スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメリのバークチップがバークチップではなかった件

前回からの続きです)


14101201あれ?

わが家に届いたコメリのバークチップなんですが、袋から透けて見える内容物にどうも違和感を覚えるのです。

開封し取り出してみると、

14101202バークチップ?

…何だこれ?


私の中のバークチップはこういう↓石コロっぽいイメージだったのですが。

14101204バークチップ
(画像はこちらよりお借りしました)


世の中でバークチップとして販売されている製品もおおむねこのような外観であり、コメリの物はむしろ「ウッドチップ」に近いように思えます。

バークチップとウッドチップの違いを調べてみると、

バークチップ: 樹皮を粉砕したもの
ウッドチップ: 木材自体を粉砕したもの  (出典1出典2


バークチップは木材の中でも樹皮(bark)のみを粉砕した製品ということになりますが、コメリの物は大半が木目入りの「材(樹木の中身)」の部分で構成されており、これにバークチップの名を冠して販売するのは商道徳上いささか問題があるような気がします。

14101203年輪
四角く薄い形状が基本であり、木目くっきり。どう見ても木の皮(バーク)ではありません。


なお、コメリでは別に「デコレーションバーク」という価格帯が高めの商品(50リットル 2,480円)も販売されており、こちらは「赤松樹皮装飾用」と記されていることから「本物の」バークチップであると推測されます(商品画像が掲載されていないため確定的なことは現物を確認しない限りわかりません)。購入検討時にこちらの存在に気付いていれば、われわれの入手した廉価品が「本物」ではない可能性に思い当たっていたかもしれませんが。


14101205バーク
コメリの「バークチップ」と「デコレーションバーク」。いずれも内容物がわかる画像は掲載されていません。



まあ、今回は見た目よりも保湿・保温等の機能を重視しての導入であり、他の店のウッドチップと比較して割高でもないため特に落胆しているわけではなく、このまま使うつもりです。しかしながら、もし皆様が一般的なバークチップを求めてコメリの廉価品に手を出すと私と同じ驚きを味わうことになりますのでご注意ください。


以上、前回記事でバークチップとしてお奨めみたいなことを書いてしまった責任があるため、取り急ぎ注意喚起させていただく次第です。


つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

こっ、これは・・・・

これをバークチップと命名するのは、かなり大胆ですねぇ。>コメリめ
私だったら平静を保てず、即時に焼き芋の燃料行きとしてしまっていたでしょうw
Webの画像も確信犯な気がしてしまいますねぇ。

まっしんはやぶさ様

私のような犠牲者を出さないようにするためコメリにクレーム入れた方がいいのかなあとも思っていますが自分は返品する気もないので面倒で(笑)

しかし焼き芋の燃料とは相変わらずうまいことおっしゃいますなあ。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。