IKEAのロールスクリーンの評価

前々回の記事で言及した玄関脇のマルチ土間スペースには、目隠し用にロールスクリーンを取り付けています。

16072401玄関

イケア港北にて買い求めDIYで設置しました。
商品名は「ISDANS ローラーブラインド」(80×160cm)、 当時の購入価格は1,290円。
(ちなみに「ISDANS」とはスウェーデン語でアイスダンスのことらしいです。)

設置レポート記事を「レビュー編へ続きます」の予告文で締め括ったままあっという間に2年以上の月日が過ぎ去ったわけですが、以下、開き直って長期使用レポートということにしてしまいます。それではどうぞ!


1.外観のおさらい

まずは現在の外観から。

↓玄関側より。
16072402表

↓土間スペース内側より。
16072403裏

高級感はありませんがみすぼらしいわけでもない、ごくごく普通の質感。わが家の壁紙に違和感なく溶け込んでいるところが気に入っています。かなり薄めの生地が使われており、遮光性はありません。

↓スクリーンを上げた状態。
16072404昇

昇降操作はプラスチック製の取っ手を持って行ないます。任意の場所で止めるとロックがかかり、その状態から少しだけ引き下げて離すとスルスルと巻き上がるという仕様(「スプリング式」というらしい)。ちなみに、ぶら下がっているト音記号の飾りは妻が100均で買ってきたものです。

16072405ト音記号


2.弱点

つづいてレビューにまいります。あえてウィークポイントの指摘から。

●仕様は値段なり

玄関で使用しているためか、下端部に黒い汚れが目立つようになってきています。

16072406汚れ

キッチンで使っている国内メーカー品のように取り外して洗濯できるとありがたいのですが、巻き取りパイプと生地が一体化した構造のため残念ながら不可能。

また、裁断面に特に加工がされていないためか、ほつれが目立ちます。

16072407ほつれ

実用に支障をきたすほどではありませんが、このあたりも低価格品として割り切った部分でしょうか。
生地の薄さも含め、あまりにもチープすぎるのでリピ不可!とするレビューも見られます(こちら)。ご参考まで。

●戻らない(笑)

スクリーンを巻き取りパイプが露出するまで引き下げると、通常の操作では巻き上げることができなくなってしまい、あせります。

16072408限界

その場合の対処法は、巻き取りパイプを手で直接握って回転させることでロックを解除するというきわめて原始的なもの。
限界まで引き下げないようにすれば回避可能とはいえ、毎回気を付けなければならないのは微妙にストレスがたまるのであり、できれば改善してほしい部分です。


3.長所

以上に述べた二つの弱点を抱えてはいますが、2年と5ヵ月のあいだ故障せずに使うことができています。安い割にはけっこう丈夫。それこそが、この製品の最大の美点だと思います。

以前国内大手メーカー品の設置を検討した時の価格は1万数千円であったと記憶しています。私が国内メーカー品のロールスクリーンに期待する耐用年数は20年程度ですが、10分の1の価格で2年以上使えたということは既に元は取ったと言ってよいのではないかと。これからどこまで寿命を延ばしてお得感を高めてくれるのか、とても楽しみです。

16072410現況


4.まとめ

というわけで、個人的にはたいへんお奨め♪
なのですが、残念ながらこの製品、(少なくとも日本では)既に販売が終了しているようです。
現在販売中のラインナップから仕様的に近いものを探してみたところ、「TUPPLUR」という製品が見つかりました。

16072409TUPPLUR.jpg

わが家のISDANSと同じ80cm幅の価格は1,799円と少し高くなりますが、遮光性能が追加されており、長さも160cmのISDANSと比べて195cmと余裕があります。ただ単に値上げするのではなくきっちりと付加価値を高めてくるあたり、あいかわらずニクいですな。

実は私も、ISDANSが壊れたら次はこれかなと、ひそかに狙いを定めていたりします。
おそるべしイケアスパイラル!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)