シェルター付き輸入住宅

東急ホームズが、木造住宅向けの震災避難用シェルターを商品化したそうです。 
概要は以下の通り。 (5月22日付 日経産業新聞より) 

・広さ4畳ほどの鋼鉄製で、東日本大震災の1.5倍の揺れに耐えられる 
・家族3人10日分の防災用品を備蓄、マットレスや情報収集のためのテレビなども備える 
・シェルターの追加により、住宅の建築費は400万円以上上昇する 
・1階部分に木造住宅の構造躯体から切り離して設置、基礎にアンカーボルトで直接固定する 
・普段は食品保管庫などとして活用し、備蓄物資を更新しながら生活することを想定 
・スイス在住経験のあるデザイナーにより、同国の住宅用核シェルターを参考にして企画された 
・シェルター付き住宅の年間受注目標は30棟 


 13052201シェルター
 (画像は日経産業新聞の記事よりお借りしました) 

第1弾として、ハイグレード輸入住宅 「ミルクリーク マスターズ・グレイス」 のモデルプランに採用、東京青山の住宅展示場 「TBSハウジング渋谷 東京ホームズコレクション」 に展示し、シェルターの構造や機能を説明、注目を集めているようです。 

富裕層向けの企画商品として、目の付け所は面白いと思います。 東急はこのシェルターを 「パントリーシェルター」 と名付けており、普段はワインセラーとしても利用可能なのだとか。 日常的に使っている空間が、緊急時にはシェルターに早変わり というところがミソですね。 
 
400万円つぎ込めば相当強力な耐震(あるいは制震、免震) 構造も導入可能なのではないかという気もしますが、日中家を留守にするサラリーマンとしては、自身の不在時に頑丈なシェルターが家族を守ってくれると考えれば思わずグラッときてしまうかもしれないなと思います。 地震だけに。 


 13052202ますたーずぐれいす
 マスターズグレイスのモデルハウス。 ちなみに坪単価は130万円とのこと。 おれたちもシェルターに入れてくれぇ (※イメージ) 


そういえばこのあいだテレビでやっていたカイジの映画で、悪役のボス (先日亡くなられた佐藤慶さんが怪演。 合掌) が、金を稼ぐ究極の目標はシェルターを作ることだ みたいなことを熱く語っていました。 
もっともあれは地震用ではなく核シェルターのことでしたが。 


3.11以降、多くの人にとって大地震が絵空事ではないリアルで身近な脅威になったことが 「パントリーシェルター」 商品化の引き金となったことは想像に難くないわけですが、なんだか世相がキナ臭くなる中、そのうち 「核シェルター付き住宅」 が発売されて注文が殺到! なんて事態は何がどうあっても回避したいものです。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

インテリアもクラシックエレガンスです!

シェルター付き住宅は、これから注目集めるでしょうね!
やはり、3.11以来意識変わったと思います。

ところで、青山のこどもの城の裏手に作られた展示場は大手HM各社が競っているだけに素敵ですが、東急のは特に女性意識されたエレガントなモデルです。

このところ、サロネーゼ俱楽部とタイアップしてイベントをしたり、こちらのモデルハウスは高名なICの町田先生がコーディネートを手掛けているので、輸入住宅ファンでクラシックエレガンスが好きな方は魅了されるでしょうね。

インテリアブログで人気のブロガーさんが、記事をUPされていましたが、シェルターは真っ白のワインセラーとして使われていました。

パリのアパルトマンをイメージされて、とても魅力的なのですが・・・坪単価130万円には達磨にならざるを得ません(笑)

笑い話ではなく、核シェルター付きの家が当たり前などという怖い世の中にはなってほしくないです。

pikotan様

こどもの城の裏手に住宅展示場があるんですね。 土地柄、どこのHMのモデルハウスも豪奢を極めていそうです。 覗いてみたいようなみたくないような… 

新聞記事にあった 「スイス在住経験のあるデザイナー」 というのは、おそらくその町田さんのことですね。 日本のインテリアコーディネーターの草分け的存在とは畏れ多い。 もっともインテリアに疎い私はそのお名前を今回初めて知りましたが (笑) 

坪単価130万円はとても手が出る水準ではありませんが、夢があっていいと思います。 でも、「そのうち30万円分は核シェルター相当分です」 なんて住宅が登場したら悪夢ですよね。 
平和が一番です。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)