スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計台DIY

ヘッポコDIYネタが続きますよ。


3年前の夏、六本木ヒルズの高級雑貨店にて92%引きで手に入れたTivoli Audio デュアルアラームスピーカー

16072801時計

寝室の畳の上を定位置に目ざまし時計として愛用してきたのですが、最近になって突然妻から撤去命令が下されました。
理由は「掃除する時に邪魔なのよ」。

…………。

逆らうとこわいので一も二もなく従うわけですが、かといって気に入って使っている物を仕舞い込んでしまうのは惜しい。というわけで次の置場を検討した結果、「1階の洗面所」が浮上しました。

 生理的欲求のため夜中に目が覚める(もうトシ)
    ↓
 朝まであとどれだけ寝られるのか確認したい
    ↓
 でも眼鏡を掛けていないから部屋の時計は見えない
    ↓
 スマホの画面で時刻を確認するのも何となくイヤだ
    ↓
 洗面所に時計があればついでに確認できるのに

というきわめてピンポイントなニーズが以前から私にはあり、洗面所への時計設置は懸案の一つになっていたのです。

具体的な置き場所としてはミラーキャビネットの上がうってつけ(というかそこ以外にない)。

16072802ミラーキャビネット

なのですが、ひとつ問題が。

16072803コード

直置きすると背後から別売りのラジオ(Model Three Clock Radio)に接続するためのコードがはみ出してみっともないんですな。
将来にわたってModel Threeを入手する予定はない(というか既に販売中止)のでコードは切断しても実用上何ら支障はないのですが、小心者ゆえ踏ん切りがつきません。

熟考の結果、空洞の台を作りその内部にケーブルを逃がす という方法を思いつき、さっそく実行に移しました。

16072804完成

台の製作には、いつものように廃材(イケアの書棚BILLYの棚板の余ったやつ)を活用。

16072805スカスカ

ネジ頭の露出を避けるため、断面を45度に切断したパーツを接合するという高度な技にチャレンジしたものの、テクニックが圧倒的に不足しているため案の定コーナーに盛大なすき間をこしらえてしまいました。作り直す気力もないのでこのまま続行です。

16072806画鋲

キャビネット上への設置にあたっては、手が当たったくらいでは動かないよう固定しつつ、ネジなどによる壁面やキャビネットのダメージは極力避けたかったので、台にネジ止めしたアルミ金具を画鋲で壁面に固定するという方式を採用しました。

16072807ケーブル収納

台の内側にケーブルをたくし込んで

16072808パイルダーオン

パイルダーオン!

16072809完了

こんなんなりました。

16072810露出

キャビネットの扉を開けると板材の不細工な断面が露出しますが、ふだんは見えないので心配ないさぁー

16072811デザイン?

台両端のすき間も、しばらく眺めているうちにそういう意匠のように見えて…こないかやっぱり。

16072812これでいいのだ

とにかく、深夜の厠で「あと○時間寝られるのか。ホッ」という安心感(「あと○分しか寝れんのかい!」のガッカリパターンもあるけど)を得るという所期の目的は十分に達せられたのであります。これでいいのだ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。