スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイロンマン

(米国出張話の続き。前回はこちら





客室備え付けのハミルトンビーチ製スチームアイロン。



チェックアウト前の暇つぶしにアイロンがけに勤しむわたくし。


アイロンといえば、妻がアイロンがけの際カートリッジを本体に付けたままダイレクトに水を流し込むのをいつもモヤモヤした思いで眺めていたのですが、



ホテルのアイロンがまさにその仕様でした。


…アメリカンスタンダードだったのか。


うちの妻がいつ北米様式を身に付けたのかは定かではありません。




アメリカの旅は続きます。


つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

me too

>ホテルのアイロンがまさにその仕様でした

私も北米様式です(笑)
最後の画像はグランドセントラル駅でしたっけ?友人宅がNY郊外の閑静な住宅地でソーホーに遊びに行く時に列車に乗り【恋に落ちて】のようなドキドキ感味わいました(笑)

マンハッタン郊外に古城ホテル(CASTEL HOTEL&SPA)があり、もしNYに行けるなら一度泊ってみたいと夢みてます。

pikotan様

今回宿泊した米国各地のホテル4つが4つとも、同じタイプのアイロンを備え付けていました。
水の注入口に蓋がなく逆さにしたらドボドボとこぼれてしまうあたりの割り切り方が好きです。

画像はおっしゃる通りグランドセントラル駅です。2分ほどのチラ見しかできず残念でしたが、それでも圧倒されるには十分な時間でした。

鉄道といえばニューヨークの地下鉄にも乗る機会がありました。昔のイメージとは異なり「落書き」とか「ギャングっぽい黒人」などとは全く無縁な空間なんですね。安全なのはいいけれど、ちょっと物足りない気も(笑)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。