スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木ヒルズへ行こう (前編)

13071607六本木ヒルズ

というわけで六本木ヒルズ探訪記でございます。 

本年3月のヒルズ初おのぼり以来、今回 (7/14) が3回目というヘビーローテーションが可能になったのも、ひとえに森タワー展望台&美術館の無料招待券をたくさん下さったIさんのおかげであります。 Iさん感謝してますよ~♪ 


13071601チエ~~~!!!!

正午に到着後、何はなくとも昼食。 ノースタワー地下1階の 「つけめん TETSU」 に入りました。 魚介系のダシの効いたつけ汁はなかなか美味なれど、きしめんのようにぶっとくて固めの麺は個人的にはイマイチかな。 
麺の量が異常に多い点は、ガッツリ食べ盛りの若人にはうってつけだと思います (大盛を選んだらしき隣の席のお兄さん二人組は、「普通盛りにすればよかった…」 とつぶやいてたけれど)。 


13071602トホホシネマズ

今回のヒルズ探訪の目的の一つは、公開前から次男坊が観たい観たいと大騒ぎしていたポケモン映画 (神速のナントカというやつ) の鑑賞であります。 お子様たちが学校へも通わずにわけのわからない惑星を放浪しつつゲットだぜとか叫びながら捕獲したわけのわからない動物同士をけしかけて闘犬のように戦わせるという荒唐無稽なお話を大枚はたいて観る気にはなれないので、長男に付き添い役を命じて二人ともTOHOシネマズに放り込みました。 


13071603アジト

その間私と妻はヒルズ内をぶらぶら。 最初に立ち寄ったAGITO (アジト) という高級雑貨屋の店内に魅力的な品々がたくさん並んでいたため結局1時間以上過ごしてしまいました。 この店で見た物や買った物 (あるんです! もちろん安物ですけど!) については後日改めて記事にしたいと考えています。 


映画の終了まで中途半端に時間が空いたのでちょっとコーヒーでもと思ったらどの店も満席。 危うくカフェ難民になりかけたところ、敷地の隅にあるマックカフェでようやく席を確保できました。 

13071604マックカフェ

同じ建物内に併設されている従来型マック店舗と一緒くたになってグチャグチャのカオス状態を形成しており、マックのおしゃれ路線開拓の野望が完全に雲散霧消しているところがたいへん面白かったです。 


映画を観終えた息子たちをピックアップして、タワー53階の森美術館へ。 古今東西の多様な 「愛」 に関するアートを集結させたという、その名も 「LOVE展」 を鑑賞しました。 

13071605ぉヴぇ展

3月の訪問時に鑑賞した会田誠展 「天才でごめんなさい」 は実にエキサイティングで思う存分堪能したのですが、今回の展覧会は残念ながらイマイチ入り込めず。 「愛」 というテーマの間口があまりにも広すぎて、融通の利かない私はついて行くことが出来なかった という印象です。 芸術も愛も、理解するのは難しいのね。 

13071606草間の陰から
これは、写真撮影OKだった草間弥生の部屋 (インスタレーション 「愛が呼んでいる」)。 この方の水玉ワールドもわたくしが全く理解できないアートのひとつ。 

後編へ続きます) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^

草間弥生さんは世界が常に水玉模様に見えているそうです。
なので、もし神楽嶽さんが草間ワールドを理解なさったら、それはそれで
「やばい」のかもしれません^^;
(朝、目覚ましテレビを見ていたら若い女の子が「やばい」を
連発していたので、トレンドにのってみました。多分使い方違います)

No title

ごめんなさい。
前のコメント、なんだか精神的疾患をお持ちの方に対して
失礼ですよね・・・
読み返して反省しました。
そういった意味は全くないにしろ、軽率なコメントでした。

出した言葉は戻りませんからね。気をつけなければ、です。

連投失礼いたしました。

すここ様

こんにちは (^^) 

う~ん、そのようには全く捉えませんでしたが、読み方によってはそう読めてしまいますかね… 
コトバは難しいです。 

むしろ、すぐさま訂正のコメントを入れてこられたすここさんの思慮深さに感じ入ってしまいました。 

草間さんがchallengedな方であるということはどこかで聞いたことがありますが、それを芸術の形で昇華されているのは素晴らしいことだと思っています。 

…なんだか散漫になってしまいましたが、考える機会を与えていただいてありがとうございました。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。