スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目には目を (自動車事故の顛末 その13)

その12からの続きです) 

わが家の愛車は今コレ。 

13090201ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ (現行型)。 
ゴルフ カブリオレと入替でやってきました。 

走行距離1000キロちょっとでクルクルと小回りが利いて車庫入れもしやすくて燃費が良くてナビも付いてて何も言うことなし。 これのオープンタイプがあったら (すっかりハマりました (笑)) 老後のマイカーはもうそれに決めたいというくらいの勢いであります。  

新価特約保険金を原資とする買い替えについては結局同じVWディーラーでお世話になることになり (車種はまだヒミツ☆)、この車を9月8日の納車までのアシとして貸していただいております。 VWの代車に空きがなかったため、わざわざこのために系列のレンタカー会社で借りて下さったのでした。 

納車までの代車をレンタカーで出していただくというパターンは一般的にもある話だと思いますし、それも込みでの値引き条件だったのだろうと捉えているので、ディーラーに対して後ろめたい気持ちは特にありません。 

しかしながら、本来相手方損保 (日本興亜) がレンタカー費用の過失割合分を負担すべきであるにもかかわらず、それをディーラーが肩代わりするという図式は私としても面白くない。 新車の値引き原資がレンタカー代に充当されたのだと捉えれば私が全額負担したと見ることもできるわけで、相手方の過失割合分については日本興亜に支払わせないと気が済まないのであります (既に新車購入契約を済ませている以上、そうさせたところで私への実入りはそれこそ1銭もないわけですが、これはもはやカネではなく意地の戦いなのだ)。 


そんなわけで、VW営業のEさんに、今回出していただいたレンタカー料金の8~9割 (※過失割合はまだ決まっていません) を相手方損保に支払わせることができますよ と持ちかけたところ、「是非お願いします」 と乗ってこられました。 

そこで、日本興亜へ対し、ディーラー経由で新車納車までの期間レンタカーを借りた (期間は偶然にも上限の2週間ピッタリ) 旨を伝え、話を進めてもらうことにしたのですが、先方の担当者がおっしゃるには 「ではセゾンさんにも連絡したうえで進めさせていただきます」 と。 

代車特約には加入していなかったため、今回のレンタカー費用支払についてはセゾンは無関係なはずだと思いつつも面倒なので突っ込まずにおいたのでしたが、後でググってみると代車費用についてこんなブログ記事が見つかりました (ものすごく面白いので爆笑必至です)。 

 http://ririmisa.jugem.cc/?eid=616

「相手方損保は意外なほどすんなりと代車費用負担を認めたが、その前提は、自分の加入損保も加害者側の代車費用 (の過失割合分) を負担すること であった」 

という話です。 

そっちが払うなら俺も払う、払わないなら俺も払わん  

どうやらこれが損保業界の常識らしいんですな。 

セゾンが代車費用を支払おうが支払うまいが、そのおカネは保険契約者 (今回のケースではぶつけてきた加害者) のフトコロに入るだけで日本興亜の損得には直接関係ないはずなのに… 

まるで子供かヤ○ザのケンカじゃないかと思うのはわたくしだけでしょうか? 
あるいはハンムラビ法典とかね。 古代バビロニア人並みのモラル感覚 (笑) 


ともあれ、私のレンタカー代の負担に日本興亜側が応じるかどうかは、最終的には私の加入するセゾン保険の態度次第 ということになったのであります。 

なんだかな。 


続きます) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。