スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーコンセプトのソファに手を出せない理由

8月27日、南青山のNOYESショールームにてソファの吟味を終えたわれわれは、もう少し時間があるからついでに他の店ものぞいてみるべと、すぐ近くにあるボーコンセプト (BoConcept) のショップに突撃を敢行したのであった。

11090601ボーコン
場所は青山墓地のすぐ近く。

わが国では 「ボーコン」 の愛称で親しまれているらしい (ホンマかいな?) ボーコンセプト。
六本木ヒルズ店のHPによりますと、
「Bo」はデンマーク語で「暮らし」の意味で、
住まいをそのコンセプトから提案し、デザイン性、機能性を備えたモダンインテリアや雑貨を世界45カ国へ発信するデンマークのインテリアブランド
なのだそうです。 ワールドワイドだねっ!

南青山のショップはまあなんというか白を基調にしたまことにオサレな雰囲気でございまして、私みたいな田舎モンはすっかり浮き足立ってしまいます。
おまけに 「いらっしゃいませっ。 何をお探しですかっ?」 と、カツカツとヒールの足音も高らかに近づいてくるスタッフのオネエサンがまた実に精力的で肉食なイメージで下手すると捕食されそうで怖い。 なんか黒い服着てるし (←言うまでもなく100%偏見です。 一所懸命仕事していてエライと思います)。

それはともかくわれわれの目的はソファ。
展示されているいくつかに腰掛けてみましたが、いずれも

でけえ。

11090602でかい

ワールドワイドなブランドだけに、サイズのほうもワールドワイド仕様になっているようでございます。
われわれの身長はそれぞれ 168センチ/150センチ。 アジア仕様のチビ夫婦ときておりますので、

埋まります。

そんなわけでボーコンセプトのソファ、品質だの座り心地だの生産国だのを云々する前に、サイズ問題によってわれわれの購入候補リストから脱落と相成りました。


さてソファ以外にもいろいろな家具やインテリアグッズが展示されていましたのでブラブラと眺め歩いておりましたところ、パウル・クレーの絵を思わせるマルチカラーのpixelラグが目にとまり、

11090603ラグ

これはものすごくいいね!と 夫婦で盛り上がってしまいましたが、値札を見ると 112,800円 と書いてある。

たけえ。

「いいと思ったモノは決まって高い」 という経験則には有無を言わせないものがありますね。

ソファにはラグが付き物であると妻が主張しておりますので、これからラグも探していかねばなと覚悟した次第であります。 とはいえマルチタスク人間ではないのでソファが決まってから ということになるでしょうけど。


11090604ボーコンカタログ
ところでボーコンセプトのカタログですが、パラパラ眺めているとどうもどこかで見たような気がします。
よくよく考えた末思い至ったのが、

11090605イケアカタログ
↑コレでした。
IKEAのカタログであります。

「北欧発祥で世界中に展開しているインテリアショップ」 という共通性が、カタログの体裁にも現れている ということでしょうか?
眺める分にはきれいで楽しくていいのだけれど、妙にアトランダムであるため目的のジャンルや品物がある場合に探しづらいのが珠に傷 というところもよく似ていたりして。

つづく

11090606カタログ


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。