スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注文住宅の見積もりで損をしないために

最近某HMで注文住宅を建てた友人の経験談をご紹介します。 


友人は慎重な性格で、契約にあたってはまず設備等の仕様をしっかり固めてからという考えを持っていたのですが、「変更は後でいくらでもききますからまずは契約を」 と営業氏に促され、そういうことならとその時点での大雑把な見積もりをベースに工事請負契約を締結したそうです。 

その後の詳細検討により、設備の追加やグレードアップ等で100万円の追加コストが発生しました。 ところが、修正された積算書を見ると増加額は110万円になっている。 訝しく思って内訳をチェックすると、「諸経費」 の名目で10万円が追加計上されているではありませんか。 

以下、両者のやり取りです。 

友人: 「この 『諸経費』 という項目は初めて見たのですが?」 

営業氏: 「それは、仕様変更に伴う費用ですね。 追加金額の10%をいただいています。」 

友: 「なるほど。 もし契約前にこの100万円が計上されていたらどうなっていたのでしょう?」 

営: 「諸経費の10万円は発生していなかったことになります。」 

友: 「つまり、全く同じ家でも、仕様を最初に固めておくか後で追加するかによって価格が変わってくると?」 

営: 「そういうことになります。」 

友: 「最初に仕様を固めておきたいとお願いした際、後でいくらでも変更可能という話でしたよね?」 

営: 「はい。」 

友: 「その時、追加分には10%の諸経費が乗せられるという説明はしていただけましたっけ?」 

営: 「…いいえ。」 

友: 「最初に仕様を固めたいというこちらの希望を引っくり返したのはそちらですよね?」 

営: 「……はい。」 

友: 「そのために発生する可能性のある追加コストについて説明して下さらなかったのは何故ですか?」 

営: 「…………」 

友: 「…………」 


この話が最終的にどうなったかと申しますと、HM側が自らの非を認めて和解、追加仕様にかかる諸経費は請求されないことになり、事なきを得たそうです。 よかったよかった。 



注文住宅費用の中の 「諸経費」 は、施主にとってはブラックボックスになりがちな項目であり、トラブルの原因となることもしばしばという話を聞きます。 
諸経費に関する対応はHMによってまちまちであると思われますが、事前の説明なしで、当該仕様が事後追加であった場合にのみ諸経費を計上する (結果、全く同じ仕様の住宅の価格が、契約後の追加の有無によって異なることになる) というやり方は、私も問題であると感じます。 


こういったトラブルから身を守るための処し方につき脳内シミュレーションを試みたところ、

(1) 予め、HMに対して諸経費発生の仕組みについて確認しておく 

あるいは (若干裏ワザめきますが)、

(2) 契約時点では 「全部入り」、すなわち、希望する可能性のある設備は目一杯全部、各設備のグレードについても希望する可能性のあるいちばん高いレベルで見積もっておく (※減額の場合には諸経費を発生させづらいと推測されるため) 

こういった手段が有効なのではないかという結論に達しました (あくまでも机上の空論に過ぎぬためこれで万全とは言えませんが…)。 


以上、これからHMとの契約に臨まれる方のご参考になれば幸いです。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
姉さん、今回は画像も笑いも入れられず息が詰まりそうです! 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごくしっかりされたご友人ですね。

我が家の場合(2)を目標に進めましたが、それでもやはり契約前にすべてを想定するのは難しく、多少ブレは発生しました。
運良く良心的な建築会社だったので、不明瞭な請求はありませんでしたが、会社によっては追加を言われても仕方ないと思われる場面もあり、思い返すと青くなります。

(2)の場合は、見積りの明細通り減額されるのかも要確認ですね。
折角仕様ダウンして減額しようとしても、思うように金額が下がらないという話も聞きますので。。。

まっしんはやぶさ様

おはようございます。 

友人の話では、特に悪意があるという感じではなかったとのことでした。 
悪気がなきゃいいってもんでもないですけどね (笑)。 

この件に限りませんが、住宅に関連する業界はブラックボックスが多いような気がしています。 
もっと透明性が高まるといいですね。 

はじめまして

はじめまして。
ブログ村からきました。
わが家も新築中で、先日変更契約をしたばかりです。
ちょうど見積りの差額をおさらいしていたところ、この記事に出会いました。

うちは、記事にで言う(2)の方針で、契約しました。削減予定のものは全て削減しましたが、やはり出てくる魅力的なオプションの数々…。
結局は見積りからそれほど変わらない結果になりました。
でも、2の方法をとって良かったです。
契約時の値引きや割引率というのは、ほとんとどの場合、契約した値段内が対象らしいです。それを越えた場合は値引きなしとか。
さらに、この記事で手数料とられることを知り、びっくりしました!
お友達さん、結果的には良かったですね!

rose様

こんばんは。 はじめまして (^^) 

割引率の対象が契約した価格の範囲内というのは、いかにもありそうな話ですね。 

価格の仕組みはよほどヘンでなければどのようなものであっても構わないのですが、最初からガラス張りにしてほしいと思います。 聞けば教えてくれるけれど聞かなければ黙っているというパターンがあまりにも多い気がして。 正直にやってくれた方が信頼感も増すと思うのですが。 

家作り、楽しんで下さいね。 

今後ともよろしくお願い致します。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。