スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便転送サービス

以前の住まい(勤務先の社宅)で、郵便受けに名前を表示するのがなんとなく億劫で無名のまま放っておいたため、前入居者宛ての郵便物が配達されて対応に困る という事態が時折発生していました。

さっさと郵便受けに名札を入れてしまえば解決する話で、その意味では完全に自業自得。それはともかくとして、もし万が一、次の入居者が私と同じように郵便受けの名前表示を怠ったら、わが家の旧住所に宛てられた郵便物がそのまま配達されてしまうわけです。迷惑をかけて申し訳ないという気持ちもさることながら、どんな内容の郵便物にしろプライバシーの一端を垣間見られるような気がして居心地がよろしくないというのが正直なところ。

そのような理由から、転居後に郵便物の転送サービスに申し込みました。
このサービスの期間は1年ですが、再登録により延長が可能で、しかも再登録の回数制限は無し。すなわち、登録を繰り返すことにより何年でも何十年でも転送の恩恵に浴することができるわけです。

16072202申込用紙
転送の申込用紙(画像はお借りしました)。

で、現在のわが家の状況ですが、入居から5年以上が経過した今になっても旧住所宛ての郵便物が転送されてきます。

大半は付き合いの薄い知り合いからの年賀状(こちらの住所が変わったことを翌年の賀状で何回報せても一向に変えてくる気配ナシ)ですが、そのほか、いつ登録したのか全く思い出せないような企業からのダイレクトメールが届いたりすることも。こういった相手先に対しては住所変更の届け出かDMストップ要請のいずれかで対応するようにしているものの、またいつか別の相手からひょっこり届く可能性は否定できません。

前置き(というか言い訳)が長くなりましたが、こういった事情から、わが家は今でも転送サービスの登録を続けています。毎年、転居月である3月に再登録手続きを行なっていましたが、今年はうっかり失念してしまい、1週間ほど前に思い出して慌てて登録を済ませました。手続きの方法には申込用紙の窓口への提出とインターネット経由の2種類が用意されていて、郵便局に出向くのが面倒な私は「e転居」という名称のインターネット手続きを利用しています。

16072201e転居

それにつけても悔やまれてならないのは、5年前、忙しさにかまけて転居連絡葉書の作成をサボってしまったこと。「年内は転送サービスでつないでおいて、来年の賀状で連絡すれば十分だろう」という甘い見通しは、先述のとおり木端微塵に打ち砕かれました。

毎年の賀状で再三住所変更を伝えても気がついてもらえないような人間関係しか築けていないこと自体に根本的な問題があるのかもしれませんが(うっ何だか書いてて悲しくなってきた…)、転居の事実を相手に確実に伝える手段としては「シンプルに転居の事実だけを報せる連絡」、すなわち転居連絡葉書の発送がベストであるということを、今更ながら痛感している次第です。

以上、今後転居を控えていらっしゃる方の参考にしていただけると幸いです。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も毎年転送サービスを継続しているモノなのですが・・・

この記事を読むまで今年の手続きをすっかり忘れていたことを思い出しました。

1ヶ月以上期間が開いてしまいましたが、あわてて手続きしました。

気づかせていただき、ありがとうございました。

H様

おぉ! Hさんが転送長期継続派のお仲間だったとは、実に心強いです。

そうそう、年数が経つと再登録を忘れちゃうんですよね。
実は今回記事の執筆動機の8割以上は、今回の記憶を強化して次回の再登録を忘れないようにするためでしたが、Hさんの記憶を呼び覚ますのにお役に立てたのでしたらよかったです。

来年はお互い覚えているといいですね。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。