スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレの不具合はその後どうなったか?

みたび調子の悪化した無印良品のテレビボードの話の続きであります。

症状発覚後、購入店へ電話して状況を説明したところ、「返金か同等品との交換で対応させてもらいます」との回答をいただきました。
なんでも同製品の販売は既に終了しており(現在は一部デザインが変更された後継品が販売中)、修理対応も基本的には行なっていない様子。おそらく、手間をかけて修理するよりも新品に交換したほうが低コストで済むという割り切り方をしているのでしょう。

これまで度重なる不具合で迷惑をかけられた格好になっているとはいえ、「返品あるいは同等品との交換」というのは入手後1年以上経過した製品に対するものとしては手厚い対応であると思えますし、無印スタッフ諸氏の丁寧な応対ぶりを含め感謝の念を抱いてもいます。

しかしながらだからといって、素直にハイそうですかとお金を返してもらうなり別の品物に交換してもらうなりする気持ちにはなれません。

その理由は、もったいないから。


13112601無印AVラック


修理の選択肢が最初から封じられていることから考えれば、引き取られた製品はそのまま廃棄されると推定するのが妥当でしょう。いかな大量生産の安物とはいえ家具は家具。一箇所の不具合だけを理由に捨てられ焼却されてしまうのは、エコがどうした温暖化がどうしたと騒ぐより先になんとも空しくやるせない話です。家族の一員とまでは言いませんが、毎日接してきたものだけにそれなりの愛着もありますし。

やむを得ない選択であったとはいえ既に2台を焼却場送りにしているところ、3台目まで同じ運命を辿らせてしまったとあってはさしもの図々しいわたくしと言えども寝覚めが悪いというもの。

そんなわけで、無印からの申し出は丁重にお断りし、そのまま使い続けることにしたのであります。


とはいえ、何の対策も施していない物が自然に治るわけもなく、相変わらずラックの扉はギクシャクした状態を絶賛継続中。
このまま放っておくと更に症状が悪化して、以前経験したようなパーツの破断という事態も起こり得ます。


13112604注油しても

しかしながらシロウトの私に出来る対応は油を差すくらいが関の山で、前回記事にも記したとおりアーム可動部への注油は既に行なってみたものの全く効果は見られません。


さてどうしたものでしょうか?


つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。