スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転窓用網戸の自作 (実践編)【前編】

前回からの続きです) 

回転窓用網戸のDIYを思い立ってネットを徘徊してみれば、多くの先輩方が網戸自作にチャレンジし、その様子を公開して下さっています。 ありがたいですね。 
それらを参考にさせていただきつつ行なった製作工程を、前後編に分けて記録しておきます。 

1.構想

13071801ポンチ絵

いつものように、まずポンチ絵 (ラフスケッチ) 描きから。 必要となる材料も、ここで洗い出します。 
ちなみに紙がクシャクシャなのは、材料買い出し時にメモとして持参したからであります。 


2.材料 

以下の材料を、ホームセンター (シマホ) にて調達しました。 

 ・SPF材 (19×38×1820mm) 2本 258×2= 516円 
 ・網戸用の網 (900×2000mm) 1本 278円 
 ・木製網戸張り替え用ネットバンド 1セット 148円  
 ・平折 (L字型の金具) 4本 60×4= 240円 
 ・木製取っ手 2個 130×2= 260円 
 ・さらタッピング (4×60mm 5本入り) 100円 
 ・さら木ねじ (3.8×38mm 14本入り) 100円 

13071802材料

なお、この他に以下の手持ち材料も使用しています。 

 ・サンドペーパー 
 ・ウレタン塗料 
 ・ホッチキス針 


3.木材のカット 

それでは作業に入りましょう。 
施工対象 (と言ってもはめ込むだけですけど) の窓枠をメジャーで採寸したのち、その長さに合わせてSPF材をノコギリで切断します。 

13071803カット

ちなみにSPF材とは、マツ科の3種類の樹木 (スプルース (Spruce エゾ松)、パイン (Pine 松)、ファー(Fir モミ) ) の頭文字をとって総称した輸入建築材のことなのだとか。 


4.仮組 

13071804仮組み

カットした材を、窓枠に合わせて仮組。 きつかったり嵌らなかったりする場合はヤスリなどで削って調整しましょう。 ちなみに私は手許に適当なヤスリがなかったので、ノコギリを使って微妙にスライスするというたいへん非効率的な技を使いました (笑)。 


5.組み立て 

13071805ネジ

細長い木ネジを使って四辺を接合します。 ネジを締め込む前に細めのドリルで下穴を開けておくことを忘れずに。 


6.補強 

13071806平折金具

長方形に組み上がった枠の四隅を、平折で補強します。 木ネジによる接合だけでもかなり強度が出て、補強は不要のようにも感じられましたが、せっかく買ったものは使わないと勿体ないということで。 
なお平折の固定には短い木ネジを用いました。 

13071808四隅
補強が完了したところ。 相当頑丈になります。 


7.表面処理・塗装 

枠の形が出来上がったところで、表面処理を行ないました。 

13071807塗装

サンドペーパーで磨いた後、ウレタン塗料を塗ります。 どこまでこだわるかはお好み次第ですが、枠の周囲の表面はそれなりにキレイにしておきましょう。 荒れていると窓枠に傷を付けるおそれがありますので。 
 

後編へ続きます) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。