと記載されているので大丈夫なのであります。

11103107トリセツ

取扱説明書といえば、誤字をひとつ発見しましたよ。
11103108メンテキッド


メンテナンスキッド

歌もたーのしーやー♪

それは東京キッド

なかなかオチャメな誤字で楽しい気もしますが、メンテナンスキットもせっかくクールなパッケージングでAUTHENTICITYの高級イメージを醸し出しているのだから、これではやはり画竜点睛を欠くというものです。
土井家具の方々は当ブログもご覧下さっているとおっしゃっていましたので (それをお聞きした時は冷や汗かいたんですけど)、もし続けてこの記事も閲覧いただけているようでしたら、是非修正したほうがよろしいかと、老婆心ながら思う次第であります。

みぎーのポッケにゃ夢ーがあるぅ ひーだりのポッケにゃチューインガム♪


(ソファ受け入れの話は、まだ続きます

11110101くつろぐ
ソファ到着30分後に思いっきりくつろぐ次男坊。 適応早すぎだろ!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
リボス愛用者です。


ドイツ語がそうなのかはわかりませんが、リボス社の商品は、やたら「○○ボス」
やら「○○ドス」やらが多い気がします。
ウチにはアルドボスとグラノスが常備されています。くちびる噛みそう。


グラノスはワックスなのですが、無垢のフローリングのメンテナンスに良いです。
すごく手軽で、さらさらの足触りになりますよ。

ちむどん様

リボス・ビボス・アルドボス・グラノス・メルドス・クノス・スバロス…
ポケモン言えるかな? の世界ですねもはや。

そのうち無垢フローリングのメンテも考えなければと思っていたので、よい製品を紹介していただけて嬉しいです。ありがとうございます。

ところでT社の件は驚きました。偶然とはいえこんなことってあるんだなあ…という感じで、何故だか嬉しいです。感想などまた聞かせて下さいね。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。