スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損保会社はぜんぶ嫌いだ (自動車事故の顛末 その2)

前回からの続きです) 

今回の事故の補償に関する相手方との交渉は、われわれが加入している損保会社 (セゾン自動車火災保険) に任せることにしました。 相手方の損保会社と直接交渉を行なうという選択肢もないわけではありませんが、7年前に自動車にはねられた事故の際、相手方の損保と直接やり取りを行なって心身共にひどく消耗した経験 (適正な保険金を支払おうとしなかった払い渋りチャンピオンのあいおい損保 (※当時) は紛争処理センターの調停でメッタ打ちにしてやりましたが、今でもあの担当者とお抱え弁護士の顔を思い出すだけでドス黒い怒りの感情がまざまざと甦ります) から、見送りました。 

ちなみに今回の相手方の損保は日本興亜損保。 
今回の初動対応についてセゾンと日本興亜とを比較してみると、相手方の日本興亜のほうが明らかに上を行っている印象です。 

事故連絡が18時前のタイミングであったことから夜間窓口による対応となったことは双方とも同様ですが、日本興亜のほうは正式な担当者からの連絡が事故翌日7日の午前9時ちょうどに入った (どちらの夜間窓口にも9時以降に電話をもらえるようお願いしていたのです) のに対し、セゾンからの電話は9時40分頃。 事故に遭って不安な思いを抱えている当事者にとって、40分は決して短い時間ではありません。 

まあこれは許容範囲であるとしても、電話を掛けてきた担当者にいろいろと相談を持ちかけた時に 「私は 『初期担当』 であって正式な担当ではないので、詳しいお話は出来かねます」 と答えてきたのには耳を疑いました。 それでは正式な担当者は決まっていないんですかと尋ねると、「いえ。 もう決まっているのですが、その者からは明日以降にご連絡させていただくことにしています。」 とのご回答。 

既に決定している担当者からの連絡を翌日以降からにしなくてはならない理屈がそもそも理解できないのですが、ともかく、事故発生から2日経たないと詳しい相談をすることは不可能でございますと、こうおっしゃっているわけです。

わたくし損保業界の事情に通じているわけではありませんが、少なくとも相手方の日本興亜の担当者は事故翌日の朝の時点でやる気満々でスタンバっているわけで、それに比べるとセゾンの対応スピードののろさはいかがなものかという印象は否めません。 

担当が決まっているなら出来るだけ早く相談したいと食い下がった結果、最終的にはその日のうちに正式担当者氏と連絡を取ることができましたが、コストを抑えたネット系の格安損保 (私がセゾンで加入している保険は、最近テレビでよく宣伝している 「おとなの自動車保険」 というやつです) の対応の手薄さというものを実感した次第です。 


それじゃあ対応の早かった日本興亜なら全面的な信頼に値するかと言うとそんな単純な話ではなく、冒頭に述べた苦い経験により日本の損保業界全体に対して根深い不信感を植え付けられたわたくしにとっては会社がどこであろうと信用できないという意味では等しく同じなのであり、相手方であろうと自分の加入している会社であろうと損保会社との話し合いなんて出来れば一生避けて過ごしたいというのが偽らざる本音なのですが、事故に巻き込まれてしまった以上そんなことも言ってられないのであります。 

つらいっすね。 


続きます) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とりあえず、お怪我がなくってよかったですね。
後からでることもあるので、心配しておりました。

車を運転していると自分に過失がある・ないに関わらず、事故って
1度は経験するものではないでしょうか。経験したくありませんが。

私は神楽嶽さんのお相手の保険会社ですが、すぐに担当・営業担当から電話が来て
すべて対応してくれました。
「すここさん、お体は大丈夫ですか」と何度も聞かれましたがねぇ・・・
(因みに凍結路のスリップ事故で100%私の過失です)
私がしたことといえばお相手の方に、とらやの羊羹持って謝罪に行っただけです。

神楽嶽さんは今、損保会社にかなりの不信感をお持ちのようですし、
そう思わざるを得ない対応をされたのは事実ですのでなんとも・・・ですが
お書きになっているようにセゾンさんの対応の遅さ・弱さはよく耳にしますよね。

これ以上は私も損保会社のものではありませんし、なんとも書きようがありませんが
良い方向へ話が進むよう願っております。
(因みにゴルフのミラーって高いのよね・・・;;)

長文失礼いたしました!

こんにちは。

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。

お身体大丈夫ですか?
損保会社との交渉は、損保どうしでやらせるのがいいですよ。

私もあいおいと話をしたことがありますが、「払い渋り」は酷いものです。追突されたのに最終的には「裁判でも何でもすれば」とかいいましたからね。

精神衛生を考えたら、よい選択だと思います。

No title

お疲れ様です。
その後は大丈夫だろうかと心配してました。
損保会社って本当に信用できませんよね。
うちも数社経験あります。
完全に向こうが悪い(警察曰く9:1でもいけると言われた)のに、言い負けて7:3とかいってきたり、
10:0で向こうが悪いのに、「保険使わないなら弊社はノータッチになりますので、お客様自身で相手と処理してください」とかありました。

で、経験上学んだことですが、人身事故になると、担当が変わります。
各会社も考えたもので、デキる人間は人身担当に配置しているそうです。
なので今回あまりにも駄目な担当なら、人身事故にしちゃうという最終手段もありますよ。1週間以内位ならまだまだ診断書出してもらえるので、念のためにとっておくのもいいかも(3千円ほどかかるけど…)。

保険会社とのやりとりも疲れますし、最近の酷暑も酷いですから、お体にお気を付け下さい。

すここ様

こんばんは。 

妻の身体のこと、ご心配いただき感謝致します。 
もともと 「大丈夫」 という診断でしたが (でも通院したので搭乗者傷害保険が1日ぶん下りるそうです)、今日の時点でも全く自覚症状が出ていないので、もう安心してよいのではと思っています。 

スリップ事故、大変でしたね。 謝罪は当たり前の行為なのかもしれませんが、最近はそういうこともきちんとやらない人が増えているらしいこと (数年前の私の人身の際も今回の事故も、相手からは電話ひとつありません) を考えると、偉いなあと思ってしまいます。 

損保を全面的に信頼していないというわけでもないのですが、出来るだけ払わずに済まそうという姿勢が垣間見える気がしてすごく嫌なのです。 私自身は言いたいことを黙っていられないタイプなのでまだよいのですが、気持ちが優しかったり控えめだったりする人の場合はご本人も気づかないうちに 「泣き寝入り」 になってしまっているケースも多いのではないだろうか とか。 まあ、相当偏ったものの見方だとは思うんですけれども。 
いろいろとお気遣い下さり、本当に嬉しいです。 
ありがとうございました <(_ _)> 

No title

はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いております。

事故で大事に至らず何よりです。

保険会社は信用なりませんねぇ。
私は生命保険相手ですが、やはり払い渋りでもめたことが
あります。
何も判らない義母(老人)に2つの病院の診断書を出させて
意図的に保険料が半分になるほうを採用していた・・・
対応を義母と代わって最終的にはボコボコにしてやりましたが。
(○メ○カンホームダイレクト・・・今でも腹立ちます。)

あちらさんは仕事ですから、あちらの論理では正しい真っ当な行動なのでしょう。
出来るだけ会社の支出(支払い金額&担当者工数・人件費)を少なく出来るかどうかが判断基準ですから。

働いてる人には申し訳ないですが、信用に値する人達ではありません。
(会社のせいですけど)
先の方のおっしゃるとおり、人身事故にするのは良いと思います。
奥様・お子様の具合も今は大丈夫でも、念のためのりしろがあったほうが良いかと。

警察側も人身なら重要度が変わって、少しは対応も変わりますし。
どこもコスト重視ですね。
以前の職場で、警視庁に引ったくり検地システムを収めた際に、
配備先の所轄の刑事課長?さんに
「原付ひったくり程度に人員は割きたくないから、ありがた迷惑なんだよねぇ」
と言われたことがあります。
警察も事件の重要性と人件費コストを天秤にかける時代なんですね。

とりあえず事が収まるまでセゾンの尻を叩いて頑張って下さい。

きらきらサクラ様

はじめまして。 
コメント下さり、ありがとうございます。 

「裁判でも何でもすれば」 ……信じられない発言ですね。 心中お察しします。 
あいおいに対する怒りが再燃してきました。 

おっしゃる通り、相手方と直接ゴリゴリとやるのは精神衛生上よろしくないですね。 
自分の加入損保を極力利用させてもらおうと思っています。 

どうもありがとうございました。 

彼方様

こんばんは。 
お気遣いいただきありがとうございます。 

彼方さんも、損保との間では苦い経験をされているのですね。 
自分だけがと考えていたわけではありませんが、大したことないことで大騒ぎしているような気がしてちょっと恥ずかしくなってきました (笑)。 

人身の件ですが、念のため病院で診てもらった時に診断書は書いてもらいました。 
一応、物損と人身の2本立てで動いてはいるようです。 

おっしゃる通り、暑い中で頑張りすぎて倒れても仕方がないですね。 あまり気張りすぎないようにしようと思います。 

ありがとうございました。 

kawasakitaiyo様

はじめまして。 
コメント下さり、ありがとうございます。 

損保のみならず生保もですか…  世も末ですね。 
kawasakitaiyoさんのおっしゃるように、彼らは彼らの価値基準の下、まじめに業務を遂行しているということになるのだろうと思います。 株式会社の場合なら、コストを下げるのは株主様のため という大義名分も立つでしょうしね。 だからと言って許す気には到底なりませんが (笑) 

警察の 「ありがた迷惑」 コメントの話も、目の前が真っ暗になります。 仮に本音がそうであっても、口に出して行ってしまっちゃおしまいですよね。 

ためになるご助言をいただき、ありがとうございました。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。