スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクラカタログ有料500円 (保証ナシ)

フクラの話の続きですが、まずはちょっと変わってるなと思った点について。

ソファ検討のためにショップに出向くと、必ずカタログをもらって帰るようにしています。
Webカタログも便利ですが、基本アナログ人間のわたくしとしてはやはり紙のカタログのほうが性に合っておりますので。 寝転がって眺めたりすることもできますしね (いまどきだと流行りのタブレット端末でこれをやる人も増えているのかもしれませんが端末重くないっすか?)。

そんなわけでフクラショールームでも当然のように 「カタログ下さいな」 とお願いしたのですが、
「簡単なものは無料で差し上げますが、詳しい内容のものは500円となります」 との返答が。

ごひゃくえん?
マジっすか?

例えばボーコンセプトのカタログなどにも価格が表示されていたりしますが実際にはバンバン無料で配っているわけで (このようなケースは他でも見られ、確か税金か何かの関係であえて値段を表示しているという話をどこかで聞いた気がしますが忘れました)、正真正銘カタログが有料というのは初めてでちょっと驚きです。

まあ、目当てのモデルを指定すればそのモデルのサイズパターンや価格などの詳細情報が表示されたアウトプットをいただけますので問題はないのですが、そんな手間をかけるくらいならはじめから詳細版カタログに一本化して無料で配ってしまったほうが逆に効率的なのではなかろうかと考えたりもします。 少なくともショールームの現場の人はそう思っているんじゃないかなあ。

11090801日本フクラ

変わっていると思った2点目は、保証について。
ノイエスの保証 (3年、5年、10年) のことが頭にありましたのでフクラのソファはどうなのかお聞きしたらば、
保証は行なっておりません」 (キッパリ)

これまたマジっすか?

理由をうかがうと、

・背や座面のクッションは経年で必ずヘタるものなので、保証はできない。
 (他社の保証もクッション部分は対象にしていない)
・一方、ソファの本体部分は木でしっかりと作ってあるので普通に使用していれば壊れる心配はない。
・壊れる心配はないので保証は付ける必要がない。


おおむねこのような理屈のようであります。

言わんとするところは理解できなくもないのですが、壊れない自信があるなら四の五の言わずに保証を付ければいいじゃんとツッコミを入れてみたくなります。
とはいえ先日出向いたアルフレックスなどでも10年保証を付けているのはほんの一部のモデルに限られていたりするようなので、ソファ業界における長期保証は必ずしも一般的なものではないのかもしれませんね。 IKEAなんかはバンバンやっているようですけど。

以上、ちょっとばかりエキセントリックに見える部分もありますが、いずれもあるポリシーに基づいているように見えますのであえて深追いはしないことにしましょう。

11090803日本フクラ

さて肝心のソファについてですが、フクラのソファは座ってみるといずれも安心感があります。
モデルによって座り心地の味付けに違いはありますが、どれを取ってみても 「しっかり作っている」 という印象を抱かせるのは、さすが老舗のソファメーカーと感心しました。

その 「しっかり感・安心感」 と呼応するかのように、デザイン面では総じてどっしりと重厚なモデルが多くを占めているようです。

11090802日本フクラ

その重々しいデザインが果たしてわが家のリビングにマッチするのか、多少不安ではありますが、一度買ったら長く使うソファだけに、「買って間違いなし」 という安心感は非常に重要なポイントであると思われますので、購入候補に入れた上で検討を進めたいと思います。

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。