スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCとリコール

事故による自家用車の買い替えから、ほぼ半年が経ちました。

14030301ゴルフヴァリアント

フォルクスワーゲンゴルフヴァリアント(今年Ⅶが発売されたことによりとうとう旧型に)。

いろいろあって結局ボディカラー以外は前と全く同じ車となったわけですが、実はものすごく微妙なマイナーチェンジを加えた部分があるのです。

14030302アームレスト

その秘密は前席用アームレストに。

ひじ掛け部分を開くと、

14030303ETC

なんということでしょう?
内部にはETC車載器の姿が!(無理矢理盛り上げてみました)

前の車では、ETCをグローブボックス内に設置していました。納車直後の記事で「トータルではベター」などと強がりを言ってはみたものの、ETCカード出し入れなどの際に運転席から遠いグローブボックスが不便であることは否めません。その反省を踏まえ、買い替えを機に設置場所をアームレスト内に変えてみたわけです。

ねっ本当に微妙でしょう?

それでも使い勝手の面では雲泥の差があり、個人的にはたいへん満足しております。

ここはひとつ、グローブボックス内へのETC車載器設置、オススメですよ! と声を大にして主張したいところですが、最近のETCはカーナビと一体化していたり純正機器のスマートな設置場所が最初からバッチリ確保されていたりするケースが大半であろうことを考えると、なんとも今更感の漂う情報提供なんでしょうねえ。

まあいいんですけど。



ところで、わが家のゴルフヴァリアントは、本年1月16日にフォルクスワーゲンより発表されたリコールの対象となっております。

7速DSG型自動変速機を搭載した車両において、ギアオイルが不適切であるため、自動変速機制御コンピュータの基盤に内部ショートが発生し電源用ヒューズが溶断するおそれがある。走行中に不具合が発生した場合、クラッチの締結が開放されることによって、車両の運行を維持するための駆動力が伝達されず惰性走行状態となり、車両停車後に再発進不能となる。なお、不具合が発生しても、車両を安全に停車させるための制動、操舵にかかわる機能は保持される。
駐車中に不具合が発生した場合、エンジンを始動できない、または始動できても発進不能となる。

フォルクスワーゲンジャパン公式サイトより引用)


難しいことはよくわかりませんが、要するにDSG変速機の不具合により最悪の場合クルマが動かなくなるおそれがありますよ と。


…ダメじゃん。

リコール発表直後、ディーラーより「順番に対処しますのでそれまでお待ちください」という旨の電話連絡をいただいたのですが、それ以来1ヶ月半の間音沙汰ナシ。

対応能力に物理的な限界があることはわかりますが、極力早く手を打ってもらいたいものです。


リコール対象の不具合が原因でまたぞろ事故りました なんてことになったら目も当てられまへんわ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

コメントありがとうございます。

おっしゃる通りですね。ディーラーに対して遠慮しているつもりはないのですが、おとなしい客と思われて後回しにされるのは本意ではありません。

近いうちにコンタクトを取ってみようと思います。
アドバイスありがとうございました(^^)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。