スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人情報はワンコイン

ベネッセホールディングスは顧客情報の漏洩を謝罪する手紙の送付をこのほど始めた。最大約3504万通を複数回に分けて送付し、10月末までに着くようにする。

(9月19日付 日本経済新聞 電子版より)


――約3,504万件。
単純計算で全国民の3割弱という凄まじい高確率なのであり、果たしてわが家もみごと当たりくじを引いてしまったのでした。

14092531ベネッセより重要なお知らせです

本件に関して先週送られてきたベネッセからのダイレクトメールは、

・漏洩項目は住所氏名、生年月日、メールアドレス等。
・クレジットカード情報の漏洩は確認されていない。

・情報漏洩被害者に対し、「お詫びの品」を用意する。
・お詫びの品は、500円分の金券。
・「選べる電子マネーギフト」か全国共通図書カードのいずれかより選択。
・選べる電子マネーギフトは、楽天Edy、Amazon、nanacoのいずれかより選択。
・図書カードは10月下旬以降配送。最長6ヵ月程度かかる場合がある。

・そのほか、もう一つのお詫びのあり方として、「財団法人 ベネッセこども基金」を設立する。
・「こども基金」の目的は、未来ある子どもたちへの支援や子どもたちが安心して学習に取り組める環境の確保等。
・お詫びの品を選ばず、500円をこども基金への寄付とすることも可能。

・お詫びの品の手続き期限は本年の12月15日。


こんな感じの内容。

あまりのツッコミどころ満載ぶりに危うく気を失いかけましたが何とか踏みとどまり「個人情報に関するお客様お問い合わせ窓口」(フリーダイヤル 0120-924721)へ問い合わせるも窓口の係員からは説明らしい説明を聞くことは出来ず後日改めて「お客様本部」の「担当スタッフ」と称する方とお話させていただく機会を得ました。

以下、主な質疑応答について備忘のため記録しておきます。

【手続の締切が早すぎでは?】
神楽嶽: DMの最終発送が10月末日で、お詫びの品の手続締切が12月15日。1ヶ月半は短すぎると思うのですが?
スタッフ: お客様に確実に対応させていただくため期限を設けさせていただきました。

神: 期限を設定することで返答を促したいという意味だと理解しますが、その期間が1ヶ月半というのは短すぎでは?
ス: 「選べる電子マネーギフト」を取り扱う会社様との取り決めもあり、12月15日とさせていただきました。

神: 全く意味が理解できませんがそれはともかくとして、12月15日という期限設定は適正だと考えていますか?
ス: そのように考えております。


【締切までに選ばなかったらどうなるの?】
神: 被害者が期限までに意思表示しない場合はどうなるのですか?
ス: 自動的に「こども基金」への寄付とさせていただきます。

神: そのことは先日いただいたダイレクトメールには記載されていますか?
ス: 記載されておりません。

神: 個人的感覚としては当然記載すべきではないかと思いますが、記載しなかった特別な理由があるのですか?
ス: そのご質問に対しては、「12月15日に期限を設定したから」というご回答になります。

神: ??? まったく意味が理解できませんが?
ス: 申し訳ございませんがこれ以上のご回答は致しかねます。


【情報漏洩の被害者だけからしか寄付を受け付けない基金っていったい何なの?】
神: 情報漏洩と基金設立の因果関係がよくわからないのですが?
ス: お客様からの貴重なご意見として承ります。

神: 今回の情報漏洩被害者ではない人も「こども基金」への寄付はできるんですか?
ス: できません。

神: 情報漏洩被害者が501円以上寄付することはできるんですか?
ス: できません。

神: そうすると、基金が寄付として受け付けるのは「情報漏洩被害者からの500円」のみに限定されるということですね?
ス: そのとおりです。

神: 世の中でそんな歪んだ形の教育基金なんて他に聞いたことがありませんが?
ス: お客様からの貴重なご意見として承ります。

神: 基金が情報漏洩被害補償の損失あるいはキャッシュアウトを圧縮するための装置に見えて仕方ないのですが?
ス: お客様からの貴重なご意見として承ります。


【図書カード遅すぎるんじゃ?】
神: 図書カードを選択した場合、配送に6ヵ月以上もかかる理由は何なのでしょう?
ス: そのご質問にはご回答致しかねます。



……………。

ぼくは、ベネッセってつくづくすごい会社だなあと、おもいました。



以下、「こども基金」に関する個人的感想。

今回設立された「財団法人 ベネッセこども基金」は、大きく捉えればベネッセという企業集団を構成する要素のひとつとなります。その活動趣旨に賛同して主体的に寄付の道を選ぶ人達を揶揄する意図は全くありませんが、その寄付行為が本来情報漏洩被害補償金として支払われるべきものがベネッセグループの中にとどまる(あるいは還流する)結果をもたらすことには留意が必要であると考えます。

手元の500円を何か社会のために役立てたいと思い立ったとして、その対象がベネッセがお手盛りで急ごしらえした「こども基金」でよいのか? 自分が寄付するのにふさわしい団体なり機関なりは、もっと他にあるのではないのか?

一旦立ち止まってじっくり考えてみてからでも遅くはないのかなと。(※ただし今年の12月15日まで)



過ちを犯した輩が本来その代償として果たすべき責任から逃れようとするのを見過ごしておけない狭量なわたくしめと致しましては、わが家の分の500円についてはベネッセにきっちり身銭を切っていただく所存です。そのうえで、せっかくの機会ですからどこか「こども基金」以外の機関への寄付を検討しようと考えています。
こうして社会貢献のための寄付行為について考えを深めるきっかけを作ったことは、今回のベネッセの手柄と言えるかもしれませんね。

やれやれ。


14092532わるいことをしたときはきちんとあやまろうね
わるいことをしたときはきちんとあやまろうね。



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

H:「お客様からの貴重なご意見として承った」内容は、今後どのように御社内で扱われますか?
ス:そのご質問にはご回答致しかねます。

となるのでしょうねぇ。

これがクレーム対応のマニュアルに則ったつもりならば、大きな勘違いですね。

別に悪いと思ってないけど、社会へのポーズとして形ばかりはなんとか整えた、というのが良くわかります。

H様

あはは。マジでそういう回答になりそうです。

突っ込んで質問しても同じ答えを繰り返すばかりで、完全にマニュアルに従っていることがありありと感じられました。

直接の責任者ではない複数の人間が対応する以上マニュアルは必要であると思いますが、そこに書かれてある内容がオソマツなものではどうしようもないですね。

今回話を聞いた人も正社員ではないようで、大した責任もないのに矢面に立たされて気の毒だなと感じました。

気付かなかった

こんにちは。
ウチにも届きましたが、こんな直近の期限つきとは全く気付いてませんでした。
いやぁ早速のツッコミ流石です。
感嘆しました。
なるべく金払いたくないというこの姿勢は更なる炎上を予想させますね。
ウチの娘はまだ現役で5年目の小3ですが継続を考えちゃいますね〜。
つい先日4万位で更新したのですが辞めときゃよかったかも。

KawasakiTaiyo様

おはようございます。

いくら何でも今年の12月はないですよね。
ネット上ではかなり炎上しているようですが、どうせ何をやっても炎上するんだと開き直って押し切ってしまうのでしょう。

うちの息子も現役です(^^;
それなりに慣れ親しんでいる様子なので、簡単に切れないのがつらいところです。
そのあたりも見越した上で強行しているのだろうと思うと更に腹が立つ(笑)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。