北欧の犬と日本の鳥

13060208イケア犬3匹

子供部屋のイケアの犬尻フック「BÄSTIS」。

最初に挫折した個体に続き、残り2頭もこのほど戦線離脱を余儀なくされることとなりました。

14100221用済み


初回の反省を踏まえ比較的軽い手提げ類のみを掛けるようにしたため基部プラパーツの破損こそ免れたものの、今度は壁側のネジのほうが負担に耐え切れず、グラグラに緩んで使い物にならなくなってしまったのであります。

先日訪れたイケア港北で手に取ってみて気付いたのですが、現行のBÄSTISはネジを引っ掛ける溝が旧タイプ(=わが家で使っているバージョン)よりも深く刻まれており、基部パーツもより厚く丈夫そうなものに改良されています。おそらく破損等のトラブル回避を狙ってのことでしょう。

14100220犬比較2
右が現行の新しいタイプ。違いは一目瞭然であります。


とはいえ壁面に打ったネジの頭にプラ製ベースパーツを引っ掛けるという基本構造そのものに何ら変化はないため、BÄSTISの用途はごく軽量の小物を掛けるキーフックに限定するのが無難、というかわが家のようにバッグを掛けて使おうとするのはどう見ても無謀であることが明らかになったのであり、以上、人柱報告としてご参考いただければ幸いに存じます。


さて、わが家におけるもう一つのキーフック邪道利用と言えば、玄関脇多目的土間スペースに設置した鳥のくちばし型「Bird Hook」

14100222とり

指定耐荷重1kgのところ無理矢理除雪用スコップをぶら下げて半年以上が経過しましたが、現在のところ外れるような様子はなく、頑張って耐えております。

どうやら北欧の犬よりも日本のトリのほうがずっと根性があるようで。これぞまさしく大和魂?


14100201イケアブレッカ

BÄSTISの後釜としてイケア港北にてBLECKA(ブレッカ)という亜鉛フックを調達済みですが、こちらについてもいずれ機会があればご報告したいと思っています。


それにしてもわれながら尽きませんね~IKEAネタ…


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)