輸入食洗機の隠れたアドバンテージ

台所で立ち仕事をしている際、下半身に生暖かい空気の存在を感じることがあります。 お腹のところでモワ~ッとした湯気が立ちのぼってきて、何とも言えず不快。 

犯人は、パナソニック製のビルトイン食洗機 (S45MD5WD) でした。 

13093005パナソニック食洗機

操作パネル脇に設けられた開口部から、湯気が出てくるのです。 しかも、一度出始めたら絶え間なく延々と。 

13093006排気口

調べてみると、この湯気は食洗機の乾燥工程で排出されるものであるとのこと。 
排出の必要があって排出しているであろうことは理解しますが、そんなこと言ったって不快なものは不快なのであります。 やめろ人の股間に湿った吐息を吹きかけてくるのは!! 

ここでふと思いました。 これはパナ食洗機固有の現象なのだろうか? 
例えば、「国産とは作りからして全然違う」 と言われる海外メーカーの食洗機でも、同じことが起こっているのだろうか? 

海外食洗機メーカーといえば、自転車帰宅で通る目黒通り沿いにミーレのショールームがあった筈。 ここは地の利を活かさない手はないと思い立ち、勤め帰りにミーレ・センター目黒の門を叩いたのでした。 

ミーレの食洗機もパナと同じように湯気を出すのか?」 
これが、前回の食洗機記事の結びで書いた 「ミーレの食洗機について是非とも知りたかったこと」 であります。 ピンポイントかつマニアックな疑問で申し訳ございません。 



13093007ミーレ食洗機


で、いきなり結論に行ってしまいますが、

ミーレの食洗機は湯気を排出しません」。 

国産食洗機が湯気を庫外へ排出するのは、乾燥専用のヒーターで庫内の空気を加熱し続けるから。 これに対し、ミーレ食洗機は乾燥用ヒーターそのものを装備しないため、湯気を排出させる必要がない  というのが、ショールームスタッフ氏の説明でした。 

13093008フロント
排気口らしきものはどこにも見当たりません。 

それでは洗った後の食器は濡れっ放しなのかというともちろんそんなことはなく、最終すすぎ時の高温水の熱が食器に蓄えられ、その余熱により乾燥は問題なく行なわれるとのこと。 (「ターボサーミック乾燥」。 メーカーは異なりますが、同じく海外食洗機メーカーであるAGEのリリースにて、その理屈がわかりやすく説明されています) 

とはいえ、余熱乾燥が能力的にヒーター乾燥に及ばないことは動かしがたい事実であり、プラスチックや木製などの蓄熱しづらい食器は完全に乾燥しないこともあるそうです。 
空気が乾燥しており陶製の器と金属製カトラリーがスタンダードのヨーロッパにおいてはこれで十分。 そういう意味で、余熱乾燥方式は欧州生まれならではの仕様と言えるかもしれませんねー と、スタッフ氏はおっしゃっていました。 

まあ、わが家のヒーター乾燥の食洗機でも、水滴が残る時は残ります。 それよりも、あの不快な湯気から解放されるという点には、個人的に大きな魅力を感じるものであります。 
1日1回の運転で済む大容量でもなく、3本のスプレーアームによる強力な洗浄力でもなく、使い勝手のよいフロントオープン方式でもなく、よりによって 「湯気が出ない」 などというマイナーなポイントを輸入食洗機のメリットとして称賛するのもわれながらピントが外れすぎとは思いますけれども。 



ちなみに、ミーレの上級機には 「オートオープン乾燥機能」(洗浄後の乾燥を促進させるため、自動で扉をチョットだけ開く機能) が装備されているとのことで、その時は一時的とはいえ湯気が排出されることになります。 

13093009オートオープン乾燥
こんな感じで。 (オートオープン乾燥機能は G5910、G5600、G5670に搭載)  

よって、将来わたくしがミーレ食洗機への買い替えを決断した時は、間違ってオートオープン乾燥機能付きのモデルを選ばないよう注意しなければならないのでした。 よく覚えておかなくちゃ。 




ずっと先、東京オリンピックも閉幕した後の話ですけどね。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

言われてみれば…

神楽嶽 様

おはようございます。
確かに…言われてみれば、、、
実家の食洗機(Panasonic製)も、
前住居で使用していたビルトイン食洗機(東京ガス製)も、
はたまた結婚したばかりの頃に導入した卓上型食洗機(National製)も、
乾燥工程ではモアモア湯気が出ていましたね…。
長男がちびっ子だった頃は「あっちっちが出てくるから、こっちに近づかないでね〜」とよく言っていたものです。
もう食洗機のない生活を一年以上過ごしてきていて、忘れておりました(~_~;)
我が家の新居ではミーレを導入しますが、そこまでは考えておりませんでしたσ(^_^;)
さすが神楽嶽さん!
お料理をする男性は、やはり違いますね。…神楽嶽さんのお料理記事、ひそかに参考にさせていただいています^ ^
厨房男子推奨します〜!

FIKA様

こんにちは (^^) 

われながらどんだけピンポイントやねんと呆れておりますが、あのモワ~は本当に鬱陶しいんです。 
あまり問題にされないのは、食洗機運転中に台所に立つことが少ないからなんでしょうね。 私もそう頻繁にあるわけでもないのですが、たまにしか起こらないだけになかなか慣れなくて (笑)  

今回いろいろと調べてみて、食洗機の絶対的な性能は海外製のほうが上であると感じました。 
メイドインジャパン応援主義者としては国内メーカーの奮起を求めたいところですが、なかなか難しそうですね。 

やっぱり将来の買い替えはミーレかなあ… 

とは言っても妻を説得できなければ話になりませんので、厨房での存在感を維持し続けて、10年後もキッチン設備に関する発言権を確保したいと思います (笑) 

食洗器の乾燥技

「ああ、食洗器についての前・コメントは、こっちに書きたかったのだ!」という記事をやっと見つけたので、追記をこっちに書きます。

私はパナ(旧居)→AEG(現居)です。
パナの方が最後のすすぎお湯の温度が高いので、そもそも食器乾燥機が嫌いな私は乾燥ナシコースが終わったらすぐ扉を開けて換気扇を回す(キッチン中がサウナっぽくなります)と、食器はほとんど乾きました。
乾燥って無用だと思います。。。

AGEは上記記事のMilleと同様、そこまで温度が高くないので乾かない物Milleと同じです(その代わりデリケートな物も洗えます)

食洗器については私もいつか記事にしようかな~って思っています。

ちなみに私は10年以上前目黒に住んでいた頃、目黒→渋谷間30分を自転車通勤していました!ナツカシーーー!

chika様

おはようございます (^^) 

昨晩たまたま自分で皿を洗う機会があり (実は食洗機使うのが苦手 (笑))、洗い終えた食器を食洗機のカゴに入れオープンにしたまま一晩放置しておいたら、今朝しっかり乾いていました。 

伝授いただいたワザも、是非試してみたいと思います。 

自転車通勤は気持ちいいですよね。 
と言いながら今週は降水確率が高く一度も乗れませんでしたが (泣) 

AEGの食洗機の記事、楽しみにしております。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)