好きになれない理由(ごめんね)

・勝っても負けても引き分けても渋谷の交差点で暴れる君たちはバ○なのか。さっさとうちに帰りなさい。

・世界で50位あたりをうろうろしている国の選手が優勝を目指しますなどと真顔で発言するのは偏差値50の学生が東大医学部現役合格だとほざいているかのようで身の程知らずにも程がありもっと努力しなきゃ駄目だと思う。

・いやしくもサムライを標榜するのなら、髪を金髪に染めるのだけはやめてください。

・実力が足りないが故の単なる敗北を「悲劇」と呼ぶ耐えがたいナルシシズム。

・狂いまくったキャプ○ン翼のデッサンがもはやホラー寸前。



 14062001したいです



本当はもっとあるんだけれど、今回はこれくらいにしといてやるぜ!!



キングカズの諦めの悪いところなんかは尊敬しているんですよ。マジで。



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
首の皮一枚つながったようですね。応援している人(ただしシブヤとフーリガン以外)のため頑張ってください

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

首の骨が折れるくらい頷けます。

あんな街のチンピラみたいなのを指して侍とは。勘違いも甚だしい。

No title

日本サッカー協会のマスコットは、ヤタカラスなのに、いつも嘴と三本脚が
黄色なんです、これは九官鳥ですよね、こんな違いもワカラナイなんて恥ず
しくないのでしょうか。。。


http://homepage3.nifty.com/shibalabo/crow/zatugaku/sacca.htm

まったく同感です

こんばんは!
ご無沙汰しています。

サッカーは興味ないので渋谷の交差点でのドンチャン騒ぎは呆れるばかりです。
予選突破もままならないのにメディアが騒ぎ過ぎだと思っています。

ゆういち様

はじめまして(^^)
「首の骨が折れるくらい」、素敵な表現ですね~
ご賛同いただき、感謝いたします。

髪染めたりガラの悪いグラサン買いに行く暇があったらその時間を強くなるためのトレーニングに当てればいいじゃないかと思ってしまいます。
旧いオヤジの感覚かもしれませんが…

Qちゃん様

はじめまして(^^)

ページを拝見し、もっともなツッコミに笑わせていただきました。

マスコットキャラということでカラフルにしたかったのでしょうが、確かにこれではカラスとしてのアイデンティティを失ってしまっていますね。

ごん太様

こんばんは(^^)

渋谷の彼らは全部まとめて留置場に放り込むべきと本気で考えています(笑)


>予選突破もままならないのにメディアが騒ぎ過ぎ

ですよね~!
記事に書くにはいささか不穏当かもと思い控えたのですが、代弁していただいてスッキリしました。

1番目に同意

>勝っても負けても引き分けても渋谷の交差点で暴れる君たちはバ○なのか。さっさとうちに帰りなさい.。

確か、前も警察官が指導して交通整理するのみたことがあります。若い人だけでなくいい年の方のはしゃぎっぷりも思わず引いてしまいます。

野球よりサッカーの方を見ますが、どちらもあまり興味ないので(TVがついていたら見る程度)その他の理由に関してはノーコメントとさせてください。
(何しろメンバーの顔と名前が一致するのは内田選手くらいなので)

No title

こんにちは!
私もサッカー心底どうでもいい一人です。。
ですが最近の風潮でワールドカップとか見てないと非国民的な感じにアンチぶりを堂々と公開できずにひっそり嫌ってます。

嫌いな理由を助長してるのは、にわかサッカーファン。。。
どっから湧いた?!!と叫びたくなるくらいお前さん、世間に流されてらっしゃいますわね!!テレビ業界の養分めが!!吸われつくせ!!とかなんとか、、思ったり思わなかったりいたします。。

あ~早く終わんないかな~なんて、よそ様のブログで毒を吐いて申し訳ありません、、、。

pikotan様

おはようございます。

私は昔から(体育会系の攻撃的かつ暴力的な)祭りが大嫌いで、何故かというと「お祭りだからこの時ばかりは無礼講」とばかりに他人の迷惑を顧みずに暴れまくる連中が街にあふれかえるのが不快で仕方がないからです。

渋谷のサッカー暴徒もまさに同じ種族なのだということに最近気が付きました。「みんなで暴れりゃ怖くない」というのはニッポン人の習性なんですかねー

その他の3つはサッカーアンチのイチャモンに近いものなので、ファンからの攻撃でブログが炎上しやしないかと、ここ数日ビクビクしております(笑)

hiroro様

おはようございます。

同志の毒吐き、大歓迎でございます。

そうそう。ふだんから応援しているファンが(他人に迷惑をかけずに)声援を送っているだけなら何の問題もないんですよね。

プロ化から日も浅く世界のトップ争いに加わっているわけでもない運動競技に気がふれたかのような勢いで国を挙げてのめり込んでいるような状況には違和感を覚えざるを得ません。

おっしゃる通り、テレビをはじめとしたメディアが煽っていることも大きいんでしょうね。


…ドヤ顔で高みの見物を決め込んでいるように思われるとまずいので、このへんにしておきます(笑)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)