バークチップ問題についてコメリに問い合わせてみた

ウッドチップを「バークチップ」として販売している件について、当事者のコメリへ問い合わせてみました。
前の記事にも書いたとおり返品の意思はありませんが、今後別のお客さんが私と同じ地雷を踏むかもしれない状況を放置しておけないという老婆心ならぬ老爺心からであります。

以下、コメリからの回答を転載します。(名前と注文番号以外は原文のまま)


********************************************
神楽嶽 博士 さま

コメリ・ドットコムカスタマーセンターでございます。
お問合せをいただきまして、ありがとうございます。

ご注文番号:XXXXXXにて、ご注文いただきました「バークチップ50L」について、お伺いいたしました。

確認させていただきましたところ、商品仕様について、現状、明確な基準等がない為、弊社商品につきましては、お届けさせていただいた商品「バークチップ50L(商品コード:11527797) 価格(税込):1,480円」をバークチップという名称で販売させていただいているとのことでございます。

今回、神楽嶽様より貴重なご意見をいただきましたので、商品の改善に努めさせていただきます。

また、この度は商品掲載画面に、商品の中身の掲載がなく、ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございません。

現在、商品画像の掲載をご準備させていただいております。
近日中に商品画像を追加し、再掲載をさせていただきます。
掲載いたしましたら、再度ご案内をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご不明な点は、いつでも下記へお問い合わせください。
********************************************

(引用終わり)


要約すると、

・明確な基準がないので「バークチップ」と命名している。
・「貴重なご意見」にもとづき商品の改善に努める。
・近日中に商品画像を追加する。

ということですな。

「明確な基準がない」というのは、法令等によるガイドラインが存在しないという意味でしょうか。世の中に決まりが無いんだからどう名付けて販売しようとこっちの勝手でしょと開き直っているようにも見えます。基準の有無にかかわらず、「バークチップ」と「ウッドチップ」の画像検索結果を比べてみれば世の中のコンセンサスがどのようなものであるかは一目瞭然だと思うのですが。

いっぽうで、販売ページ上の商品画像追加はわれわれ消費者にとって歓迎すべき措置だと思います。商品名のバークチップからウッドチップへの変更はいろいろ面倒だからやらないけれど、Web上の写真掲載くらいだったら手間もカネもかからないからやってもいいよ ということかな?


ともかく、画像掲載後くださるという連絡を待つことにします。


(つづく)


14102201コメリ偽バーク


現時点での販売ページは虚偽誤解をもたらす表示のままなので、引き続きご注意くださいませ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)