スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超高級時計の世界にふれてみたものの

冬晴れの明治神宮外苑。

14022003神宮外苑

去る1月17日の金曜日、妻に連れて行かれたのがこちら↓

14022004絵画館

聖徳記念絵画館。

神宮外苑の中心的な建物で、幕末から明治時代までの明治天皇の生涯の事績を描いた歴史的・文化的にも貴重な絵画を展示している。維持管理は宗教法人明治神宮の予算で賄われており、他からの援助は一切受けていない。警察官により常に厳重に警備されている。

Wikipediaより引用)


この由緒ある建築物を会場に、17日(金)から19日(日)までの3日間、「パテック・フィリップ展 ~歴史の中のタイムピース~」と銘打った企画展が開催されていたのであります。

パテック・フィリップというのはスイスの超高級腕時計メーカーのこと。ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計メーカーの一つなんだそうです。へぇ。
今回はパテック・フィリップ創業175年の記念イベントだったそうですがどうしてそれをわざわざ日本の重要文化財で行なわねばならないのかはよくわかりません。

14022002パテックフィリップ展

感想↓

(1)暖房がほとんど効かず、異常に寒かった

(2)死ぬほど混んでた

(3)ケースの中のちっちゃな時計は人だかりの後ろのほうからはよく見えず、なんだかよくわからなかった

(4)全体的な雰囲気がとにかくひたすらスカシてて困った


詳しく具体的に言及していくと書き手と読み手双方の気分を損なう結果を間違いなく招きますのでこの程度にとどめておきたいと思うわけですが、

14022005物々しくいけすかなく親しみも持てず好きになれず

絵画館の前に臨時で設えられた(たぶん現行製品展示用の)別会場がVIP専用とのことで中に入れてもらえなかったのはこの貧乏人ふぜいが身の程をわきまえろと罵られたような気がしてとっても哀しかったです。うぅ。


今回の計画首謀者である妻のほうは数々の貴重なクラシック時計の鑑賞をたっぷり2時間以上かけて(わたくしは1時間も経たないうちに逃亡し南青山の街をぶらついて時間をつぶしました)堪能し大いに満足げな様子だったのでよしとしましょう。そういえば来場客の男女比率はだいたい2:8くらいでしたな。


まあ何事も経験ということでひとつ。


14022006FOREST.jpg

せっかく都会まで出てきたので、お昼はちょっと洒落たお店へ突撃。

14022007絶品

「フォレスト」というフレンチレストランのランチメニューから、長崎五島牛のカレーをいただきました(辛いのが苦手な妻はハヤシライスをチョイス)。

どちらも濃厚絶品なお味で大満足。打ちのめされた私の心を十分すぎるほどに癒してくれたのであります。



ところで時計といえば、つい最近腕時計を買い求めました。

14022008正確無比

CASIOのソーラー電波時計「ウェーブセプター(WVA-M630D-7AJF)」。ビックカメラ.comで8,000円くらい。

正確さ、メンテフリー、そしてコストパフォーマンス。どれ一つとってもパテック・フィリップなんて足元にも及ばないのであります(笑)


技術立国日本に栄光あれ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

物は言いよう?

こんにちは。

人はお得意様扱いされると嬉しくて、そしてその術中にはまって買わされてしまうのですよ。VIP専用とは上手いことやってますねぇ。

時計はもはや美術品の1つですかね。見ているだけでウットリする時計ってありますよー。ガサツな私はあっという間に傷をつけるでしょうから、買えません。ってその前に買わないけど、いや、買えないけど? いえ、買わないです。
って、普通に買える人は傷なんか気にしないんでしょうけどね。そういや、私の知り合いのマダムはシャネルのスーツで腕まくりして普通に茶碗を洗うそうです、周りの人が悲鳴をあげて止めるそうですよ。


僕もそれ行きました。くるっと一回りして、滞在時間数分で帰りましたが。
先日ニュースで見ましたが、パテックばんばん売れてるらしいですよ。

撫子様

こんばんは。

そうそう。そうやって人をおだててその気にさせて、高額な品物をまんまと買わせているところがニクくてしょうがないんですよ(笑)

撫子さんの「時計は美術品」というコメントで、自分が時計に対して美術品ではなく「工芸品」としての価値を求めているのだということに気付かされました。時を刻む駆動部に気の遠くなるような技巧が凝らされているがために高価格になっているのなら許せるし、時間を忘れて見入ってしまうと思います。パテックの時計にも勿論そうした側面はあるのだと思いますが、今回の展示品はどちらかというと時計としての機能とは関係のない美術的な装飾ばかりが強調されているように感じられ、余計にシラケてしまったのかなと。

シャネルのスーツ腕まくりして洗い物をするご婦人、私は好きですよ(笑)

ハム様

あっはっは。数分とはなんとも豪気ですね。
チケット代ぶんのモトは取ろうと大して興味もないのに1時間近くウロウロしてしまった自分が情けない(笑)

パテック売れてますか~
欲しくはありませんが、株高→含み益向上→高額品購入 というラインには一度乗ってみたいです。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。