スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓦チップの敷き方

前回からの続きです)

まあ瓦チップの敷き方と申しましても以前ご紹介した砂利の場合と寸分たがわないのでありまして、

11092412雑草
雑草などがある場合は根こそぎ引っこ抜き (根が残っていると防草シートを突き破って伸びてくる危険性があるので)、

11092405施工前
できるだけ平たく整地して表面の小石などを取り除き (小石は防草シートに穴をあける危険性があるので)、

11092406防草シート
適当な大きさにカットした防草シートを敷いて端をシートピンで固定し、

11092407瓦チップ施工完了
瓦チップの袋を開けてザーと撒き、スコップやら手やら足やらを使って適当に平たく均せば作業完了です。

手間と時間を最も要するのが最初の雑草処理で、それ以降の作業は大したことありません。 絶対に雑草が突き抜けないことを謳う (高価な) 強力防草シートも世の中には存在するようですので、それを使って雑草処理の手間を省くというのも一考の余地ありかと。 私は貧乏で猜疑心が強いのでひたすら雑草退治の道を選びますけど。

11092410ハリガネ
ところで今回使用した瓦チップの袋には、金のエンゼル・銀のエンゼルよりは間違いなく高い確率で (というかほとんどもれなく) このような↑針金の切れ端が混入していました。 面倒なので確認していませんが、袋のどこかに小さな文字で製造工程上の都合によりとかなんとかの言い訳とともに異物混入のおそれがある旨の注意書きが記載されているはずです。 以前別のネット通販のレンガチップのページでも同様の注記を目にした記憶がありますので、レンガチップ、瓦チップの類ではそこそこ一般的な事象なのではないかと思われます。

11092408均す
私はツラの皮と同じくらい手の皮も厚いので素手で均し作業を行なってしまいましたが、一般的にはやはり軍手などを着用してから作業するのがよろしいのではないかと。 ともかく針金クズにはくれぐれも気をつけて下さい。

11092409カラフル
瓦チップは出自が瓦であるだけに、実はこのようにカラフルです。 瓦の表面の塗りの部分の色が出ているわけで、よく似た製品であるレンガチップには見られない特徴であると言えるでしょう。 好み次第ではありますが、私は茶色一色よりもこちらのほうが変化があってよいと感じています。 光沢があるため日の光が反射するとキラキラ輝いたりしてなかなか味わいがありますよ。

11092411全景
そんなわけで作業完了後の全体図。 以前の土や雑草が露出した状態と比較すると格段にスッキリして気持ちよいのですが、これだけ広い範囲に敷いてしまうと少々単調でつまらないような気もします。

実は今回は少々目算が甘かったようで瓦チップがかなり余ったため、もともと予定していなかった真ん中の長方形の部分も取りあえずチップ敷きとしてみたのですが、この部分はやはりいずれは当初予定どおり芝を張るのがきれいではなかろうかと考えているところです。 もっとも植えるのは高麗芝なので半年先の話なんですけど。

外構は長期戦ですね。 気長に頑張ります。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。