Web内覧会は要らんかい?

唐突ですが、Web内覧会でございます。 
前回の和室編以来、実に1年半ぶりのご無沙汰。 入居からは既に2年以上が経過しております。 それで今さら内覧会たぁどういう了見だい? と叱られそうな気がしますが聴こえないフリしてやっちゃうんだも~ん。 

そんなわけで、ここ最近なんだかんだと話題に上ることの多かった 「ロフト編」 をお送り致します。 

13060301ロフト階段から

階段を上った入り口正面より撮影。 広さは約5.3畳あります (今のところ実用面積は3畳くらいですけど)。 断面は屋根勾配に沿った三角形で、最大天井高は床面積にカウントされないよう1.4メートル以下に抑えています。 


13060302エピソード

窓は標準の木製サッシではなく、YKKAPのペアガラスアルミ樹脂複合サッシ 「エピソード」 を採用。 建物の裏側で目立たない部分なので、抜け目なくコストダウンを図ったわけです。 


13060303網戸

網戸はスイング構造。 窓の開閉時にいちいち上げなくてはならないのがちょっと面倒ですが、頻度は少ないのでノープロブレム。 


13060304オーデリックブラケット

照明器具は、窓の両脇にブランケットを二つ付けています。 オーデリックの製品で、型番は 「OS 047 325L」 。 シェードは乳白色のすりガラス製です。 

13060320オーデリックブラケット照明

天井付け照明としなかった理由を思いだせずにいたところ、先日まっしんはやぶささんのブログに 「ロフトに天井付けの照明は頭をぶつけると危険」 と書かれてあるのを読んで納得しました。 ヘタすると流血の蛍光灯デスマッチになってしまうわけです。 


13060305東芝ネオボールZ

光源は、100W相当の東芝製A形電球形蛍光灯です。 
長時間灯す機会は少ないので、将来家を取り壊すか大規模リフォームすることになるまで切れずに持たせるという遠大な構想のもとに採用しました。 万が一切れたらその時は (泣きながら) ご報告いたします。 


13060306ロフトフローリング

床面はシンプルに合板フローリング (イクタ パワフルフロアー カバ4P クリアーバーチ) を採用。 コスト重視での選択です。 もしも無垢材を選ぶ余裕があったら、いっそのこと床だけでなく壁や天井も同じ板張りでログハウス風に仕立てれば面白かったかもしれないなあというのは妄想に過ぎないのであった。 


13060307ロフト窓側から

窓を背にして階段方向を見渡すとこんな眺めになります。 


13060308小屋裏点検口

両サイドには、小屋裏点検口があります。 このパネルを外して中を覗けば、ツーバイシックス&ツーバイエイトの内部構造が露わになるわけです。 

12031710屋根裏

ちなみに中身の状況はこんな具合。 吹き付け断熱材のフォームライトが、まるで鍾乳石のようであります。 

13060309梁

階段上の天井には強度確保のための梁?が待ち構えているので頭上注意。 入居前は、警告用に黄色と黒のテープを貼ったらええやん!などと軽口を飛ばしていましたが、いざとなるとなかなか思い切れないものですねー 



こんなところでしょうか。 

わが家のロフトは物置の用途を兼ねているため居室として完全に整備することはかないませんが、断捨離を進めて更に物を減らすと妻は意気込んでおります。 引きこもり空間の居心地が良くなるのは私としても願ったり叶ったり。 ガンバレ妻! 応援 (だけ) は惜しまないぞ! 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっと・・・・(汗)
やはり、こうあるべきですよね。さすがです。

ちなみに、まだ幸い流血には至っておりません(笑)

しかし、綺麗に片付いておられますねぇ。
我が家は、まだ段ボールのままの荷物も多いので、とても写真を載せられる状態ではないです(^^;

この点検口は探検意欲を刺激されませんか?w

まっしんはやぶさ様

まっしんはやぶささんのところもブラケットにしたと勘違いしていました。 ごめんなさい! 
揶揄する意図は微塵もありませんので平にご容赦を。 
シェードが付いていれば流血の事態になる筈もありませんしね。 

なお、わが家がロフト照明としてブラケットを選択したのは、インテリアコーディネーターさんの最初のプランがそうなっていたから というだけの理由です (笑)。 

片付いてますか? ありがとうございます。 妻が聞いたら増長する喜ぶと思います。 

屋根裏探検は、子供の頃実家で実行したところその下の天井にダメージを生じさせて親から大目玉を食らったというトラウマがあるので、なかなか実行に移せません (笑) 

関西人気質ですのでw

取り上げていただいて喜んでいますよ〜(笑)
むしろ、流血の風景を想像して笑ってもらいたいですwww

何気ないインテリアコーディネーターさんのご提案も、ちゃんと配慮があったんでしょうね〜。我が家も、提案してもらった横長の照明をおとなしく勾配天井部分に付けていれば問題なかったのだと思います(^^;

私は既に何度も屋根裏に登って色々作業していますが、特に1階からの吹き抜け部分の上にあたる天井にいる時は、ヒヤヒヤスリルが味わえます(笑)

まっしんはやぶさ様

おはようございます (^^) 
安心しました。 

私も関西に5年暮らしましたので、その感じ何となくわかります。 
で、関東の人にわかってもらえないこともあります (笑) 

屋根裏の冒険、すごそうですね。 
いつかブログでネタにされるのを楽しみにしています (^^) 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)