スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロゼットの折り戸が… 住んでわかった反省スペシャル(その6)

日々是反省。
反省なくして進歩なし。
反省だけならサルでも出来る。

というわけで当ブログの隠れた人気 (?) シリーズ、今回はウォークスルークローゼットの折り戸について反省してみたいと思います。

わが家の2階にはウォークスルークローゼット (以下WTCと略します) を設けており、そこに家族全員分の衣服を収納しております。 ウォークスルーですので出入り口が2箇所ありますが、そのうちダイニング側のドアには折り戸 (ダイケン RⅢシリーズ モダンスタイル クローク収納X10) を採用しました。

11093010WTC扉

ここに折り戸を選んだのはスペース上の制約から。 すぐ脇に食器棚があるなど空間にあまり余裕がないため、開いた時でもコンパクトに収まる折り戸を採用したわけです。

11093011WTC扉を開く
開くとこんな感じ。 右の食器棚を隠してしまうこともぶつかることもなく、事前に想定した通りの使い勝手には大いに満足しておりますが、裏側に問題が…

11093012ウラ側
WTCの内側から見た図。
折り戸裏側の仕上げがダサすぎだよ!

いかにも収納用でございます! という実用一点張りのオーラを漂わせており、蝶番や金具類はむき出し、中央部はなんだかよくわからない薄汚いグレーで彩られております。
扉をひょいと開けて中のものを取り出す というような通常の収納ならば、扉の裏側に目が行くこともないのでこの仕様で十分であると思われます。 しかしながら、ある程度の面積があって内部に入って歩き回ることを想定しているWTCのような収納スペースの場合、内側から扉の開閉操作をするたびにこのネズミ色の安っぽい姿が嫌でも目に入ってくるというのは少々キツイ (もう慣れちゃいましたけど)。

建具類はカタログだけを見て選んだので、まさか折り戸裏側のデザインがこんなことになっているとは知りませんでした。 うーむ。

11093013押す

おまけに裏側には取っ手の類が一切付いていない (つまり裏側から開閉操作を行なうことを始めから想定していない製品であるということです) ので、開ける時にはこうやって手を添えてグイと押し出さなければなりません。
そこらじゅうの観光地にある 「特定の部位を触るとご利益のあるという有り難い銅像」 みたいに、そのうち手の当たる場所だけ塗装がハゲたりしないか心配であります。

この扉の見ばえをDIYで解決する腕はありませんので放っておくよりほかありませんが、開閉のための取っ手くらいはそのうち自分で取り付けたいと考えております。

そんなわけで、ウォークインタイプのクローゼットに折り戸を採用する場合は、裏側のデザインにも十分気をつけるようにしましょう。 例えば同じダイケンでも居室用の折り戸ドアがきちんとラインナップされており、こちらなら裏側のデザインも表と同様、取っ手も当然両側に付いておりますので。 (というかこっちを選んどけばよかったよトホホ…)

建具選びも綿密に!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。