スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車を読む

今回は趣味全開記事っす。



梅雨空に阻まれることもしばしばながら、往復52キロの自転車通勤は地味に継続しているのであります。


14062301ジテツウ

芝公園にて撮影。東京タワーは既にお友達。


さて自転車といえば、最近会社の同僚がこんな本を貸してくれました。

14062307シークレットレース

「シークレットレース」(タイラー・ハミルトン/ダニエル・コイル)。

「ツール・ド・フランスの知られざる内幕」という副題からも推察できるとおり、自転車レース界の薬物汚染に関するドキュメンタリーです。
自らもドーピングに手を染めた経歴を持つ元自転車選手のタイラー・ハミルトンが語る「薬漬け」のレース界の描写にまず圧倒されるわけですが、理想実現のため苦闘する若者の栄光と挫折を描いた物語としても一級品だと思います。扱う題材が題材だけに内容はかなりヘビーですが、読後感はむしろ爽やかでした。

なお、最近ツール・ド・フランス7連覇の記録を全てを抹消されたランス・アームストロングがドーピングモンスター的な敵役として登場し、彼の非道極まりないふるまいがこれでもかとばかりに描かれているので、あの男を(いまだに)信奉している方にはお勧めできません。



自転車つながりでもう1冊。

14062308弱虫ペダル

少年チャンピオンコミックス 「弱虫ペダル」。

連載途中からの立ち読みと現在放送中の深夜アニメ視聴によりストーリーは概ねフォロー出来ているのですが、このあたりでしっかりおさらいしておくべく、まず第1巻をツタヤで借りてきました。(既刊全巻大人買いは財政と置き場所の両方の問題により不可)

14062304ヒメなのだ

何の取り柄もない主人公がひょんなきっかけから足を踏み入れた競技スポーツの世界で、ライバル達との激闘を通して隠れた才能を開花させ、めきめきと頭角を現していく という、王道の(というかベタな)展開。妻は「エースをねらえ!」の男子版だねと申しております。
もちろんドーピングは出てきません(笑) クスリでイッているとしか思えないバケモノみたいなキャラは登場しますが。


この漫画はかなりの人気を集めているようで、かつてキャプテン翼が(デッサンの狂いっぷりとは無関係に)サッカー少年を量産したのと同じように、日本のロードレース界の盛り上がりに一役買ってくれないかと密かに期待しています。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

読みました

いやー、驚きました。ランス・アームストロングのドーピング事件のことは知っていたのですが、ここまでどっぷりつかっていたとは。それにツールやジロなど有名レースに出場する選手の間では、ドーピングが必須になっていたというのも驚きです。

ドーピングの実態がわかっただけでなくロード・レースや選手のことを赤裸々に知ることができ良かったです。この本のことを教えていただきありがとうございました。
Amazonも神楽嶽さんにお礼を言っとくように。

四ツ谷様

こんばんは。

私も同じく、この本を読んでグランツールのドーピングどっぷり状態に驚いたクチです。
基本的に一人の人間による述懐なので事実の歪曲や脳内補正が混ざっている可能性もなくはありませんが、読んでいる限りではものすごく説得力がありますよね。ランスの反論を読んでみたいです。

拙い読書感想文をきっかけにしていただいて、こちらこそ光栄です(^^) ありがとうございました。

Amazon何かくれませんかね(笑)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。