温かい涙があふれてくる少年と馬の愛の物語

1408082201馬

なんだか感動の舞台らしい「戦火の馬」(どうでもいいが何でもかんでも「戦火の」と付ける最近の傾向はいかがなものか)。


馬

この(作り物の)馬の


1408082202馬目

つぶらな瞳

















1408082203蠅目

映画「ザ・フライ」のコイツにそっくりであることに気付いてしまって以来夜も眠れません。






以上、この大発見をどうしても誰かに伝えたくてしたためました。


お食事中の方ごめんなさい。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
「ザ・フライ」はグロいけど愛の傑作なのだ!

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

思わず吹き出してしまいました。

お馬さんには悪いけど、本当にそっくりですね。

私は『ザ・フライ』を見た事がありますが、

気持ち悪かったという記憶しかありません。

この次に見る事があるとしたら、

きっと笑いが止まらないでしょうね…

…失礼しました。

片P様

実は公開した後の記事を見て自分でも気持ち悪くなってしまい、この記事を果たしてこのままにしておいてよいものだろうかと悩んでいたので、コメントをいただけて嬉しいです(笑)

ザ・フライ、確かに映像はグロいですが、ラストでバケモノになってしまった主人公が元恋人の持つライフルの銃口を自分の頭へ持っていき、命を絶ってほしいと無言で訴えるところなんかすごく泣けたんですけどね…

お返事ありがとうございます。

感動する映画だったんですね。

記憶力が曖昧でお恥ずかしいコメントを差し上げてしまいました。

映画のご説明ありがとうございます。

片P様

ああ、いやいや! 基本はコテコテのホラーで間違いないと思いますよ。

(わたくし性格がひねくれているもので、映画の味方もチョットおかしいのです。)

こちらこそ、お気を遣わせてしまいすみませんでした。

こんばんは。

この度はお忙しい中、最後まで私のコメントに付き合って頂き

嬉しい限りです。

もし気を悪くされていなければ、

これからもこういう記事をお願いします。

心よりお待ち致しております。

片P様

おはようございます。

気を悪くなんてするわけがないじゃないですか(ヘンな日本語)

今後ともよろしくお願いします(^^)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)