スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルコニーを掃除したら車が汚れたのだ

うちの車の左側面がどえらく汚れています。

14090103汚れ

なんということでしょう?

捜査線上に浮かんだ容疑者はわが妻。

2階バルコニー床に鉢植えを置いていたらその下に苔のようなものが発生していたので慌ててデッキブラシでこすって洗い流したらめでたく苔の除去に成功しおまけに入居以来まともに掃除したことのなかったバルコニーが美しくなって一石二鳥だったのだけれどもすぐ下に駐車している車が上空からの清掃廃水を浴びてこんなに汚れてしまうことは想定外の事態だったの。

との供述を得ております。


14090104現場
現場の写真


まあ一所懸命やった結果生じたアクシデントであり、失態を責めて逆ギレされ御飯を作ってもらえなくなってしまっては困るので起きてしまったことは仕方がないので、気持ちを切り替えて洗車作業に着手しました。

洗剤などいちいち出してくるのが面倒で、まずは昨年導入したおしゃれホースリールの「ストレート」モードによるジェット水流のみで試してみることに。

14090105ジェット

オォラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!!(声:小野大輔)


14090106ダメ

ダメです! 全く歯が立ちません!(声:長沢美紀)

さすがにケルヒャーみたいにはいかないか…

というかこれだけ自動車関連の技術が目覚ましい進歩を遂げておりいまや自動運転まで現実のものとなろうとしているにもかかわらずたかがボディの汚れ落としごときにここまで手こずらねばならないのはいったいどうしたわけなのか?これはアレだ自動車業界と(ソフト99とかの)洗車用便利グッズ業界が裏で結託して実は今すぐにでも実用化可能な「汚れがつかないボディコーティング技術」を握りつぶしているんだそうに違いない。

などと怨嗟の言葉をブツブツと呪文のように呟きつつも、今は界面活性剤の力を借りるよりほかないのであります。うぅ。

14090107洗剤

バケツで洗車用洗剤をよーく泡立てて、

14090108スポンジ

スポンジに含ませてゴシゴシとね。

14090109キレイ

なんとかキレイになりました。ふぅ。
ちなみに水滴の拭き上げ工程は省略。うまい具合に曇り空だったため、残った水滴がレンズ効果で太陽光線を集めボディに焼け跡を作ってしまうという「ウォータースポット現象」の懸念がないからです。(そもそもこのウォータースポット現象だってボディ拭き上げ用クロスメーカーの捏造した都市伝説でないとも限らん)



さて、仕事がひと段落し心地よい汗を拭いつつふとホースリール本体に目をやると、

14090110ホースリールも

これまたメチャクチャに汚れているじゃありませんか。

原因は車と同様バルコニー清掃廃水と推察されます。
さすがにみっともないのでストレートモードの水流を噴射してやりましたらば、

14090111復活

こちらは洗剤なしでもあっという間に新品同様の輝き。



………。



今後製造する自動車のボディはぜんぶこのホースリールと同じ塗装にすればよいと思います。(提案)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。