イカす電気自動車に私が乗れない理由

前回からの続きです)

昨年の12月7日(土)・8日(日)、たまプラーザテラスにて、「次世代郊外まちづくり」のイベントが開催されていました。

14031901次世代郊外まちづくり

次世代郊外まちづくりとは横浜市と東急電鉄が「人、暮らし、コミュニティを最重要視した「既存のまち」の持続と再生、官・民の連携、協働による実践」を基本理念に推進する計画であり、先般の「家庭の省エネプロジェクト」もその中の取り組みのひとつです。


14031803コタツ

今回の目玉企画であるパネルディスカッションの様子。
12月の寒風吹きすさぶ屋外での実施には無理があるように見えますがさにあらず。パネラーの皆さんはコタツで温まっているので平気の平左であります。

14031902リーフ電源

で、そのコタツに電気を供給しているのが、今回イベントのスポンサーに名を連ねている日産自動車のEV「リーフ」。
リーフ買ったらいざという時にコタツだって使えて安心ですよ とアピールしているわけですな。

会場には、その他の日産自動車製電気自動車も展示されていました。

14031903モビリティ

その中のひとつ、超小型EV「日産ニューモビリティコンセプト」。

実はわたくしが会場に足を運んだのはこの未来的でカッチョイイ乗り物を見物するためであったと言っても過言ではないのであり、ここからは写真多めでレポートさせていただきます。


14031904斜め後方

斜め後方より。ボディ後方の曲線美に萌えます。


14031905足回り

ケータハムセブンみたいなクラシックスポーツカーを髣髴とさせる、ボディ両側に張り出したフェンダー付きホイール。


14031906コックピット

コックピットのど真ん中に据えられたハンドルが一人乗りであることを主張していると思ったら、

14031908リアシート

後部座席もきっちり用意されていました。
シートの座り心地はそれなりといった感じでしたが。


14031907ペダル

中央のコンソールをまたいで脚を開く乗車姿勢がいくぶんスクーターチックな雰囲気を醸し出す一方で、ブレーキ&アクセルペダルの存在が自動車としてのアイデンティティを確固たるものとしております。


14031909ガルウィング

ランボルギーニカウンタックみたいなガルウィングドアは、かつてのスーパーカーブームへのオマージュ。
ではなく、狭い場所での乗降性を考慮したものなんでしょうね。たぶん。

いやそれにしてもカッコいい。いつか一般販売されることがあったら是非欲しいです。ただし30万円以内で。


当日は試乗イベントが行われていなかったのが実に残念でしたが、実はこの車、国内のいくつかの地域(香川県の豊島神戸市の六甲・摩耶など)にて主に観光向けに貸し出しが行われており、公道を走ることが可能になっています。


14031910チョイモビ


私の住む横浜市でもみなとみらい地区において「チョイモビ」というカーシェアリングで提供されているとのことで、会場で配られていたパンフレットをいただいてきました。いつか機会があったら是非利用してみようと期待に胸を膨らませながら。


ところが、そこに横たわっていたんですよ思わぬ障害が。

パンフレットの記載によれば「チョイモビ」の会員登録サイトはスマートフォン用のみしか用意されておらず、PCからのアクセスは不可。
すなわち、スマホ持っていない人はチョイモビに入会できない = ニューモビリティに乗る資格がない

ということなのであります。



ムキーーーーーーッ!!!


さまざまな局面でスマホ持ちに非ずんば人に非ずみたいな空気をひしひしと感じずにはいられないような昨今、こんなところにまでスマホ非所有者差別の魔の手が及んでいようとは…


(この話は続くのです


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

ま、まさか…

この後ケーズデンキの広告の横のスマホにつながるのですか?w

あ、ちなみに私はまだガラケーです。カシオのエクシリム携帯から離れられません。
まぁ育児中で両手使いが必要なスマホでは、
ベビーカー押したり、子供の手をつないで歩いたりしながら、
別行動してるパパと連絡を取ることができない、という問題もあるのですが。

エクシリム並みのカメラ機能を持ったスマホが登場したら考える予定です。

彼方様

こんばんは。
少々体調を崩して寝込んでいたためご返事が遅くなり申し訳ありません。

なるほど。確かにスマホは両手操作が前提ですもんね~
子育て中の方がそういった理由でガラケーを選択するということは考え付きませんでした。

エクシリム携帯、知らなかったのでググってみたら見た目・機能共に実にクールじゃないですか!
日本メーカーの携帯電話事業がどこで道を誤ってしまったのかと悔しくなってしまいます。しっかり使ってやってください。


スマホの件、鋭い!
お見それ致しました。
近々レポート致しまする。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)