スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマダ電機の長期無料保証を使ってみる?

テレビ故障問題の記事にはたくさんのコメントを寄せていただき、ありがとうございます。

ブログのコメント欄が

14080501てれびがこわれた

テレビがこわれたテレビがこわれたとひたすら連呼しているみたいでアホっぽいのはご愛嬌。


さて、テレビの修理はパナソニックに直接依頼することになったわけですが、最初はまさかメーカーが保証期間の自主延長を行なっているとは思わなかったため、ヤマダ電機の長期無料保証を使わざるを得ないと考えていました。

14080801長期保証書

「使わざるを得ない」とネガティブな表現を用いたのは、ヤマダの延長保証の世間での評判がすこぶる悪いから。その理由をネット上の情報を元にまとめてみますと、

(1) 保証内容を自分の都合でコロコロ頻繁に変更する
(2) 変更は、保証対象外の「消耗品」の定義を非常識なまでに拡大させることが中心
(3) しかも、その改悪された保証内容を、改悪前に締結した保証契約にも遡及させようとする


おおむねこれら3点に集約されるようです。

わけても最悪なのが(3)。製品購入時(=延長保証契約時)に保証対象であった筈の部品がある日突然何の予告も無く保証対象外になってしまうという言語道断的措置であります。わかりやすく例示すると、

1.パソコンを買い、5年長期保証に加入した。ハードディスクも保証対象となっていた。
2.買って3年目にハードディスクが故障したが、長期保証に加入しているので安心さ♪
3.故障したパソコンをヤマダに持って行きました。
4.ところが
5.店員「○年○月○日にハードディスクは保証対象外となりましたので有償修理となりますお客様」
6.オーマイガー!


という話。信じられますか?
ほとんど詐欺同然の手口にしか見えませんが、さすがにこれについては第三者機関(消費者機構日本)からレッドカードを突きつけられたらしく、さしものヤマダも撤回を余儀なくされたようです。

ところが、長期保証に関するヤマダの信じがたい所業はこれだけではありません。

2012年6月1日付の制度改悪でテレビ用液晶・プラズマパネルを消耗品として保証対象外としたものの、どうやらこの措置に対する世間の風当たりがハンパではなかったらしく、同年11月17日に再びルールを改定、テレビ用パネルを保証対象に戻したとのこと。

これにより、

ヤマダ電機で販売された薄型テレビのうち、販売期間が2012年6月1日から11月16日までのものだけが、パネル修理の延長保証を受けることができない


という、常人には理解不能の事態が現実に起こっているのです(ヤマダのサポートセンターに確認済み)。そういう時は遡ろうとしないのね。


………。

なんだかなあ山田社長。

保証のコスト負担が予想以上に嵩むことをそこまで嫌がるなら、はじめから延長保証なんてブチ上げなければいいのに。


14080802テレビ


ちなみにうちのテレビは2011年3月、すなわち件の制度改悪以前に購入しました。したがってプラズマパネルは延長保証対象となる筈ですが、そこはそれ、目的のためには手段を選ばないヤマダくんのこと、どんな屁理屈をこしらえて無料保証を回避しようとしてくるか知れたものではありません。

今回パナソニックが保証期間外の無償修理を行なっていたことはつくづくラッキーだったと胸をなで下ろしている次第です。


今回の経験から、ヤマダ電機での家電購入時に延長保証を付ける場合はその内容(とりわけ消耗品扱いで保証対象外となる部品の範囲)を目の皿のようにしてチェックすべきであることを今更のように学びました。皆様も是非お気をつけ下さい。

これまでヤマダで購入した家電に付いている延長保証は果たして大丈夫なのだろうかという不安が胸をよぎるわけですが、もし大丈夫じゃなかったら思いっきりブログネタにして元を取る気マンマンであります。転んでもタダでは起きないぞ。かかってこい!


毒吐き記事連投スミマセン。暑すぎて機嫌が悪いせいかも…)

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

正直私はヤマダ電機で家電を購入したことがほとんどありません。
行動範囲にヤマダ、ビック、ヨドバシ、コジマ、ジョーシン、ケーズくらいがあるのですが、安いのはビックかケーズがほとんどなので。
なんでうちの方のヤマダは高いのかは不明ですが。。。

No title

こんにちは。


最近、頻繁に記事をあげていらっしゃると思ったら、
毒々しいものばっかりで嬉しいです。えへへへへ。


我が家はヤマダくんから離れてだいぶ経ちます。
だいたいいつもケーズです。


こないだ、買って2年たつ掃除機がウンともスンとも言わなくなったので、
ケーズに修理に出したら、モーターを換えてくださいました。
もちろん保証対象です。
別にケーズが直してくれたわけじゃないんですけど、
保証期間内だから何の心配もしませんでした。


ヤマダくんだったらどうだったんですかね。こわいこわい。

you036様

おはようございます。

使いやすい場所にある安い量販店がヤマダのみであるという理由だけで多用する結果になっている私としては、you036さんの家電環境は羨ましい限りです。

先日近所にオープンしたケーズはヤマダより高めですが、そろそろこちらに乗り換えてもいいかなと考えたりすることがあります。もっとも、高額の家電で万単位の差が付くとそうも言ってられないのが哀しいところですが(笑)

ちむどん様

最近毒の比率が上がっているような気がしてわれながら気になっているところ、ちむどんさんのコメントにはたいそう勇気づけられます(笑)

ケーズに掃除機をきちんと修理してもらえてよかったですね。

掃除機ではありませんが、ヤマダくんは以前の保証制度改悪で洗濯機のモーターを保証対象外にしたことがあります(現在はテレビのパネルと同様外圧に負けて保証対象に戻している様子)。

掃除機のモーターだってどんな難癖を付けられるかわかったものじゃありません。ヤマダくんだけに。
ケーズで正解だったと思います。

ケーズはヤマダとの競合を煽ると保証内容の違いで切り返してくる傾向があり、支払額至上主義に立つ私としてはほとんど耳を貸してこなかったのですが、今後は(少しは)考慮したほうがよいのかなと。もう若くないので。


ところでちむどんさんのところの家電も故障していると聞いて安心しました(毒笑)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。