スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めちゃめちゃ気に入ったソファを諦めねばならない理由

前回のあらすじ)
五反田のインテリアギャラリーipponにてヴィンテージ物のソファ 「ボルス」 との運命的な出会いを果たした神楽嶽。 刻み込まれた歴史の味わいと新品同様の使い心地を併せ持つソファの登場にすっかりテンションアゲアゲ状態の彼の前に立ちふさがった思わぬ壁とは一体何だったのか?


…やっぱり家具というものは単独ではなくあくまでもインテリアの一部として全体のバランスの中で存在すべきものなんですね。

まずはわが家のリビングダイニングをご覧いただきたいのですが、

11091501リビング
こちらがリビング側。 ソファが置かれることになるスペースです。

11091502ダイニング
いっぽう反対側のダイニングはこんな感じ。

両者の木部を比較しますと、リビングのほうが全体に淡く明るめの色合いであるのに対し、ダイニング側はダイニングセットとキッチンカウンターの濃いブラウンが際立っているのがおわかりいただけるかと思います。
綿密な計算の上でこうなったかというと必ずしもそういうわけではないのですが、折角なのでこのコントラストはできる限り維持したいと考えているわけです。 まあ自己満足っちゃ自己満足ですけど。

で、ipponに展示されていたボルス (BOLS) の木部の色合いはと言いますと、けっこうな色黒さんです。
使用されているのはおそらくナラ材。 最初はもっと薄い色であったのが、長年の月日によりここまで深い色に変化したのですね。 この幾星霜を経た感じは私の気に入っている点のひとつではあるのですが…

11091504ボルやん

私が何を言いたいのか、もうお察しいただけるかと思います。

そう、このボルスをわが家の白っぽいリビングスペースに置いてしまうと、木部の色が濃すぎて浮いてしまう危険性が非常に高いのです。
これから10年、20年と時が経てば、周りの部分の色も深まって違和感も軽減されていくのかもしれませんが、それもまたなんとも気の長い話。
もちろん 「濃色ブラウンゾーン」 であるダイニングサイドにソファを置くことのできるスペースなど残っていようはずもございません。

うーん実に残念だ。

ちなみにわが家のピアノ室であれば、床も含めた木部全体のダークな色合いに思いっきりマッチすること間違いナシなのですが、われわれが今探しているのはあくまでもリビング用のソファ。
いっぺんにソファ2台を購入する経済的余裕がないことももちろんですが、こういった大物はじっくり吟味した上でひとつひとつ揃えていきたいという思いもあるのです。

11091503ピアノ室
ピアノ室。 ウンここだったら絶対に合うわ。

そんなわけでヴィンテージのボルス、今回は潔く諦めることにしたのでした。
個人的にはすごい掘り出し物だと思いますので、ご興味のある方は是非一度五反田へ足を運んでみて下さい (宣伝じゃないですよー  というか私以外の誰かに買われてしまったらホントは悲しい)。

さて実はこのあと別の場所でもう一度カンディハウスのソファに出会ってまたもやコシヒカリもとい一目惚れ (っしょーもな) することになるのですが、その話はまたいずれ。 際限なくダラダラと続いているように見えるソファ話もそろそろ終局が見えてきておりますので、もうしばらくの間お付き合い下さいませ。

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。


ソファ探訪シリーズは、もはや連ドラのような様相ですね。
ただし昼ドラです。

そろそろ、その旅もクライマックスに近づきつつあるというので、
とても楽しみです。
どんなソファが神楽嶽さんのお家に迎えられるのでしょうか?


ところで、もしコンランショップに消しゴムが売っていたとしても、
3000円くらいしそうですよね。

No title

お久しぶりです
今回のソファ、とても良いお品だと思います
個人的には写真からではいまひとつ「浮いてしまう」感覚が伝わらず
このままいっちゃっていんじゃない!?な気がしますが、トータルカラーから受けるものは大事ですよね 
私が買っちゃおうかなー笑
もう一つの出会いも楽しみにしています

ちむどん様

コメントありがとうございます。

昼ドラ。(笑)
確かにベタでくどい展開ですもんねー

クライマックスは近いというものの最終的にどれを選ぶことになるのかは自分達にもまだわかりませんので、これからの過程を楽しみたいと思っています。 最終決定まで逐一(くどくベタに)お伝えするつもりですので、お楽しみに!

1個3000円の消しゴムは怖いけどもし存在するなら見てみたいかもです。

ひびき様

おおっ ひびきさん! ご無沙汰しております。 お元気でしたか?

ソファのコーディネートの件、おっしゃるとおり思い切って行ってしまってもOKかもしれないとも思っています。 でもひとたび気になってしまうとなかなか踏み越えることが出来なくなってしまうんですよね。素人のしょうもないコダワリと自覚してはいるのですが。

いっそのことお買い上げいただけると私も諦めがつきますので是非どうぞ(笑)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。