多灯分散照明の実例

14090803日経

先週末の日経土曜版(NIKKEIプラス1)で、照明に関する特集が組まれていました。

14090804多灯分散

内容は室内照明の「多灯分散」の特長を紹介したもの。
用途やシチュエーションに合わせて複数の照明器具を切り替える方法のことをそう呼ぶのだそうです。

そういえばわが家でもリビングとダイニングの照明を多灯仕様にしているのであり、この機会に光源を切り替えてそれぞれの様子を撮影してみました。

まずはリビングから。

14090802リビング

上から、天井付のスポットライト(100Wクラス蛍光灯×2)、壁面ブラケット(100Wクラス蛍光灯×2)、全般照明用ペンダント(200Wクラス蛍光灯×2)、フル点灯。
日常生活では3番目のペンダントのみを灯すパターンが大半ですが、ソファに転がってくつろいだり映画を観たりする時などは補助照明に切り替えて雰囲気を楽しんでいます。なおミサイル全弾発射みたいなフル点灯モードはこうしてブログ用の写真を取る時くらいしか発動させません。


続いてダイニング。

14090801ダイニング

上から、壁際ダウンライト(60WクラスLED×2)、テーブル上集中ダウンライト(60WクラスLED×4)、全般照明用ダウンライト(100Wクラス蛍光灯×4)、最後がフル点灯モード。

こちらでは2番目のテーブル上集中灯のパターンが最も多く、明るさが物足りないと感じた時などに3番目の全般灯を併用したり、あるいはダイニング全体を柔らかく照らしたい場合は全般灯のみ灯したりしています。
書きながら思い出しましたが、いちばん上の壁際ダウンライトは最初にわれわれが立案した照明計画には存在しておらず、建築中に設計上の不手際をカバーするためやむなく追加されたものです。この2灯だけを灯してサイドボード(の上の仮面ライダーとか)を照らしてみるのもなかなかオーズ乙なものなのであり、これも怪我の功名と言えるでしょうか。


冒頭でご紹介した日経の記事には「欧米では多灯分散が主流」「日本の照明の省エネは進んでいるが欧米に比べればまだ10倍は明るい」といった脱亜入欧式の文言が並んでいましたが、べつになんでもかんでも外国のモノマネをすればよいとはまったく思いません。電力バカ喰いの白熱電球で多灯分散を気取るより、LEDシーリングの一室一灯で室内中を常時明るく照らしているほうが眼にも環境にもよっぽど優しいじゃないか とか。

ただ、(上記のような盲目的欧米万歳思想とは一切無関係に)多灯式には多灯式なりの「遊べる」面白さや楽しさがあることはこの家で3年半暮らして実感しています。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。


疑問が2つ。

①ダイニングの方の写真の3連のペンダントライトは
どこ用の照明で、いつ点灯するんですか?
きっと、ずっと以前の記事にあったのでしょうけど、忘れちゃいましたぁ☆(てへぺろ)

②何で乙をオーズって言ったのですか?
なぜそんなにオーズネタをひっぱるのですか?
そんなにオーズが好きなのですか?

以上2点簡潔にお答え下さい。

ちむどんはウィザード派様

こんにちは。
はじめまして(^^)

①ダイニングの3連ペンダント、画像では切れていますがその下にキッチンのアイランドカウンターがあるのです。アイランドカウンターでの調理作業用の照明です。(なお、過去記事を探してみましたがこの照明とアイランドカウンターが一緒に紹介されている記事は見つかりませんでした。これもWeb内覧会をサボっているせいです)

②単なる言い間違いです。というのはウソで、昔からコメントを下さっているちむどんさんというお友達が仮面ライダーネタがお好きなので、その方のために無理矢理ボケてみた次第です。ちなみにオーズとその次のフォーゼまでは息子と一緒に熱中していました。

以上です。
今後ともよろしくお願いいたします(ぷっ)

No title

おはようございます。
ご回答ありがとうございました。
なんと、ちむどんさんとお友達でしたか。
偶然ですね。私もです。いやぁ世間は狭いなぁ。


アイランドカウンター上の照明だったんですね。これもまた素敵です。
そういえば「神楽嶽さんのWeb内覧会はなかなか進まない」と
ちむどんさんがぼやいていましたよ。
「やったとしても、和室とかソファーばっかり」とも。


あと、ちむどんさん家でも仮面ライダーはそろそろ過去の物になりつつ
あるそうなので、次は妖怪ウォッチのダジャレを使って欲しいそうです。

ちむどんは(以下略)様

@大阪です。

そうですかちむどんさんとお友達でしたか …ってまどろっこしいのでもうやめます! 自分から始めといてすみません。

Web内覧会は和室だけじゃなくロフトもやりましたよ。恐ろしいほどの反響の無さでしたが。年内に一箇所くらいやりたいのですが気力が湧きません。たぶん基本的に「おうち紹介」が苦手だからでしょう。ソファ紹介は得意なのに何なんですかね。

と、これから仕事なので一旦落ちます。

ちむどん様

仕事が終わって新幹線車内です。

まあそんなわけで内覧会は気長にお待ちください。たぶん今世紀中には(以下以前書いた気がするので省略)

締めくくりにサクッと妖怪ウォッチの駄洒落を繰り出そうかと思いましたがムリでした。研究しておきます。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)